【デバイス】ゲーミング外付けサウンドカード『BenQ ZOWIE VITAL』を買ってみた

さて先日内蔵ゲーミングサウンドカード『ASUS STRIX SOAR』のレビュー記事を更新しましたので、現在利用している『BenQ ZOWIE VITAL』の記事を書こうと思います。

■2つのゲーミング外付けサウンドカード
使用してた『ASUS STRIX SOAR』がグラボとの相性問題で止むを得ず使えなくなってしまったので、グラボと干渉しない外付けサウンドカードを探していました。

そこで候補になっていたのは『BenQ ZOWIE VITAL』『SENNHEISER GSX 1000』というどちらもゲーマー向けの外付けサウンドカードです。

価格帯も使用用途も似通っている2製品ですが最終的に『BenQ ZOWIE VITAL』を選択しました。
その理由としては大きく分けて以下の3つです。
1.ドライバレス
2.イコライザ設定が可能
3.プロが使用している

結論から言えば私が望んでいた8割ほどを満たしており、ゲーミング外付けサウンドカードの購入を考えているならオススメ出来るデバイスでした。なぜ8割なのかは後ほど説明します。

■外観
IMG_7659.jpg

続きを読む

テーマ : Counter-Strike: Global Offensive
ジャンル : オンラインゲーム

【デバイス】ゲーミングサウンドカード『ASUS STRIX SOAR』を使ってみた

どうもこんばんわ。
最近サウンド系の記事閲覧数が増えているので今のうちに使用していたサウンドカードとサウンド設定の記事を更新しておきます。

■サウンドカード使用歴
私は以前『Creative Creative Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro』というサウンドカードを使用していました。
USB接続タイプのサウンドカードで使用感も良く気に入っていたのですが、ドライバを最新版にすると不具合が発生するようになり、OS入れ直しの際に古いドライバが利用できなくなってしまったので泣く泣く使用を諦めました。

その後はMSIのゲーミングマザーボード『MSI Z97A GAMING 7』がサウンド機能を充実させているということでオンボードで利用していましたが、イコライザなどの設定が細かく出来ず満足できない状態でした。

そこで2016年3月に発売された『ASUS STRIX SOAR』を購入して使用していました。
結論から言えば1万円ちょっとでゲーマー向けのサウンドを手に入れるのであればコレ!というオススメ出来るサウンドカードでした。
IMG_5348.jpg
※過去形なのは後で説明します。

ということで『ASUS STRIX SOAR』の使用感レビューと設定を書いていこうと思います。

続きを読む

テーマ : Counter-Strike: Global Offensive
ジャンル : オンラインゲーム

【CS:GO】社畜でも覚えられるMirageの神スモーク動画5選

どうもこんにちわ。
ブログ更新のネタ探しに困っているMamEです。
redditからネタを探そうと思いましたが、それは他のまとめサイトでやってることなのでどうしようかなと悩んでいたところ、Negitaku.org管理人のYossyさんからこんなリプライが




ということで今回はde_mirageのスモークを5つ紹介します。
■社畜でも覚えられるMirageの神スモーク動画5選
d3601ab82700aed91dc7f650e0b06efd.jpg

続きを読む

テーマ : Counter-Strike: Global Offensive
ジャンル : オンラインゲーム

【CSGO】シンプルで低負荷なbot撃ちmap『Training - Bot Aim Redux』

 そろそろ梅雨になるそうです。
家から出ずにゲームしたくなりますよね?そんなあなたにオススメのbot撃ちマップをご紹介します。


■Training - Bot Aim Redux
このマップはあの有名なCS:COを制作した人がリリースしたマップで今までリリースしたbot撃ちマップの集大成みたいなものです。
ダウンロードはブラウザでSteamにログインしてこちらのページからサブスクライブするか
Steamのワークショップで「Training - Bot Aim Redux」で検索してみて下さい。

04082af80df4689446b6fc2437d9cecb.png



使い方はGUI化されておりとても簡単です。

続きを読む

テーマ : Counter-Strike: Global Offensive
ジャンル : オンラインゲーム

【テクニック】CSGOの上手なピークのしかたについて

 ネタに困ったときは勉強になる動画をシェアするに限る!!

今回はYou TubeでNO bullshit シリーズと呼ばれる様々なCSGOテクニック動画を公開しているCruxalのチャンネルに投稿されたピークの仕方…つまりCSGOにおける勝負の仕方、身体の出し方についての動画紹介します。

■CSGOの上手なピークのしかたについて
CSGOの撃ち合いの上手さはこのピークの仕方で8割決まると言っても過言ではないので初心者の方は是非参考にしてみて下さい。

6ee3e856699907093cf26689ac18d672.jpg

その動画がこちら


この動画で何を言っているかというと

続きを読む

テーマ : Counter-Strike: Global Offensive
ジャンル : オンラインゲーム

【Twitch】OBS ClassicとTwitch配信設定

昔はニコニコ生放送でも配信していましたが、
画質や枠取りの手間を考えたらTwitchだけでも十分ということでこの記事では私のTwitch配信設定を投稿しておきたいと思います。
bandicam 2017-05-20 21-35-00-342 

■使用ツール
・OBS Classic(Open Broadcaster Software - v0.659b)
-Classic版を使っているのはStudio版では一部ゲームが取り込めなかったりするためです。
・その他にTwitchコメントの読み上げにIRCや棒読みちゃんなども使っていますが割愛します。

■PCスペック
OS: Windows7 Home Premium 64-bit SP1
CPU: Intel Core i7 4790K @ 4.00GHz
メモリ: Corsair VENGEANCE CML16GB
ビデオカード: MSI GeForce GTX 1070 GAMING X 8G
サウンドカード: BenQ ZOWIE VITAL

■設定
※上記PCスペックと同等もしくはそれ以上の方を対象にしています。
それ以下のスペックの場合、設定を下げなければなりません。

bandicam 2017-05-20 21-33-31-162

エンコードですがGTX600番台以上はNVIDIA NVENCという機能が使えるようになっています。
これはビデオカード側でエンコードさせることでCPU負荷を抑える機能です。CPUエンコードより画質が低下したり、高ビットレートでないと効果がなかったりします(ニコ生向きではない)がTwitchでCSGO配信するなら必須です。というのもCSGOはビデオカードよりCPUのリソースを使うためCPUでエンコードさせると大きくfpsが低下します。

ビデオビットレートの数値は1500~3500くらいで調整してください。PCスペック並びに回線状態が良い場合は3500でも問題ありませんが、負荷が上がるためスペックが低かったりゲームに支障が出た場合は1500からやってみましょう。

サウンドビットレートは96でも全然問題ありません。ノープロブレムです。

続きを読む

テーマ : Counter-Strike: Global Offensive
ジャンル : オンラインゲーム

【CS:GO】初心者向けセンシ設定について

 なんと今日は出血大サービス!一日に2回もブログを更新しちゃいます!!

■センシはこうやって調整しろ!by jasonR
JasonR_at_MLG_Qualifier.jpg
すでにtwitterのほうで何回か投稿したんですけど、CSGOプレイヤーの永遠の悩み「センシ設定」についてです。
まずはこの動画を見て下さい。



動画を投稿しているのはjasonRというカナダのプロプレイヤーです。Twitchでも人気配信者の1人です。
彼がセンシ調整についてわかりやすい説明をしてくれています。


続きを読む

テーマ : Counter-Strike: Global Offensive
ジャンル : オンラインゲーム

【日記】お久しぶりです。色々環境変わりました。

みなさんお久しぶりです。
最後の記事更新から2年ほど経過しておりました。
僕は元気です。ご存知の方も大勢いらっしゃると思いますが、2015年にニートから社会人になりブログ更新の為の時間がなくなってしまったため更新が出来ないでいましたが、先日またニートに戻りましたので更新を再開しようと思います。

と言ってもネタもあんまりなく、そもそも更新方法を忘れているのでいきなり長文記事は書けませんから、最初はゲームプレイ環境の変更点などを書いていきます。

WU_UntRh.jpg



■マウス
確か最後に記事を更新した時点ではsteelseriesのRival(現:Rival300)を使用していました。
その後RrazerのDeathAdder2013→DeathAdder chroma、ZOWIE EC2無印などを試してから現在FinalMouse ClassicErgo2016を使っています。
ClassicErgoは以前愛用していたRazer Imperatorのクローンモデルなので手に馴染み個人的には現在のベストマウスです。

それぞれのデバイスレビューはまた今度書きます。

■パソコン
以前はツクモで購入したBTOを使用していましたが、現在は自作PCを使用しています。

★昔
OS: Windows 7 Home Premium 64-bit SP1 
CPU: 第2世代 Intel Core i5 2400 @3.10GHz 
メモリ: 12GB DDR3 
マザボ: MSI H67MA-S01 
VGA: ASUS GTX560Ti DirectCUⅡ 1GB 
サウンドカード: Creative SB X-Fi Surround 5.1 

★今
OS: Windows7 Home Premium 64-bit SP1
CPU: 第4世代 Intel Core i7 4790K @ 4.00GHz
メモリ: Corsair VENGEANCE CML16GB
マザボ: MSI Z97A GAMING 7
VGA: MSI GeForce GTX 1070 GAMING X 8G
Hard Drive: Crucial MX300 525GB
サウンドカード: ZOWIE BENQ VITAL

CPUもメモリもグラボも大幅パワーアップしました。
グラボとサウンドカードに関しては紆余曲折があったので、また別記事で紹介したいと思います。


続きを読む

テーマ : Counter-Strike: Global Offensive
ジャンル : オンラインゲーム

【CS:GO】10分で出来る初心者向けCS:GOの設定(2015/12/22改訂版)

※この記事は2015/12/22に書きなおしました。
最近セールで「Counter-Strike: Global Offensive(CS:GO)」を買った人が増えたせいか検索サイトで「CS:GO 設定」と検索してこのブログに来る人も増えたようなので改めて、誰でも出来る初心者向け設定を簡単に説明したいと思います。

設定時間は大体10分くらいです。すぐ出来るのでこの記事を開きながら一緒に設定しちゃいましょう。

■1.Steamを英語化させる
CS:GOを既に購入しているということはSteamをインストール済みだと思いますが、Steamを日本語設定にしている人は英語にしましょう。なぜ英語にするかというと、Steamを日本語にしているとサーバーなどから自動でファイルをダウンロードしたときなどに日本語と英語でフォルダが別れてしまい、正常にプレイ出来ない場合があるからです。そういうトラブルを避けるためにも英語がオススメです。

まずはSteamを起動したら左上のSteam>設定をクリック。設定ウィンドウが表示されたら左から3つ目のタブ"インターフェイス"を選んでSteamで使用する言語を"English(英語)"にします。するとSteamの再起動を促されるので再起動すればOKです。
bandicam 2013-12-10 17-59-28-437   

 bandicam 2013-12-10 17-59-06-986
※「英語にすると他のSteamのゲームまで英語になってしまって困る」という人は次のlaunch optionsの項目をチェックして下さい。


■2.launch options(起動設定)を設定する

Steamのゲームは起動前に予め設定を指定することが出来ます。CS:GOでも以下のようにlaunch optionsを設定します。
-console -freq 144 -tickrate 128 -nod3d9ex -noaafonts -processheap -novid -nojoy -high +exec autoexec

まずは赤文字部分をコピーします。(Steamを英語化する際にCS:GOだけ英語化したい人は-language englishも一緒にコピーして追加しましょう。) -freq 144の144の部分はモニターのリフレッシュレートを参考に設定してください。一般的なモニターは59~75Hz、ゲーミングモニターなら120~144Hzですので確認して変更します。

SteamのLIBRARYからCounter-Strike: Global Offensiveを右クリックして、Properties>GENERAL>SET LAUNCH OPTION...を選択します。
bandicam 2013-12-10 18-36-50-600 

表示されたらlaunch optionsウィンドウの入力欄に先ほどコピーしたものをペーストします。
これでlaunch optionsの設定はOKです。 
lp_steam.png

続きを読む

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

【CS:GO】10分で分かるCEVO PUGSの遊び方

最近アメリカ人フレンドのmikeたちと遊ぶようになってcevoのpugsを使うようになりました。今回はcevo?pugs?なんじゃそりゃ?っていう人のために簡単な使い方の解説をしたいと思います。
CEVO-logo.png 


■CEVOって何?
CEVOは主にアメリカで展開してるゲームイベント組織のようなものでCS:GOの大会も主催しています。今回はそのCEVOが用意したクライアントとサーバーを使ってCS:GOで遊べるシステムを紹介します。

■pugsって何?

pugsとはPick Up Gamesの略で簡単に言うと適当に10人集まって野良しようぜっていう感じです。pugsにはMMの階級は関係ないので気軽にプレイ出来ます。

■CEVO pugsに参加する方法
pugsに参加するにはCEVOのアカウントとクライアントが必要なので登録方法とDL方法を説明したいと思います。
・まずはCEVOにアカウントを作ります。
CEVOの公式ページにアクセスしたら右上にある「MY CEVO」をクリックして「SIGN IN」を選びます。
CEVO2.png


するとアカウント登録欄が表示されるので左のRegister欄にメールアドレス、パスワード、ニックネームを入れて「REGISTER&SIGN IN」をクリックします。これでアカウント登録出来ました。
CEVO3.png


次にログインしたら画面左上に表示されている「Game IDs」を開いてCounter-Strike: Global Offensive Steam IDに自分のSteamIDを入力すればアカウントの準備はOKです。
CEVO8.png 

続きを読む

テーマ : Counter-Strike: Global Offensive
ジャンル : オンラインゲーム

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク