スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカには出来ないゲームでの報告

よく「ほうれんそうをしっかりしろ!!ほうれんそうを!!」という年上の人がいますが、ほうれんそうとは報告・連絡・相談のこと。Counter-Strikeでもこのほうれんそうが大事なウエイトを占めているのは言うまでもないことです。

特に隣のモニターを見て情報を共有出来ないオフライン大会などとは違い、オンラインではVCによる報告によってゲームの勝敗が別れると言っても過言ではないと思います。

ということで初心者向けに報告すべきいくつかの事を紹介。

■聞こえた音は基本中の基本!!
ヘッドセットから聞こえてくる音は全て貴重な情報源です。敵の足音、使っている武器、投げ物の音、壁抜きが当たっている音、何かを拾った音etc...聞こえてくる音とそれから予想出来るアクションは全て報告しましょう。

慣れれば(それなりのヘッドセットとサウンドカードを使っていれば)敵の足音から何人いるかまで確認出来るようになります。あまり顔を出して敵の情報を収集出来ないときは音による情報が重要になります。

■忘れがちだが無音状態
さっきは聞こえた音は全て報告と書いたけど、実は音が何も聞こえない状態も重要。特に相手の音が急にしなくなったら何かをしている証拠。時間を置いてからのラッシュやグレが飛んできたり、どこかに乗せて勝負してきている可能性もある。指揮官がより早い判断が出来るように、どこの音は聞こえないということも報告しておこう。

■自分のしていることを伝える
オフライン環境ならともかくオンライン環境では自分がどこを見ていて何をしたいのか(して欲しいのか)を伝えることが重要。特に少人数戦や取り返しなどは味方がこうしてくれているだろう…という油断が失敗を招く。2人で1つのポイントを守っているような場合も重要で、プロでもたまに噛み合ってなくて負けてるときがあるので注意(SKにtrace選手が入ったとき、f0rest選手とGeT_RiGhT選手はtrace選手と意思疎通が難しかったらしく、頻りにtrace選手がどこにいるのかをAIMを動かして確認していた)。AIMを動かすより自分がどこを見ていて、味方がどこを見ているか(どう見て欲しいか)を口頭で確認する。

■勝負するのかしないのかを伝える
相手からFBが来た場合、食らっているのか食らってないのかをしっかり伝える。先頭が食らって勝負出来ない、若しくは、カバーが食らって勝負出来ない場合など報告がないと片方はせっかく2人で勝負出来る状態なのに1人で勝負することになる。片方が勝負出来ないのが分かれば別のカバーや味方を見捨てて体制を立て直すことも出来る。一番ダメなのは味方が下がってるのに自分が勝負しに行って犬死しちゃうこと。

■自分が今どんな状態なのか伝える
少人数戦になったときに大事になってくるのが自分が今どんな状態なのか。HPは残っているのか、グレは何があるのかetc...。ケースバイケースではあるが、基本的にHPが残っている方が先に勝負するのがセオリーだし、投げ物が残っているのなら使わないより使ったほうが良いに決ってる。なので少人数戦になったら自分がどういう状態なのか伝えて個別にやられないようにしよう。

■意外と少ない見えた情報の報告
意外と少ないのが見えた情報の報告。かと言って、どこどこに敵がいた!!という情報ではなくて、敵がどういう見方をしているとか、どこまで進んできているかとか。特に敵が右壁使ってガン見してたりAWPでガン見してる場合などは味方に注意を促すのが重要。敵がどこまで進んできているのかというのも結構大事な報告で、単にロング敵来てるだけだとどこまで敵が来ているのか分からない。例えば、dust2の場合、ロング敵来たっていうのがデルタに顔出してきただけなのかT時まで来ているのかでは大きな違いがあるのでどこまで敵が進行しているかを分かりやすく報告すると良い感じ。

とりあえず初心者向けだとこんな感じ。AIMとか立ち回りとかは今日気をつけたら明日直るってことはないけど、報告はすぐにでも修正出来るから始めたばっかりの人は要チェック!!

ちなみに、私の場合はニコニコ生放送で配信してるので後で自分の配信を見なおしてみると報告が確認出来るので便利。配信してない人はTS3とかmumbleの録音機能を使うと同じ事が出来るけど、多分面倒臭くなるから、もしかしたらチームメイトに聞いたほうが良いかも。

あ、ちなみに僕もNOOBなので気をつけてます。
スポンサーサイト

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

de_dust2(ダスト2) 壁抜き・投げ物

 GREEDのmiya選手がまとめた初心者向けのde_dust2の壁抜きや投げ物講座 。
FBやHEなどがCT側・T側に分けられてまとめてあるのですごく分かりやすいと思います。

本当はmiya選手から「どのタイミングで投げれば良いか解説つけといて」って言われたんだけど面倒臭かったケースバイケースの部分が多く解説をつけるのが難しかったので断念。

ダウンロードここから
ダウンロード開始

もし気になるところがあればニコニコ生放送中に、この画像の投げ物・壁抜きはいつ使うの?って聞いてくれれば一応手元にはまとめてあるので解説出来ると思います。

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

de_dust2(ダスト2)Fisker FB

WCGみてたらESCのLoordさんが投げてたFB

投げる場所はここ
hl 2011-12-10 03-59-53-172
catの角から少し下がって山の頂上にAIMを合わせる。そんで投げるだけ。

爆発するとこはココ。ちょうどブーストポイントで爆発します。
hl 2011-12-10 04-00-04-852

するとスタンダード配置からA坂をカバーしようとするFisker辺りの敵に食らいます。
hl 2011-12-10 04-00-17-736

ちなみにCSOだとここら辺です
cstrike-online 2011-12-11 18-10-03-132

続きを読む

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

de_dust2(ダスト2)のダブルドアを通るとき

えっとネタがないので初心者向けのネタです。今更だけどドヤ顔で書きます。
ダスト2の野良でCTをやってると結構開幕でTのAWPにセンターのCTがぶっ殺されるシーンを見ます。

CTで一番やっちゃいけないのはセンターが開幕で死んでしまう事です。
AWP勝負で負けたならまだしも普通にBに行こうとして死んでる人もたまーにいます。
そういう人をよく見てみると普通に広場を通過しようとしてるんですね。
dd02

ダスト2はTの方がセンター勝負は有利です。というのも大抵Tの方が先にポジションにつける確率が高いから。

そういうわけで普通に通ると簡単に死んでしまうのでちょっとした工夫でそのリスクを減らすことが出来ます。
まず最初のリスポーン位置がこの赤線より右の場合は普通に通ってもまぁ大丈夫です。
dd01
相手が最速だった場合は怖いので普通にジャンプかバニホで通過しましょう。

問題は左側でリスポーンした場合。僕がB守りするときは何故か左側でしか生まれません・・・
そのときは当たり前ですがSGを炊きます。
一個だとAWPのズームでちょっとだけ見えてしまうので出来れば二個炊きましょう。
SGを炊くことによってT側はBに何人行ったか確認できなくなります。
これが一個
dd03
これが二個
dd04
エコのときなんかはお金が余ってる人が炊いてあげると良いですね。

二個炊いても上手い人はタイミングだけで当ててきます。実際Na`Viのmarkeloff選手などはSG越しにAWPを当ててました。じゃあどうすれば良いか?

まずは後ろを通る方法。
dd05
こんな感じで崖側を走ってセンターから見える部分でジャンプします。相手からは足しか見えないので運が悪くても即死することはないと思います。また味方のAWPerがセンター勝負をするからダブルドアにSGを炊けないときにも使えます。

次は前を通る方法。
dd06
壁沿いに進む事で相手に頭だけしか見えないようにします。この場合はSG一個炊いてれば見難いと思います。
相手が無理やり下を覗けばここにAWPが当たります。
dd07
前を通るときはセンターのAWPerに前を通ることを言っておきましょう。


多少Bに行くのが遅くなっても相手がAWPを買ってる場合は注意すべきです。また相手が上手ければ対策してくるので何度も同じ方法で通るのは危険です。相手が16bitだった場合は可哀想なやつだなと思ってあげて下さい。

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

AIMの位置

CSOで野良やってて死んだ後に味方の画面見てると結構AIMの位置が低い人がいますよね

まぁ余裕で僕もAIMの位置が低いんですけどね!!

これはなんというか初心者が直さないといけない癖みたいなもんで僕はCSO始めて1年半以上経ってるのに直らない\(^o^)/

なんでAIMが低い位置じゃダメなのかっていうと、CSはBFとかと違って敵の姿が見えた瞬間に撃ち合い、勝負が決まってしまう可能性が高いゲームです。

そうなってくると敵に最短距離でAIMを合わせられるようにならないといけないですよね。
つまり敵が見えた瞬間にクリックして敵を倒せるようにしないといけない。
もう少し言うとクリックした瞬間に相手の頭に弾が当たってないといけない。

当然レティクルが下むいてると敵の頭どころか体にすらキチンと当たらない。
下に向いてるところから相手の頭に合わせる時間「0.00秒単位」の差で勝負が決まってしまうゲームがCSです。

なので出来るだけヘッドの位置を意識しながら動けるようになるのがベストです。
また試合で使われるMAP(ダスト2、インフェルノ、ヌーク、列車)では頭の位置を覚えておくと良いと思います。
自然にその位置に合わせれば敵が勝手にその位置に入ってきてくれるようになります。

これは僕も気を付けないといけないとこです。
ニコニコ生放送でプレイしてるとリスナーさんに「マメさんAIM低すぎ」ってよく言われます。

癖はかなり強く意識して変えていかないと直りません(´・ω・`)
試合中や練習のときも勝ち負けじゃなくてそれだけを意識してやるって感じでやらないとダメですね

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼メニュー
TwitterページへYouTubeチャンネルへニコニコ生放送へTwitchチャンネルへRSSフィードへ
プロフィールページへ
プレイ環境

CS1.6とは
CS1.6を購入
CS1.6を設定
初心者向けページへ

連絡先へ

▼ブログカテゴリ
▼人気記事ランキング
▼Amazon
コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア
コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア [字幕版]
ワールド・ゲームズ・マガジン・ジャパン【WORLD GAMES MAGAZINE JAPAN】  
ワールド・ゲームズ・マガジン・ジャパン
勝ち続ける意志力 梅原 大吾(著)
勝ち続ける意志力 梅原 大吾
BenQ 27.0型LCD LEDワイドモニター XL2720Z
BenQ 27型ゲーミングディスプレイXL2720T
BenQ 24型LCDワイドモニター XL2420TE
BenQ 24.0型LCD LEDワイドモニター XL2420Z
BenQ 24.0型LCD LEDワイドモニター XL2411Z
BenQ 24型LCD LEDワイドモニター XL2411Z
iiyama 24型ワイド液晶ゲーミングディスプレイ GB2488HSU-B1
iiyama 24型ワイド液晶ゲーミングディスプレイ GB2488HSU-B1
iiyama 144Hz駆動 27型インチProLite G2773HS-GB2
iiyama 144Hz駆動 27型インチProLite G2773HS-GB2
ASUS VGシリーズ VG248QE 144Hz駆動24インチ液晶ディスプレイ VG248QE
ASUS 144Hz駆動24インチ液晶ディスプレイ VG248QE
PHILIPS 24型ワイドゲーミングディスプレイ 242G5DJEB/11
PHILIPS 24型ワイドゲーミングディスプレイ 242G5DJEB/11
Microsoft IntelliMouse Explorer 3.0
マイクロソフト オプティカル マウス IntelliMouse Explorer 3.0
SteelSeries Rival Optical Mouse
SteelSeries Rival Optical Mouse
Razer DeathAdder 2015 Chroma
Razer DeathAdder 2015 Chroma
ZOWIE GEAR ゲーミング マウス EC2 EVO CL  
ZOWIE GEAR EC2 EVO CL
CM Storm ALCOR Gaming Mouse
CM Storm ALCOR Gaming Mouse
CORSAIR Raptor M30 Gaming Mouse
CORSAIR Raptor M30 Gaming Mouse
SteelSeries Sensei RAW Frost Blue
SteelSeries Sensei RAW Frost Blue
SteelSeries Kana v2 Black
SteelSeries Kana v2 Black
ROCCAT Kone Pure Optical
ROCCAT Kone Pure Optical
SENNHEISER オープンエアー型ゲーミングヘッドセット G4ME ONE
SENNHEISER オープンエアー型ゲーミングヘッドセット G4ME ONE
SENNHEISER クローズ型ゲーミングヘッドセット G4ME ZERO
SENNHEISER クローズ型ゲーミングヘッドセット G4ME ZERO
Corsair Raptor HS30 Analog Gaming Headset
CORSAIR Raptor HS30 Analog Gaming Headset
SteelSeries Siberia Elite Black Headset
SteelSeries Siberia Elite Black Headset
SteelSeries Siberia v2 Frost Blue Headset 
SteelSeries Siberia v2 Frost Blue Headset
AUDIO-TECHNICA ATH-AG1
AUDIO-TECHNICA ATH-AG1
Razer Hammerhead Pro In-Ear Headphones
Razer Hammerhead Pro In-Ear Headphones
SteelSeries Flux In-Ear Pro Headset
SteelSeries Flux In-Ear Pro Headset
ARTISAN 飛燕 Value Edition Lサイズ
ARTISAN 飛燕 Value Edition Lサイズ
ARTISAN 零 XSOFT Lサイズ
ARTISAN 零 XSOFT Lサイズ
ARTISAN 疾風 SOFT Lサイズ
ARTISAN 疾風 SOFT Lサイズ
SteelSeries 日本語版 6Gv2(Japanese)
SteelSeries 日本語版 6Gv2
東プレ NG01B0 REALFORCE91UBK
東プレ NG01B0 REALFORCE91UBK
41XO5t1if1L__AA300_.jpg
CORSAIR Gaming Keyboards Vengeance K65 Compact
Razer Mouse Bungee マウスコード マネジメント システム
Razer Mouse Bungee マウスコード マネジメント システム
GUNNAR*STEELSERIES SCOPE
GUNNAR*STEELSERIES SCOPE
Intel CPU Core i7 4770K 3.50GHz
Intel CPU Core i7 4770K 3.50GHz
AMD A-series AMD A10 7700K
AMD A-series AMD A10 7700K
MSI N760GTX Twin Frozr 4S OC グラフィックスボード
MSI N760GTX Twin Frozr 4S OC グラフィックスボード
玄人志向 グラフィックボード GeForce GTX660 2GB OCモデル
玄人志向 グラフィックボード GeForce GTX660 2GB OCモデル
Samsung SSD840EVO ベーシックキット250GB
Samsung SSD840EVO 250GB
Creative Sound Blaster X-Fi Go! Pro USBオーディオインターフェース SB-XFI-GOP
Creative Sound Blaster X-Fi Go! Pro USBオーディオインターフェース
Creative サウンドカード PCIe Sound Blaster Recon3D Professional Audio SB-R3D-PA
Creative PCIe Sound Blaster Recon3D Professional Audio SB-R3D-PA
Creative クアッドコア サウンドカード ヘッドホンアンプ搭載 PCIe Sound Blaster Zx 再生リダイレクト対応
Creative クアッドコア サウンドカード  PCIe Sound Blaster Zx
LOGICOOL ウェブカム HD画質 120万画素 C270
LOGICOOL ウェブカム C270
LOGICOOL HDプロ ウェブカム C920
LOGICOOL HDプロ ウェブカム C920
グリーンハウス 液晶ディスプレイアーム 4軸 クランプ式 GH-AMC03
グリーンハウス 液晶ディスプレイアーム 4軸 クランプ式 GH-AMC03
WIJ.com アクリル製ヘッドフォンスタンド AQULIA HPSTAND ST
WIJ.com アクリル製ヘッドフォンスタンド AQULIA HPSTAND ST
▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。