スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【WT】War Thunderのユーザースキンが結構アツい

War Thunderの記事書いてもアクセス数伸びねーけど関係ないぜ!!
steamの無料戦闘機ゲーム「War Thunder」にユーザースキンシステムが実装されたおかげで、世界中のユーザーがスキンを作って公開しています。War ThunderのユーザースキンがスゴいのはWorld of Tanks(WoT)のユーザースキンと違って導入した本人の機体しかスキンが反映されないということ。WoTの場合はスキンを入れると他プレイヤーの戦車にもそのスキン適用されていましたがWar Thunderでは自分の機体しか反映されないので、スキンが被る事がありません(他のプレイヤーからはそのスキンは見えない) 。

ということで現在私が導入したカッコイイスキンとちょっとした情報を紹介したいと思います!!そのスキンがどんなものか、誰が乗っていたかなどを書いていくのでそういうのを調べながら遊ぶのも面白いかもしれません。
ちなみに私は日本軍ツリーしか進めていないので他のツリーを進めてるヤツは回れ右。

■A6M2b 零式艦上戦闘機二一型
aces 2014-05-12 10-00-18-085 
A6M2: Sōryū-based Camouflage
このスキンは「蒼龍」第3中隊第1小隊1番機 飯田房太大尉機をモデルにしたもので、飯田大尉は真珠湾攻撃時に第二次攻撃隊制空隊の第三制空隊指揮官として出撃しますが、被弾し敵基地に突っ込んで自爆しました。
飯田房太 - Wikipedia
ちなみに一航戦や二航戦などの空母所属の機体には空母識別帯というものが決められていて、「赤城」の識別カラーは赤の一本線で「加賀」は二本線。「蒼龍」の識別カラーは青の一本線で「飛龍」が二本線になっています。BI-151と書かれた識別番号の上下にある青い横線は分隊長機を示します。


■A6M3 零式艦上戦闘機三二型
aces 2014-05-12 10-22-09-317 
A6M3 251st Kokutai (Formosa)
このスキンは第251海軍航空隊所属機です。尾翼に書かれた「UI」というのは251空の部隊識別番号です。この部隊は元々有名な台南海軍航空隊で、名前を改称し内地で再編成してラバウルに再進出しました。この機体には誰々が搭乗していたという情報はありませんが、元々飴色だった零戦を激戦化した戦場で現地塗装したスキンが個人的にお気に入りです。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : WarThunder
ジャンル : オンラインゲーム

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。