環境づくりも努力の一環?

配信やTwitterで最近CSを始めましたっていう人をたまにみることがある。野鯖にいっても最近はじめたんだろうなーって思う人もいるし、CSに限らずCS:GOを新しく始めたって人もいる。

そういう人で「普段ぼっちプレイしてる」とか「どうやってチームに入るか分からない」とか「コミュニケーションとるのが怖い」とか言う人が少なくない気がする。

半分はネタだと思うけど、マジレスすると「環境づくり」も上手くなるための努力の一環ではないかと思う。

環境にも先天性的な環境と後天的な環境の2種類あると思う。先天性的な環境というのは生まれ持った瞬間からその人のその後を決定付けるような環境なので、後からどうしろこうしろというのは難しいが、後天的な環境づくりというのはその人次第でどうにでもなると思う。

前にも書いた気がするが、Negitakuにはスカウト登録という機能があるし、今はSNSの交流も盛んでTwitterなどで「誰かチームに入れて!」という書き込みを見ることもある。

個人的には、中学から剣道部だったせいか体育会系のノリで見てしまうのかもしれないが、この手のスカウトなどはある程度強い人や名の知れた人はいいが、それ以外の人は自分からチームに入れてくださいとお願いしに行ったほうが良いと思う。

知らない人、しかも顔も見たこともなければしゃべったこともない人にいきなりコンタクトを取るというのは勇気のいることだけど、もし本当に上手くなりたいとか強くなりたいとか思うなら、自分から教わりにいく気持ちでなければ身につかない。

「上手くなりたいとかじゃなくてとりあえず試合が出来ればいい」くらいの気持ちであるのなら話は別であるが、それでもクラブではなくチームという形でやっているとこは、どこもそれなりのことはしているので、恐らく待ってるだけじゃ声を掛けてくれることは少ないと思う。

特にCSはチーム戦であり人間関係が試合内容に関わってくることが多々ある。素性も分からない人を招待するというのは結構難しい。招待したのにチームメイトと反りが合わないからKICKするというのも後味悪いし。

こんなことを書いている私は、かなり環境には恵まれたほうだと思う。しかも、ほとんど努力することなく人と人との繋がりで恵まれた環境にすることが出来た気がする。

続きを読む

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

「他人から教わった事は身につかない」

私が大学の剣道部で馬場先生から学んだ言葉の1つに「他人から教わった事は身につかない」というのがあります。

また、最近読んだ野村元監督の『弱者の兵法』という本にも「失敗と書いて成功と読む」に関連して同じようなことが書いてありました。

"「失敗と書いて成長と読む」と私がいうのいは、ここにも理由がある。人間がもっとも気づくのは、失敗したときだからである。本人が気がつく前に答えを教えられても、たいがいは聞く耳を持たないし残らない。それではほんとうに理解したことにならないし、そもそも問題の本質がわかってないのだから、身につくわけがない。失敗したからこそ、うまくいかないからこそ、自分のやり方はおかしいのではないかと気づき。正そうとするのだ。"

馬場先生は私達学生に「この言葉の意味が分かるか?」と良くなげかけていましたが、恐らく答えはこの部分だと思います。

ゲームの世界も便利になったので、ネットで探せばいくらでも攻略方法が載ってたり、CSで言えば講座やテクニックなどが公開されてます。でもそれをそのまま真似したところで本当に身についてるわけではなくて、なんでそのプロセスを踏んだのかという自分自身の経験で裏付けしなければ意味が無いのではないかと思います。

よく上手い人の動画配信をみていると「~の攻め方教えて」というコメントを観ることがあります。ただ単に動きだけ真似をするのであれば初心者でも出来ますが、その動きにどんな意味があるのかを実際にやってみて感じ取らないと形だけ出来てるだけで応用が全く聞かないので、その形では対応出来ない相手だと詰んでしまいます。

・・・と偉そうに書いてるけど自分自身出来てないっていういつものパターンな。

DEMOで見たことをとりあえず試合でやってみて、後で自分のDEMOを見返しながら自分なりの答えを出してはいるものの、なかなか上手くいかないことが多い。それだけに自分の思った通りだったときの嬉しさは半端ないし、それもCSの楽しさの1つではあるけど。

配信していればリスナーさん、Twitterでつぶやけばフォロワーさん、mumbleで聞けばLCCのみんながいろいろアドバイスをくださるので、それを聞くだけじゃなくて"とりあえずやってみる"。そっからいろいろ考えていけばいいかなって思いました。

そう考えると自分の環境は恵まれてるほうだなって思う。親フラ以外は。

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

久しぶりにCSO

今日はニコ生で久しぶりにCSOやりました。

相変わらずのカクカク感というか糞鯖臭がえげつないですけど、昼間から野鯖で遊べるのはやっぱりCSOならではですね。

撃ち合ったときに銃口を前方に引っ張られるような感じにラグるのと、ヒットボックスがズレてるのをどうにか…まぁ今更修正がはいることはないでしょう(´・ω・`)

CSOからCSに来たと思われる人にカクカクしてる人が多いのは多分CSOのカクカクとCSの設定してないカクカクが一緒に見えて気がつかないんじゃないかと思いました。

普段CSに慣れてると設定してない人のカクカクは酔いそうになりますけどね。

CSは過疎ゲー過疎ゲーって言われてます。最近試合してる感じではチームとして活動してるのは10チームあるかないかじゃないでしょうか。チームタグつけてるとこは稀ですね。でも試合はとりあえず釣れます。

大会目指してる勢じゃないので大会がなくても試合が出来ればそれでいいんですけど、最近の10代のプレイヤーには大会というのは魅力的であると思うので、そこら辺がキツいところ…。

CSOは来年にCSO2が出るのかな?

ネタにマジレスするのもかっこ悪いですけど、CSOやCSO2はアジア圏内でしかリーグがないので、もし将来海外で活躍したいとおもうならCS:GOとかのほうがチャンスはあると思います。現在ESWC2012が開催中ですけど、このまま流行っていけば日本で予選が開催されるようになるかも知れません。

ただそのCS:GOも総プレイヤー数がなかなか増えない様子。無料期間の今でさえ4000人くらいCSより少ない。これが無料期間終わってどうなるか…。国内では少しずつ増えてるみたいですが、こう起爆剤になるようなことがあればいいですよね。

僕はLCCのみんながCSOやるって言えばCSOやりますし、CS:GOやるって言えばCS:GOやりますけど。そうじゃない限りもう少しCSを楽しみたいと思います。


テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク