CS:GOの設定まとめ (ver.2013/01/31)

CS:GOに待望のリコイル修正が来たらしい!!
か…神ゲーの予感!?

ってことで夏以降一向に弄ってないCS:GOの設定を久しぶりにいじってみようと思います。
とりあえず初期設定+bindをいじったconfigはコチラからダウンロード
csgo.zip

しゃがみとか投げ物関係のbindをいじってるのでそこら辺は自分好みの設定にしてください。
個人的には投げ物はそれぞれ別々のキーにbindしておくほうが便利。もしくはマウスホイールとか。
bind "MOUSE5" "use weapon_flashbang"
例えばこれならマウスのサイドボタンでFBを持てる。

launch options(起動設定)は
-noforcemspd -noforcemaccel -noforcemparms -freq 75 -console -w 1024 -h 768 -full -novid +exec autoexec

-freq ~の部分は自分のモニターリフレッシュレートに合わせてください。

ビデオ設定とかゲーム設定とかはこんな感じ。
アンチエイリアスの数値以外はほとんどneoさんの設定と一緒だと思う。
csgoset01.jpg

bandicam 2013-01-31 19-05-39-593

レティクルはCSのときになるべく近づけてみました。
cl_crosshairalpha "255"
cl_crosshaircolor "5"
cl_crosshaircolor_b "0"
cl_crosshaircolor_r "255"
cl_crosshaircolor_g "0"
cl_crosshairdot "0"
cl_crosshairgap "0"
cl_crosshairsize "3"
cl_crosshairstyle "2"
cl_crosshairusealpha "1"
cl_crosshairthickness "0.5"
cl_fixedcrosshairgap "0"

上記からダウンロードしたファイルにはbot.cfgも一緒に入れてあるのでオフラインプレイで読みこませればすぐにbot撃ち出来ると思います。

久しぶりにconfigいじったらコンソールに「UnknownCommand」が出なくなったので僕満足。
当たるかは知らん!!

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

<3 MODDII

ずっと作りたかったMODDII選手の2012年総集編フラグムービーが完成しました。

The Highlights of MODDII in 2012


製作期間2週間くらい? 自分の中は一番良いモノが出来たと思います。個人的にエフェクトバキバキとか音ハメガッツリしてKILLシーンがよく分かんないフラグムービーが好きじゃない(作れないからじゃないぞ!!)のでいつも通りシンプルな感じにしてみました。

色彩に関してはHLTV.orgのフォーラムで聞いたところこっちのほうがカラフルで良いって意見が多かったので今回はこっちにしてみました。このフラグムービーに寄せられた意見を参考に次の作品の色彩を考えてみようと思います。

今回使ったスキンとかいろいろ
アサルトライフルの薬莢
HI-POLY SHELLS

ハンドガンの薬莢
.50 AE shell

血痕付きナイフ
Dark dirty knife by Brew.

クッキリ弾痕
decals.wad

大体こんな感じです。作りたいモノ作れたししばらくフラグムービー製作は休憩。

MODDII選手はfnaticを辞めてmTwでCS:GOをプレイしていたようですが、先日mTwがチームの活動停止を宣言。現在フリーの状態です。まさかCS:GOがリリースされて1年もしない内に有名なチームが活動停止になるとは思いませんでしたけど…

2013年もMODDII選手のプレイを見れることに期待!!

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

今日から始めるCS紅白戦(ニコニコクラブ)!!

別にタイトルに深い意味はないです。

Counter-Strikeの面白さは5vs5のチーム戦にありますが、始めたばっかりの人やチームに入っていない人は中々試合の楽しさを味わう機会がありません。そこで試合形式でゲームを楽しむ紅白戦をオススメします。

紅白戦では試合形式でゲームをしたい人が10人集まって、ボイスチャットを繋いでプレイします。本格的な試合ではないものの、試合の雰囲気を経験したりするのに一番手っ取り早いと思います。

日本ではニコニコクラブ(以下、N2C)という紅白戦クラブが有名です。
ニコニコクラブ

N2Cは誰でも紅白ができ、初心者が上級者と一緒にプレイできる環境を作るという方針の紅白戦クラブです。今回はそのN2Cに参加する方法を説明したいと思います。

■用意するもの
・設定済みのCounter-Strike
Counter-Strikeは必ずconfigなどの初期設定は済ましておきましょう。野良などでたまに設定しないままプレイしている人を見かけますが、設定していないと自分のプレイ画面がカクカクしてちゃんと弾が当たらない上に周りにも迷惑をかけてしまいます。まだ初期設定が終わっていない人はこちらのwikiを参考にして設定をしましょう。5分程度で完了します。
CS1.6の初期設定
・IRC
IRC(LimeChat)はチャットソフトです。N2Cに参加するプレイヤーを募集するために必要になります。IRCをまだインストールしていない人は早速インストールしましょう。
IRCのインストールと設定
・TeamSpeak3
一般的な野良プレイと違って紅白戦ではボイスチャットを繋いでプレイします。N2CではTeamSpeak3を使用することになっているので、普段Skypeやmumbleを使っている人もTeamSpeak3をインストールしておきましょう。N2Cではマイクがない人や喋れない人、所謂聞き専プレイヤーは参加することが出来ないので注意してください。
TeamSpeak3のインストールと設定

以上の3つだけです!!紅白戦で使うCounter-Strikeのサーバーやボイスチャットで使うTeamSpeak3のサーバーはN2Cの管理人さんが準備してくださっているので用意する必要はありません。

続きを読む

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

PAZDORA!!

Paz選手のミニクリップが完成しました。
Paz 3KILLS Headshot


Paz 2 ACTIONS Japanese-cstrike


Paz選手のAIMが綺麗だったのであんまりゴチャゴチャさせずに、シンプルな感じにしました。途中小ネタを入れましたけど、もう少し時間長くても良かったかな。最近LCC内ではFAMASを使うプレイヤーが増えていて、中距離どころか遠距離でガシガシ当ててくるのでヤバいです。

MODDIIの2012年総集編フラグムービーも作り始めました。フラグシーンが15個ほどあるので5分くらいにまとめたいです。

The Highlights of MODDII in 2012 preview

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

デスクトップにCS1.6の鯖ショートカットを作る

よく使うCS1.6のサーバーをお気に入りに入れておくと便利ですが、たまにお気に入りから消えていたり、お気に入りに入れるのを忘れてしまうこともあります。また、チームで試合鯖を持っている場合いちいちサーバーIPを貼ってもらったりするのも面倒です。

そこでデスクトップにサーバーへのショートカットを作っておくことで、すぐにサーバーにjoinすることが出来ます。

まずはデスクトップ上で右クリックして、新規作成>ショートカットを選びます。

項目の場所には次のようにサーバーIPを指定します。

例)steam://connect/123.456.78.90:27016;
saverdt02.jpg

数字の部分を入りたいIPにしてください。
公開されているパブリックサーバーのショートカットを作りたいときは以下のサーバー検索サイトで調べると便利です。

Counter Strike 1.6 Server List | Search Cs Stats, Rankings, and Banners in Japan [JP] - Game Tracker

Counter-Strike Servers in Japan | Server / Player Search | Game-Monitor.com :: Server Search, Monitoring, Stats and more


ショートカットを作成したらサーバーに入るときにショートカットアイコンをクリックするだけです。
恐らくこんな感じの画面が出てきます。
saverdt03.jpg 
パスワードがあるサーバーはここで赤い枠内にパスワードを入力します。

サーバーが立ってない場合はこんな画面が出てくると思います。
saverdt01.jpg

普通にサーバーをお気に入りに入れておけば問題ないんですけど、よく使うサーバーにデスクトップから一発で入りたいって人は便利かも!!アイコンがデフォルトだと味気ないなーという人はショートカットアイコンを変更すれば良いと思います:)

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

CSのdemoをもっと気軽に見よう!!

Counter-Strikeにはdemo機能があって、CSOのdemo機能より便利に見ること出来ます。CSOをプレイしている人の中には海外のプロゲームのdemoを見るために、CSを買う人もいます。

ただCSを持ってない人は見れませんし、PCでないと見れないのである意味そこが不便でもあります。

そこで出番なのが動画投稿サイト!!

YouTubeにはCSのdemoをキャプチャーして丸々投稿している人がいます。YouTubeであればCSを持っていなくても見ることができますし、PCからではなくてもiPhoneやiPadなどの端末から見ることができます。

オススメチャンネルはここ
CS 1.6 Demos POV/HLTV

私も寝る前に布団の中でゴロゴロしながらここでdemoを見てたりします。
CSで見るように早送りやスローは出来ませんが、流れを確認をするくらいには使えると思います。 :)


テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

u mad?


 sarasi01.jpg
 
sarasi02.jpg
 sarasi03.jpg
sarasi04.jpg 
sarasi05.jpg

前からTwitterでも配信でも言ってるだろ俺は上層部でもアンチ上層部でもなく『媚びうり勢』だと!!
媚びる勢は土下座外交が基本。ゲザラーとしてのセンスが問われる
20100226_1718981.jpg 



6b4.jpg

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

CSの設定変更 neo.config使ってみた

前回の記事にも書きましたけど、大会が終わったので設定をガラッと変えてみました。
マウスをImperatorからEC2へ、解像度を800*600から640*480へ、configをMODDII.cfgからNEO.cfgへ、グラボの設定をnoppoさんのからmarkeloff選手のにしました。

マウスは断線のような断線じゃないような微妙な症状なのでしばらくEC2使いながら様子見です。恐らくセンサーとかの部分ではEC2のほうがいいんですけど、形が合わないので薬指と小指が結構痛いのと、右クリック誤爆とマウスホイールバグが微妙なのでメインマウスにするか迷ってます。チームメイトや知り合いからの評価ではEC2使ってる方が強いらしい(´・ω・`)

解像度は初めてCSOをやり始めたときに設定した800*600から640*480にしたので結構慣れるまで時間かかりそうです。グラフィック云々のゲームではないですけど、640*480だと敵は大きく見える(気がする)けどちょっとぼやけている感じ。あと遠くの敵が見えにくい。ただ、リコイルコントロールはしやすくなった(気がする)。まだ変えて2~3日だから分かんないけど。

configもMODDII.cfgからNEO.cfgにしました。そもそも解像度800*600のアサルターということでMODDIIのconfig使ってたので解像度を変更したと同時にconfigも変更。GeT_RiGhT先生のconfigと迷ったけど先生のconfigは何かすげぇことになってるので無難にNEOさんのconfigにしました。ただESC Gamingの公式サイトにアップロードされてなくていろいろ探した結果、中身の違うNEO.configが5つくらい見つかりました。その中からnoppoさんのブログやYossyさんの作ったconfigリストと見比べてそれっぽいのを見つけて使ってます。 使った感じMODDII.cfgの「ビシッビシッ」っていう感じじゃなくて「ブシュッブシュッ」ってイメージ。弾が重い感じ?

ダウンロードはコチラから
 Counter_Strike_1.6_Wcg_2011_ESC_Gaming__Cfg.rar

解像度とconfigの変更に伴って、レティクルのサイズもsmallからlargeに変更。解像度640*480でsmallは小さすぎて見えにくいなと思いました。ただ、ハンドガンのときはsmallのほうが良い感じなのでbind設定でアサルトライフルのときはlarge、ハンドガンのときはsmallになるように設定しました。largeだと心なしかリコイルコントロールしやすい(気がする)。

グラボの設定もnoppoさんのブログで紹介されていたものから、markeloffが動画で公開していたものにしてみました。巷ではグラボドライバのバージョンが変わると弾の飛び方が変わると言われてるけど、確かにバージョンアップと前ではリコイルの感じが違う(気がする)。あくまでも主観だけど。

設定はこんな感じ
markeloffvga03.jpg 

markeloffvga01A.jpg 
markeloffvga02A.jpg 

※元動画


結論:なんか当たるような気がする

とりあえず一ヶ月くらいはこの設定でやってみる。恐らくFCL#2もあると思うし。

話は変わるけどNegitaku.orgでも紹介されてた、fnaticの動画がカッコイイ!!
一時期優勝から遠ざかってたけど、そっからまたfnaticの時代を作ったプレイヤー達の勝利の瞬間にスポットを当てた動画で感動した。e-sportsのエモーションを感じました。


テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

あなたもスグ出来る!! CS:GO クロスヘアジェネレーター

だいぶ遅くなってしまいましたが、このブログを見てくださっている方から「CS:GO クロスヘアジェネレーター」というものを教えていただいたので紹介したいと思います。

CS:GO Crosshair Generator

CSGOクロスヘアジェネレーター

どういうものかと言うと、CS:GOのクロスヘア設定を好きな形や色を選んでいくだけで、設定すべきconfigが出来上がるというものです。CS:GOのクロスヘアはCS1.6のそれとは違い多少面倒になっているので、これを使えばクロスヘア設定が簡単に出来ると思います。設定し終わったら右側のコマンドを自分のconfigにコピペするだけで完成。簡単でしょ? 僕はさっそくCS1.6と同じような感じになるように設定みました。
(IEだと上手く動かない場合があるのでその場合はChromeなどにブラウザを変更してみて下さい)


話は代わりますが、大会も決勝トーナメント1回戦目敗退となってしまったので、これを機会にCSの設定をガラっと変えました。まず解像度を800*600から640*480に。configもMODDII.configからNEO.configにしました。あとはグラボの設定をnoppoさんのからmarkeloff選手の設定にしました。

この設定でしばらくプレイしてみたいと思います。

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

Counter-Strike実況配信のすゝめ

Counter-Strikeを実況配信するに当たってのメモ的なもの
※既存の実況配信者にどうのこうの言う目的じゃなくて、あくまでもメモとして

オンライゲームの実況配信については、AoE3の大会実況でお馴染みのmatsujunさんが以前Twitterで呟いていた実況論のまとめがものすごく参考になる

matsujunさんの実況論 - Togetter

これに加えてTVとか書籍で紹介されていた実況についてのメモ+Counter-Strikeではどうすべきかというメモ

>>自分実況論その2 実況の出来は準備で80%が決まる スケジュール調整する、対戦者の過去のリプレイを見る、戦績を調べる、など。 最近出来てないなァ。質を上げていかねば…

・過去のデータを有効活用する。
例えば過去の大会でチームや選手がどのような成績を残していたかをチェックする。実績のあるチームであればその実績を強調する。試合が進んでいけば過去の大会だけでなく今大会の前の試合での成績を引き合いに出して、どのようなチームでどんなプレイスタイルでどんな選手がいるのか確認する。時間があればKDやHS率とかも見ておくと選手の強さを説明するときの根拠に使える。

・出場チームを調査する。
出場する全チームは無理でも配信で扱う試合にでるチームは最低限でも調査をしておく。例えばチーム内での役割を聞く。アタッカーやAIMが良い人を聞いておけば撃ち合いの場面をカメラに捉えやすくなるし、ハンドガンが上手い人を聞いとけばファーストラウンドやエコラウンドで追いやすい。AWPerを聞いておけばAWP対決のような見方も出来るし、少人数戦に強い人はラウンド後半にカメラで追っておくと素晴らしい場面を捉えやすくなる。指揮官はカメラで追わなくてもいいけど、読み合いや駆け引きのときに指揮官を引き合いに出せば面白い。他にも年齢や性別を差し支えない範囲で聞いておくと便利。10代がメインのチームと30代がメインのチーム同士の試合であれば対立軸が描きやすいし、女性プレイヤーはやはり目立つ(男女差別的な意味ではなくプレイヤー人口における性別の割合において)のでチェックしておく。

>>自分実況論その4 定番のフレーズを使う 定番のフレーズを聞くと、過去の経験から「これから楽しいことが始まる」と気持ちが切り替わる。カウントダウンTVの「カーウント ダウン!」みたいな。テレビではよく使われている手法。

・定番フレーズ、印象に残るイントロダクションを考える。
TVで放映された、いわゆるスポーツ史に残る名場面には名イントロダクションがついてるものも多い。ゲームが始まってしまえば結果がどうなるのか分からないが、始まる前であれば基本的に台本通りしゃべっても問題ないので、見ている人が引き込まれるような言葉を考える。例えばサッカー実況で有名な山本アナウンサー(NHK)のイントロダクションはこんな感じ。


・定番のフレーズはGreatFrag.comの配信で有名なRahimさんも配信始まるときに「ok,guys!!」とか「Hello everyone!!」とか頻繁に使ってたはず。Rahimさんは始まる前のイントロダクションだけじゃなくて、試合中にも定番フレーズとシーンに合わせたBGMをたくさん使っていた。外国人特有のノリの良いフレーズではあるが、英語が得意でなかったり、Counter-Strikeにあまり詳しくない人でも分かりやすいフレーズだらけなので参考になる。


日本のTVだと「負けられない戦いが、ここにはある」が有名な定番フレーズの1つ。このような感じで、「これから試合が始まるぞ!!」という雰囲気を作る。

>>自分実況論その6 実況者は視聴者と一緒に観ている観戦者 一人自宅で試合を観戦している視聴者と、一緒に驚いて一緒に感動する人が実況者。だからこそ観ている人に自分の感情が伝わるぐらいはっきり出そう。

>>自分実況論その9 その道の権威を活かせ 人は知らない事に対し、その道の権威を信じることで自分の判断の代わりとする。例えば自分、もしくは解説者に権威を持たせてプレイを褒める事で、多くの人に素晴らしいプレイだと思ってもらう事ができる。誰かに権威をはっきりと持たせよう。

・実況と解説の役割
プレイヤーがゲームの主役なら実況と解説は名脇役。実況と解説は予め打ち合わせをして、試合が始まる前に観戦者にこの試合がどういう試合であるのか説明する部分と、試合中にどのようなタイミングでどんな解説をすべきか(もちろん試合は何があるかわからないので大まかなイメージ)、試合後にどのような形で締めくくるのかという簡単な決まりを話しておくと便利かも知れない。

解説の仕事は「情報の整理」「現状の分析」「展開の予測」プレーの深層やどうしてそうなったのかという技術的な面を中心として解説する。さほど詳しくない人たちに向けて「なるほど」と思わせる。解説によって予想の根拠が分かってくれば、観戦者も予想できるようになり楽しみが広がる。

>>自分実況論その11 カメラとマウスはできるだけ動かさない カメラは技術的理由。エンコードは画面が動くと画質が落ちるから。マウスは人間工学?的理由。人は動いているものに目が行ってしまうから、試合に集中できなくなります。

・予め撃ち合いになるポイントを予測しておく。
Counter-Strikeは5vs5なので非常にカメラが追いにくい。せっかくフラグシーンが出たのにカメラに映ってなかったということもある。なのでとりあえず迷った時はそのチームのアタッカーに合わせておくのもアリ(当然試合前に誰がアタッカーかを確認しておく)。他には最初から一人称視点にしておくのではなく、オーバービュー視点にしてどこで接触があるか見ておく。接触がありそうであればカウンターテロリスト側プレイヤーの視点にしておくと楽。少人数戦のときは逆にテロリスト側が楽。

>>自分実況論その15 ゲームBGMを活かせ 人には心地よいリズム、調和するリズムが好まれる。定番メッセージ(プレイヤー紹介など)は音楽に合わせて話すと耳障り感が緩和される。

・予めBGMを用意しておく。
ESLTVの配信などは試合前にかならず定番の音楽を使った動画を流す。


動画がなければ定番の音楽を用意しておくと便利。最近海外の配信ではエレクトロ系(EDM)が結構流れている。あまり五月蝿すぎるのはダメ。

●その他
・ドラマ・ストーリー・シナリオを作る。
ただ単に試合の経過とスコアを実況するのではなく、そこに至るまでのドラマも実況する。オンライン大会は選手の顔が見えないので、身内以外はどこがどんなチームで誰がどんな選手なのか分かりづらく、感情移入しにくい。特にあまり詳しくない人にとって感情移入出来ないのはつまらない。例えばチームや選手がどのような思いでこの大会に臨んでいるかとか、試合に対する意気込みだとかを伝える必要がある。

他にも、チームや選手のキャラを明確にするというのも観客が感情移入しやすくなる手段の1つ。今大会のダークホースだったりラッキーボーイであったり、観客が食いつきそうなキャラを見つける。他にはスター選手を見つけるものアリ。他のゲームで実績があったり(CSOとかAVAとか)、昔の大会で優勝していたり、話題性のある選手がいると便利(ただしその選手ばかり注目されて他の選手の影が薄くなるというデメリットがある)。

キャッチコピーをつけるのも面白い。チームにつけても良いし、選手につけても良い。面白かったり印象に残るキャッチコピーであれば親近感が湧いて応援したくなるかもしれない。

●まとめ
ここまで偉そうに書いたけど僕は実況者でもなんでもないし、ただ自分がニコ生配信で試合観戦配信するときにこうしたら面白いかもなーとか、野球とかサッカーなどの実況者はどんなテクニックを使っているのか調べたものをまとめたりしただけです。だから冒頭に書いたけど他の配信者にどうのこうの言いたくて書いたわけじゃないです。これから自分が配信するときにここ気をつけておこう的な意味合いがデカいです。あくまでもメモなので。

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク