スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【CS:GO】鯖に入れない人はとりあえず英語化しろ※追記アリ

チームメイトが鯖に入れない現象になっていたのでいろいろ試した結果を書いてみようと思います。

■鯖に入れないトラブル

試合相手を釣る

国内のレンタル鯖に全員JOINする

チームメイト1人だけ入れない

CS:GOを再起動しても入れない

Steam再起動しても入れない

PC再起動しても入れない

整合性チェックしても入れない

CS:GOを再インストールしても入れない

WTF!?
wtf-mem-jackie-chan.jpg 


■ワークショップに入っているMAPが見つからない
鯖に入れないときに出たエラーコードを見てみると何やら.bspファイルが見つからねーよ!って言われてるらしい(Missing map maps\workshop\125488374\de_dust2_se.bspみたいな感じ)

そこで指定されたC:¥Program Files (x86)¥Steam¥steamapps¥common¥Counter-Strike Global Offensive¥csgo¥maps¥workshop¥125488374に行ってみるとファイルはちゃんとある。

以前はそのフォルダに入っているde_dust2_se.bspをmapsフォルダに入れることで鯖に入ることが出来たが今回は同じようにファイルを移動させても入ることが出来ない。

■ファイルをそっくりそのまま移動させても無理
そこで鯖に入ることが出来ているプレイヤーがmapsフォルダをまるごと送付して上書きしてもらうことにしたがそれでも鯖に入れない。確認してみたところ鯖からエラー吐かれる時に.bspファイルが消えてしまっているらしい・・・

■CS:GOの英語化で解決
もしやと思い、Steamが日本語になっているか聞いたらやっぱり日本語化されていた。そこでSteamを英語化してもらい、一度Steamを再起動してから鯖に入ってもらうとすんなり入ることが出来た。

やっぱり原因はSteamの日本語化だった

CS1.6でもSteamを日本語化しているとダウンロードされるファイルの場所が変わってしまい、MODやスキンが反映されないというトラブルがあった。なので私もこのブログや初心者向けwikiでも必ずSteamを英語化しておくように書いていました。基本的にCSシリーズをやってる人はそういったトラブルがあるのでSteamは元々英語化していましたが、CS:GOはCSシリーズをプレイしたことがない人も多くいるのでこういったトラブルが結構あるらしい。

Steam英語化の方法はコチラ
Steamを開いて上部のSteam>設定>インターフェイス>言語をEnglishにすればOK。Steamを英語にするとゲーム内表記も英語になりますが、難しい英語は出てこないので普段から英語でも問題ないと思います。
steam_Language.png 

それでもSteamを英語化するのはちょっと・・・という人はCS:GOだけ英語化しましょう。CS:GOだけ英語化するには起動設定(launch options)に -language english と入れればOK。これでSteamは日本語でCS:GOだけ英語になります。個人的にはSteamを英語化してしまうのをオススメしますが、他ゲーの字幕が英語になってしまうとかそういうのであればこっちの方法を使いましょう。

それではglhf!!

※追記
誤字修正済み

※追記
リスナーさんに教えてもらった別の方法
C:¥Program Files (x86)¥Steam¥steamapps¥common¥Counter-Strike Global Offensive¥csgoフォルダの中にある以下3つのファイルを削除してキャッシュをクリアすることで改善されるかもしれない。
subscribed_collection_ids.txt
subscribed_file_ids.txt
ugc_collection_cache.txt
スポンサーサイト

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

【CS:GO】マッチメイキングのpingが急激に上がる現象

「Counter-Strike: Global Offensive(CS:GO)」にはマッチメイキング(MM)という便利なランクマッチ機能がありますが、接続されるサーバーが海外・・・主にシンガポールとかになるために国内から接続すると低い時でも70後半、高いときは150前半までとお世辞にも快適とは言えない接続環境になります。

その中でもいろいろな話を聞いたり、私の周りの人すると「MMの最中に急激にpingが跳ね上がって700位になったりする。」とかそういうこともあるようです。

私はそのようなトラブルになったことがないのですが、現状考えられる解決方法と対策を簡単にまとめてみたいと思います。

■スペックが足りているか
PCのスペックはネットワーク接続とあまり関係ありませんが、最低動作環境を満たしているか確認して下さい。
CS:GOの最低動作環境は以下の通り
CPUIntel Core 2 Duo E6600 もしくは AMD Phenom X3 8750
メモリ1GB(XP) 2GB(Vista/7)以上
ビデオ256MB の DirectX 9、Pixel Shader 3.0 対応ビデオカード
(ATI Radeon X1800/NV-IDIA Geforce 7600 -GT/Intel HD Graphics 2000)
HDD7.6GB以上

■回線状況の確認
光回線とADSLでは光回線の方が圧倒的にネットワーク環境がよくなります。
速度測定システム Radish Networkspeed Testing
などの回線速度を計測するツールを使って自分のPCがどれくらいの速度で通信出来ているのか確認しましょう
目安としては40mbps以上出ていれば問題ありません。光回線における一般回線の契約だと最大理論値が100mpbsであることが多いので半分くらいということです。

また、無線より有線接続のほうが確実です。無線LANは便利ですが、親機と子機のあいだに何かしらの干渉が入った場合、ネットワーク環境が不安定になり急激にpingが上がったりすることがあります。PC以外に強力な電波を利用する機器を使用したら不安定になる人やドアなどを閉めたら不安定になる人などはこれが原因であることが多いようです。もしどうしても無線LANで接続しなければならないのであれば、干渉を受けないように工夫しましょう。

■ネットワークが混雑していないか
1つルーターにいくつものLANケーブルを刺して利用している場合は、ネットワーク環境が不安定になりがちです。メインPCとサブPCのような使い方ならともかく、ゲームをプレイしているメインPC以外にも、バリバリ使っているようなPCがある場合はとくに注意が必要です。そのPCでオンラインゲームをしているとか、ストリーミングや大容量ファイルをダウンロードしているとかネットワーク帯域を大幅につかっているとpingが跳ね上がります。PCだけでなく、家庭用ゲーム機などをネットワーク接続している場合も同様です。家族がPCを使い始めたらpingが不安定になる人はこれが原因であることが多いようです。

また一軒家ではなくマンションである程度まとまって契約している場合などは、自分以外の世帯でネットワーク帯域を占領しているとその影響が出る場合もあります。深夜の11時以降になったら急に不安定になるとか、ある程度決まった時間になる人はこちらが原因であることが多いようです。一軒家で契約している場合でも分譲住宅などの場合は区画ごとに契約している場合もあるので自分のインターネット契約がどうなっているか確認してみて下さい。また特に自分がネットワーク帯域を占領していないのに(大容量ファイルをダウンロードしたり)そうなる場合は、一度プロバイダの方に連絡をして事情を説明し調べてもらって下さい。

■DSNを変えてみる
使用しているネットワークに振り当てられているDNSサーバーが何かしらの影響で古いものに接続させられていたりする場合はパブリックDNSサーバーに接続することで解決することが出来ます。特にOCNをプロバイダに利用している人はこちらもチェックしてみて下さい。
参考:Youtubeの読み込み速度を早くしてみた

■常駐ソフトなどを解除しておく
ネットワークを監視しているアンチウイルス系のソフトはゲームプレイ中はOFFにしておきましょう。またタスクバーのプロパティを開いて、起動した覚えがないアプリケーションがある場合もOFFにするかアンインストールすることをオススメします。特に海外のダウンロードサイトから何かをダウンロードしたときに知らない内に一緒にダウンロードしてしまったアプリケーションなどは勝手にネットワークに接続して悪さをしていたりします。見覚えがないアプリケーションは名前をググってみてどんなものか確認して下さい。

以上の解決方法はあくまでも一例です。また全て自己責任で試して下さい。


話は代わってMMの鯖・・・国内に出来ないかなぁ(´・ω・`)
こっち140とかで相手チームに1桁とかいると悲しくなってくるよね。国内鯖が無理ならせめてtickrate 128などrateの数値を64から128にしてほしい。上手い人ならともかく私みたいな下手っぴにはラグとか先に撃ってる(しかも近距離ショットガンで!!)のに後半撃った分が無かったことにされてるのとか辛い。一度アップデートでラグが改善されたらしいけど、壁の後ろに下がったのに殺されるとかそういうシーンがあると萎えるよね・・・

これとか相手4人同じチームだったぽいけどその4人はping1桁だったからね。
golan.png

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

【CS:GO】MamE提督、CS:GOのメンバーを募集

私が加入している「Counter-Strike: Global Offensive(CS:GO)」のチーム「WoWGaming」は新しいアクティブメンバーを2人ほど募集しています。

メンバー募集 - WoW Gaming | Negitaku.org e-Sports
募集要項
・18歳以上
・FPSでのチーム活動を経験したことがある
・4mapの名称は覚えている
・報告/連絡/相談が出来る
・demo研究やAIM練習など基本的な個人練習が言われなくても出来る
・日本語でコミュニケーションがとれて意思疎通が出来る

連絡先
IRC #WOWGaming(キーワード:wow or mame)
もしくはTwitter@mameloff_JPまで
多分チームリーダーから簡単な面接があると思います。

※ここからは個人的なアレ
元々AVAプレイヤーのチームで6月から移行してきました。なので現状としてIRCで試合を釣ってるようなチームと試合をすると高確率でボコされます。なのでボコされて萎えて来なくなるような人は向いてないかもしれません。

個人的な練習は強制ではありませんが、試合後のミーティングで出た反省点については個人で練習してもらうことになると思います。当然なんども同じ事を言われても直らない場合は注意されると思います。他人から注意されるのが嫌だという人は向いてないかもしれません。

ちょっと小難しい事を書きましたけど、特別厳しかったりそういうのはありません。普段は和気あいあいとマッチメイキングとか他ゲーで遊んだりしてます。チーム内の連絡にはLINEを使ってるので可能であればLINEに登録してあると便利です、なければTwitterなどで連絡することになります。

新しいメンバーの加入をお待ちしております。
counter_strike_global_offensive_wallpaper_by_xkirbz-d5fkwbn1.png

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

【CS:GO】オススメbot撃ちMAP「aim_p2000」

今まで『Counter-Strike: Global Offensive(CS:GO)』で使っていた「aim_map_usp」はMAPが暗く、地面が凸凹でbot撃ちがお世辞にもしやすい感じでは無かったので新しいMAPを探していたところ、いい感じのMAPがあったので紹介したいと思います。

aim_p2000

51fb8fa0ec707.jpg 

こちらは元々P2000用のaimmapですが、インベントリからP2000をUSPに変えておけばUSPでbot撃ちすることが出来ます。MAPも明るいですし、地面も平らなので以前使っていたMAPよりかなり快適にプレイ出来ると思います。

ダウンロード方法
Steamのワークショップを使う場合はこちらのページへアクセスしてログインするか、もしくはSteamを起動してワークショップのページへ行って「aim_p2000」と検索して、subscribeをクリックすればOKです。
Steam ワークショップ :: aim_p2000
steam_p2000.png 


直接ファイルをダウンロードしたい人はこちらのページへアクセスしてファイルをダウンロードしてmapsフォルダに入れましょう。(ファイルの場所はここC:¥Program Files (x86)¥Steam¥steamapps¥common¥Counter-Strike Global Offensive¥csgo¥maps)
CSGOBANANA: aim_p2000


ワークショップから導入した場合はCS:GOを起動してPLAY>OFFLINE WITH BOTS>MAPS WORKSHOPから選べば遊ぶことが出来ます。
steam_p200002.png


ファイルを直接導入した場合は、オフラインで適当にMAPに入ったらコンソールに"changelevel aim_p2000"でMAPが変わります。

それではglhf!!

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

『Open Broadcaster Software』と『CaveTube』で高画質配信をしよう

ニコ生から一時的に「CaveTube」に乗り換えてゲーム配信をしているんですが、これがかなりの高画質で配信出来るのでリスナーさんからも「ニコ生の時には見えなかった文字までくっきり見えて良い」などと好評なので私の環境にでの配信設定を簡単にまとめておきたいと思います。
CaveTubeについてはコチラ: イマ話題の配信サイト「CaveTube」が予想以上に素晴らしかった

基本的な設定はニコ生と変わりません。今回使う『Open Broadcaster Software(以下OBS)』のバージョンは0.554 Betaです。バージョンが違うと設定画面が異なる場合があるので、旧バージョンを使う必要がないのであれば最新版に更新しておきましょう。


■エンコード設定
※ビデオ
・CBRを有効にする:無効

有効にすると固定ビットレートになるので静止画などでは安定することがありますが、ゲーム配信には不向きです。
特に理由がなければ無効化にしておきます。

・映像の品質:8
10が画質がよくなりますが、画質の設定はビットレートやプリセットで行うので特に弄らなくても大丈夫です。
初期設定の値にしておきます。

・ビットレート:1000
ニコ生ではビットレートの上限が480kbpsでしたが、CaveTubeでは4000kbpsなのでとりあえず1000を基準にします。
ビットレートを高くすれば画質は上がりますがネットワーク帯域を使うのでバランスを考えて設定します。

・特定バッファサイズを使用:無効
バッファサイズを増やすと画質が向上しますが遅延が発生します。ビットレートの1~2倍が目安。
普通に配信する分には1000で問題ありません。

※オーディオ
・コーデック:AAC

Xsplit無料版ではAACが使えませんでしたがOBSではAACが使えます。
MP3よりAACの方が低ビットレートでも音質が良いのでAACに設定します。

・ビットレート:128
ニコ生のような制限がないので特に理由がない限り128にしておきます。
bandicam 2013-09-05 18-26-46-846 

■ビデオ設定
・配信解像度:640*480
CaveTubeはここで設定した解像度で配信出来るのがポイントの1つです。高解像度に設定すればそれだけ大きなサイズで配信出来るようになります。ただし解像度を上げればPCに負荷がかかるし、ゲーム自体の解像度以上にすると逆に汚くなるので配信アス比4:3の場合は640*480、16:9の場合は768x432を基準に調整しましょう。

・解像度の縮小:未設定
配信解像度が「取り込み時の解像度」ならこちらは「配信時の解像度」となり、リスナーさんに届くのはこちらで設定した解像度になります。特別な理由がなければ未設定のままにしておき、例えば解像度1920*1080のゲームを取り込んだけど配信するときはサイズを縮小させたい(視聴画面が大すぎないように)ときはサイズを変更します。

・FPS:24
FPSが高いほど動画が滑らかになりますが、1枚辺りの画質が悪く、低いほど動画はカクカクになりますが、1枚辺りの画質が良くなります。基準は30fpsですが20~25くらいに調整するのがバランスが良いと思います。私は自分のプレイするゲームとの相性を考えて24にしています。

・起動したときにAeroを無効にする:有効

デスクトップ画面の取り込みをする場合に、フレームレートが低下する問題を解決するために必要です。
Win Vista/7の場合、必ずチェックを入れてください。Win8は設定出来ません(だからゲームPCのOSに向かないと言われてます)
bandicam 2013-09-05 18-46-41-614 

■詳細設定

・マルチスレッドの最適化の使用:有効
安定するので特に理由が無い限り有効にしておきます。

・プロセスの優先度:通常
タスクマネージャーから変更できる数値ですがこの画面でも変更できます。高画質を目指すなら通常以上や高ですが、そうするとゲームプレイに影響が出るので通常にしておきます。

・シーンバッファ時間(ミリ秒):400
特に問題がない限り初期値の400で問題ありません。

・x264のプリセット:medium
slowにいくにつれ圧縮処理が複雑になるために、PC負荷が大きくなりますがその分画質が良くなります。しかしx264の詳細設定のほうで別に設定するので何もしなくも良いです。

・CFRを有効にする:無効
ビデオ設定のときと同じです。

・x264の詳細設定:profile=High level=4.1 cabac=1 ref=6 deblock=0,0 partitions=all me=umh subme=6 psy=1 psy-rd=0.00,0.00 mixed-refs=1 merange=16 trellis=2 8x8dct=1 fast-pskip=1 threads=4 nr=0 bframes=3 b-pyramid=2 b-adapt=2 b-bias=0 direct=auto weightb=1 weightp=2 keyint=240 min-keyint=25 scenecut=40 intra-refresh=0 rc-lookahead=50 mbtree=1 crf=23 qcomp=0.6 qpmin=10 qpmax=69 qpstep=4 crf-max=0 ipratio=1.40 pbratio=1.30 aq-mode=2 aq-strength=1.00 colormatrix=smpte170m threads=4
ニコ生配信のときに使っていたプリセットを私のPC環境向けに少し弄ったものです。このままコピペして下さい。一応高負荷/高画質プリセットなのでPCスペックが低い人用ではありません。元のプリセットはこちらからダウンロードして下さい。
参考:co1048576-ニコニコミュニティ
また各数値の意味などはこちらのサイトを参考にして下さい。
参考:XSplit で FMLE より高画質で配信する方法

・61-120FPSを有効にする:無効
特に理由がなければ無効にします。

・Quick Syncを使用:無効
IntelのHaswellCPUを使っている人は有効に出来ます。有効にするとCPU負荷が下がりますが同時に画質も下がります。どうしてもCPU負荷を下げたいとき以外は無効にします。
bandicam 2013-09-05 19-09-35-808 


■その他
ゲーム画面を取り込むときはなるべくソースに「ゲームキャプチャ」を選択しましょう。ウィンドウキャプチャやビデオキャプチャを使って取り込むより低負荷で取り込む事が出来ます。特にBF3のような高画質/高負荷3Dゲームのときは違いが顕著に出ると思います。ただし、私がプレイしたゲームの中でCSOだけはゲームキャプチャで取り込めないので、CSOを配信したいのであれば、「Dxtory」をダウンロードしてきて使いましょう。ゲームキャプチャを使うときは「映像を拡大縮小させる」にチェックを入れておきましょう。

恐らくこれでニコ生より高画質の配信が出来ると思います。もっと高画質にしたいというのであれば、ビットレートを上げ、解像度も高くし、もっと高負荷/高画質のプリセットを使うのが良いと思います。ただし、それには回線環境とPCスペックが必要になるので、業務で配信する人以外はあまり現実的ではありません。何事もほどほどが一番です。

それではglhf!!


LOGICOOL ウェブカム HD画質 120万画素 C270LOGICOOL ウェブカム HD画質 120万画素 C270
(2010/08/20)
ロジクール

商品詳細を見る

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

イマ話題の配信サイト「CaveTube」が予想以上に素晴らしかった

最近話題の配信サイト「CaveTube」を知っているだろうか?
私も以前フレンドの方に「こんな配信サイトあるから使ってみたら」とオススメされたままほとんど見向きもしていなかったんですが、ニコ生のプレ垢が切れたので丁度良いタイミングだと思って「CaveTube」で配信をしたら予想以上だったので今回はそのメリットを簡単に説明したいと思います。

「CaveTube」

cavetube02.png 


■CaveTubeのここがスゴい!!
•大画面で高画質な配信
外部エンコーダーをつかって、大画面で高画質な配信が可能です。
デフォルト解像度は配信解像度と同じに出来ます。
•時間制限無し
いつでも配信が出来て、予約や時間延長の必要もありません。
ニコ生のように30分区切りではなく好きなだけ配信することが出来ます。
•分散リレー方式
Flashを使った新技術のデータ補完機能で、高帯域な配信もできます。
上限ビットレートは4000Kbps!!ニコ生の約10倍です。
•かゆいところに手が届く
録画が残ったり、コメントにアスキーアート貼れたり、荒らし対策も力を入れています。
アカウント登録しなくてもコメント可能で1週間以内の録画も見ることが出来ます。
•まったり配信
他の配信サイトに疲れた方はどうぞ。
ニコ生のような小中学生が少ないし時間制限もないので垂れ流しでもOK。
•無料
配信をするのも見るのもすべて無料です。
その上面倒なポップアップ広告も一切なし!!邪魔されません。

■メリットだらけにみえるけどデメリットは?
まだまだ発展途上なので視聴者数の絶対数がニコ生やTwitchに比べて少ない。全くの無名配信者は最初のリスナーさん獲得に少し苦労するかもしれない。

■じゃあダメじゃん!!
ただし配信者数の数も多くないので、確実に見に来てくれる人はいます。この記事を書いているときニコ生では2475人が配信していますが、cavetubeでは21人しか配信していません。ニコ生のように大手配信者は1分間で100人を超えているのに新人配信者は30分で3人しか来ない(しかも累計で)という事態が発生しますが、cavetubeでは配信者数が少ないので大手配信者にリスナーさんを吸収される心配がほとんどありません。

■個人的に気に入ったポイント
私がTwitchやUstreamではなくcavetubeを選んだのは、まず第一に高画質配信が出来るというポイントです。cavetubeの公式サイトでは画面アス比16:9では解像度768x432、4:3では640x480が基本解像度になっている上に、上限ビットレートが4000Kbpsとなっておりニコ生より高画質で配信する事が出来ます。TwitchやUstreamでも同じように高画質で配信することが出来ますが、Ustreamはラグやカクつきが酷いし、Twitchは地域負荷分散型鯖なのでUstreamよりは快適でしたが、最近はカクつく事も多く、この2つは広告も表示されるのでリスナーさんにとって結構なストレスになったりしていました。

あとは時間制限が無いのでニコ生のように配信者側が自動枠取りでほとんど自動で次の枠を取れるのにリスナーさん側はその都度枠を移動しなければならないので垂れ流しに出来ないという不満を解消してくれたのも大きいです。

それにコメビューのようなツールが公式から公開されていて棒読みちゃんと連動出来るのでフルスクリーン配信しながらでもコメントを読み上げたり、コメントのログを確認出来るという点も見逃せないポイントです。

ちなみにアカウントを登録していても、していなくてもコメントが出来る上に登録者も匿名でコメント出来るので気軽に会話出来るのもいい感じです。個人的にFPS配信でコテハンを読み上げるとろくなことがない・・・

ここに配信のタイムシフト(録画)のリンクを貼っておくので、どんな感じなのか気になった方は見てみて下さい。
JK3年生の楽しく艦これ配信 : CaveTube

cavetube03.png 


ニコ生に比べて人が少ないのでほんとまったり配信出来るのが中々いい感じ。今までCSを知らない小中学生にもCSを知ってもらうためにニコ生でやってたけど、たまには今までの固定リスナーさんたちやTwitterで告知して来てくれたリスナーさん達とダラダラ配信するのもアリかな。画質もキレイだし、かと言ってゲームのパフォーマンスが落ちるわけじゃないしリスナーさんからも画質の良さはかなり好評でした。しばらくはこの配信サイトでやっていこうと思います。 cavetube向けの配信設定などはまた別記事に書こうと思います。

私の配信チャンネルはココ!!
http://gae.cavelis.net/live/mameloff

ニコ生アラートみたいな機能はないみたいだからTwitterをフォローしてもらうと配信開始時に自動的にアナウンスツイートが出ます。Twitterアカウントはココ!!
@mameloff_JP


SONY エレクトレットコンデンサーマイクロホン PCV80U ECM-PCV80USONY エレクトレットコンデンサーマイクロホン PCV80U ECM-PCV80U
(2011/10/10)
ソニー

商品詳細を見る

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。