【CS:GO】CS:GO Loungeで爆死しないためのちょっとしたポイント

一ヶ月ブログ更新サボってました。すいません。
今回は何かとCS:GOプレイヤーの中で話題になってるCS:GO Loungeを使ってスキンをbetする際に、私が注意しているポイントを書いていこうと思います。これを読めば無駄にbetして大損したりしないようになるかも知れません。(CS:GO Loungeの利用は全て自己責任でよろしくお願いします)

csgo_lounge.png

■CS:GO Loungeマイルール
・NAマッチは運試し
ESEAやCEVOなどの北米マッチはガチbetしないほうが良いです。というのもESLなどの世界大会では成績を残しているC9(旧compLexity)は国内戦に弱く、逆に世界大会ではパッとしないものの国内最強のiBPなどのトップチームだけではなく中堅チームにすら負けたりします。あとは基本的に脳筋AIMゴリラチームが多いのでその日のチームの調子の善し悪しに左右されて予想がしにくいからです。よっぽど予想に自信があるか、もう後が無いカイジ勢以外はスキップするか運試しのつもりで少額betにしておくのが失敗しないポイントです。
※C9はESEA予選の14試合中5試合負けています
esea_c9.png

・無名チーム同士の試合はスキップしよう
Loungeには有名なトップ~中堅チームの試合以外に地域予選などに出場している三流・無名チーム同士の試合も追加されたりします。そういう試合は基本的にスキップしましょう。というのも情報が少ないのでどうしてもギャンブル性が高くなってしまいます。ギャンブル依存症だったり毎試合betしないと死んじゃう病じゃない限りはスキップしておくのが良いと思います。

・oddsが70%を超えたら反対側にbetすることも考えよう
Loungeに出ているoddsは必ずしも正しい予想された数値だとは限りません。特にあまり情報を入手していない人たちがネームバリューや直近5試合程度の結果でbetしている場合は本来50/50くらいなのに80/20くらいに偏っている場合があります。特にトップチーム同士の試合やオンラインでは強いチームとの試合でこのような偏っているoddsになっている場合は安易にoddsが低い(%が高い)チームにbetするのではなく反対側にbetすることも検討すると良いかも知れません。その場合はoddsが高い(%が低い)ほうに価値の低いスキンをbetするごみ処理betがオススメです。

・大会の情報を入手してチームの本気度を計ろう
彼らもプロなので表立っては言いませんが、全大会全試合を100%でプレイしているわけではありません。大会によっては決勝戦までオンラインで完結する大会や優勝してももらえる賞金が少ない大会などがあります。また優勝すると次の大きな大会への出場権がもらえる大会などもありますがトップチームのいくつかは招待枠で出場出来たりするのでそこまで必死に出場権が欲しいわけではなかったりもします。他にはESECのようなエキシビションマッチ色が強い大会などもあります。つまり何がなんでも勝って賞金や出場権が欲しい中堅チームと勝っても勝たなくても困らないトップチームとの試合の場合、トップチーム側が手を抜いていたりするのでbetする際はそういうプレイをするチーム、選手なのかどうか調べておきましょう。またオンラインでは強いチームでもオフラインでは弱いチーム、その逆でオンラインでは弱いけどオフラインでは強いチームもあります。その試合がオンラインなのかオフラインなのかチェックしておくのも大事です。

続きを読む

テーマ : Counter-Strike: Global Offensive
ジャンル : オンラインゲーム

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク