【CS:GO】10分で分かるCEVO PUGSの遊び方

最近アメリカ人フレンドのmikeたちと遊ぶようになってcevoのpugsを使うようになりました。今回はcevo?pugs?なんじゃそりゃ?っていう人のために簡単な使い方の解説をしたいと思います。
CEVO-logo.png 


■CEVOって何?
CEVOは主にアメリカで展開してるゲームイベント組織のようなものでCS:GOの大会も主催しています。今回はそのCEVOが用意したクライアントとサーバーを使ってCS:GOで遊べるシステムを紹介します。

■pugsって何?

pugsとはPick Up Gamesの略で簡単に言うと適当に10人集まって野良しようぜっていう感じです。pugsにはMMの階級は関係ないので気軽にプレイ出来ます。

■CEVO pugsに参加する方法
pugsに参加するにはCEVOのアカウントとクライアントが必要なので登録方法とDL方法を説明したいと思います。
・まずはCEVOにアカウントを作ります。
CEVOの公式ページにアクセスしたら右上にある「MY CEVO」をクリックして「SIGN IN」を選びます。
CEVO2.png


するとアカウント登録欄が表示されるので左のRegister欄にメールアドレス、パスワード、ニックネームを入れて「REGISTER&SIGN IN」をクリックします。これでアカウント登録出来ました。
CEVO3.png


次にログインしたら画面左上に表示されている「Game IDs」を開いてCounter-Strike: Global Offensive Steam IDに自分のSteamIDを入力すればアカウントの準備はOKです。
CEVO8.png 

続きを読む

テーマ : Counter-Strike: Global Offensive
ジャンル : オンラインゲーム

【デバイス】CoolerMaster(CM STORM) ALCORの簡単レビュー

はい長らくおまたせしました。CoolerMaster(CM STORM)から発売されているゲーミングマウスのALCORを使ってみた上で簡単なレビューを書いてみたいと思います。
alcor.png

本文が長くなってしまうので結論から書くと「ダーマポイントDRTCM37を継承した日本人にも使いやすいIE3.0系クローンのマウス。クリックとセンサーに好き嫌いが出そう」といったところです。なんでそういう結論に至ったかは以下に書きます。

■パッケージ
パッケージはゲーミングマウスによくあるタイプの箱なのでナイフで丁寧にテープを切って開封します。
Picture 588 


中身はマウス本体と仕様などが書かれたリーフレットが一枚というシンプルな構成。
Picture 532 


■日本人にフィットするサイズ

ALCORは元々ダーマポイントのDRTCM37というマウスが元になっており、DRTCM37は日本人向けに開発されたマウスなので必然的にALCORも一般的に欧米人より小さいと言われる日本人の手にもフィットしやすいサイズになっています。手持ちのRival,Kinzu,EC2と比較してもEC2とさほど変わらないサイズなので手が小さい私は持ちやすかったです。
Picture 548Picture 549


Rival,EC2と並べて比較するとサイドの形状などの違いが分かると思います。
Picture 551Picture 550


普段使っている感じで持つとこうなります。すっぽり手で覆えるくらいのサイズなので扱いやすいです。重さもケーブル無しで80gとKizuzよりちょっと重い程度しかなく振り回すような使い方をしても疲れません。
Picture 544Picture 547


個人的に気になったのがサイドボタンの位置。Rivalだと親指が常に半分サイドボタンにかかっていていつでもクリックできたのですがALCORは親指の置いてある位置の少し上にあるのでサイドボタンを押すときにちょっと親指を動かさないといけません。しかもサイドボタンのクリックが若干甘いので常に指をかけておくと誤爆する可能性があります。サイドボタンを頻繁に使う人は要注意です。
Picture 543 

続きを読む

テーマ : Counter-Strike: Global Offensive
ジャンル : オンラインゲーム

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク