スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【CS:GO】10分で出来る初心者向けCS:GOの設定(2015/12/22改訂版)

※最新版の設定はこちらの記事
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【CS:GO】面倒くさがりでも出来る初心者向けCS:GOの設定(2017/7/1最新版)

最近セールで「Counter-Strike: Global Offensive(CS:GO)」を買った人が増えたせいか検索サイトで「CS:GO 設定」と検索してこのブログに来る人も増えたようなので改めて、誰でも出来る初心者向け設定を簡単に説明したいと思います。

設定時間は大体10分くらいです。すぐ出来るのでこの記事を開きながら一緒に設定しちゃいましょう。

■1.Steamを英語化させる
CS:GOを既に購入しているということはSteamをインストール済みだと思いますが、Steamを日本語設定にしている人は英語にしましょう。なぜ英語にするかというと、Steamを日本語にしているとサーバーなどから自動でファイルをダウンロードしたときなどに日本語と英語でフォルダが別れてしまい、正常にプレイ出来ない場合があるからです。そういうトラブルを避けるためにも英語がオススメです。

まずはSteamを起動したら左上のSteam>設定をクリック。設定ウィンドウが表示されたら左から3つ目のタブ"インターフェイス"を選んでSteamで使用する言語を"English(英語)"にします。するとSteamの再起動を促されるので再起動すればOKです。
bandicam 2013-12-10 17-59-28-437   

 bandicam 2013-12-10 17-59-06-986
※「英語にすると他のSteamのゲームまで英語になってしまって困る」という人は次のlaunch optionsの項目をチェックして下さい。


■2.launch options(起動設定)を設定する

Steamのゲームは起動前に予め設定を指定することが出来ます。CS:GOでも以下のようにlaunch optionsを設定します。
-console -freq 144 -tickrate 128 -nod3d9ex -noaafonts -processheap -novid -nojoy -high +exec autoexec

まずは赤文字部分をコピーします。(Steamを英語化する際にCS:GOだけ英語化したい人は-language englishも一緒にコピーして追加しましょう。) -freq 144の144の部分はモニターのリフレッシュレートを参考に設定してください。一般的なモニターは59~75Hz、ゲーミングモニターなら120~144Hzですので確認して変更します。

SteamのLIBRARYからCounter-Strike: Global Offensiveを右クリックして、Properties>GENERAL>SET LAUNCH OPTION...を選択します。
bandicam 2013-12-10 18-36-50-600 

表示されたらlaunch optionsウィンドウの入力欄に先ほどコピーしたものをペーストします。
これでlaunch optionsの設定はOKです。 
lp_steam.png

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。