スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーダーを見よう

レーダーはとても重要な情報を示しています。

CSOのレーダーは他のゲームに比べシンプルで緑色の背景に味方の位置が白い点で表示されるレーダーです。

表示されるのは味方の場所と高さ(TRであればC4の位置)だけなので、そこから多くの事を判断しなければなりません。

白い点がある場所は味方が制圧した安全な場所だと考えて下さい。味方が制圧したという事は敵がいないのでクリアリングする手間や歩く手間が省けます。そこから判断して敵がいる範囲を狭めていけます。逆に白い点が無い場所は敵がいるかもしれない場所です。そこでなにかの音がすればその音源は敵なので慎重に進む必要があります。

白い点が消えれば味方が死んだことになります。右側に表示されたキルログと照らし合わせ誰にどんな武器でやられたか見ましょう。その武器によって自分はどんな戦い方をするべきか考える判断材料になります。

白い点が点滅したときは投げモノを投げたかラジオチャットを発した時です。特にラジオチャットは注意しなければなりません。敵を発見した(Enemy spotted)や支援が必要だ(Need backup!)と発している場合は、点滅している点の付近に敵がいると思われます。逆に区域確保完了(Sector clear)や異常なし(Reporting in!)と発している場合は
その付近には敵がいないと思われます。

以上の事を踏まえて戦うと、次に自分が何をすべきか判断する事が出来て有利に戦う事が出来ます。
※野良ではVCやラジオチャットが使われない場合も少なくないのでレーダーは更に重要になって来ます。スタート直後は味方がどこを守りに(攻めに)行ったか見て少ない場所に行ったりすることも必要です。

更にMAPの理解とキルログに意識することによって更にレーダーを活用することが出来ます。
それはまた今度書くことにします。
関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。