どこを狙えばいいの?

敵に照準を合わせる動作をAiming(エイミング)略してAIM(エイム)と言います。

AIMが良い(=敵に狙いをつける動作がいい)等という使われ方を一般的にされています。CSOが他のゲームと違うのはただ単に狙って撃てばいいという的あての様なAIMゲームではなく、それ以上に立ち回りや考えて動くことが大切なゲームではあるが、AIMが悪ければせっかく相手の裏をかけても仕留めそこなってしまうのでやはりAIMも重要なポイントの一つである。AIMあってこその立ち回り。

ここで初心者が気をつけなければいけない事をいくつか説明しようと思う。


まずAIMの速度についてだけど、このブログの設定方法を読めばマウスの設定が分かるので先に設定を終わらせておく必要があります。センシ(=マウス感度)が自分のマウスの動かし方にあっていないとAIMは良くなりません。BOTを撃ちながら何度もセンシを変更し自分のマウスの動かし方に合うセンシを見つける必要があります。センシはその日の体調やメンタル、マウスやマウスパッド、PCの調子によっても変わってくるのでログインしたらとりあえずAIM調整のつもりでBOT撃ちをオススメします。

BOT撃ちはプロでもやっている人がいて、CSOでは簡単にBOT撃ちが出来るので是非やっておくべき練習の1つです。

オススメのBOT撃ちの設定の一つは
モード:BOTチームデスマッチ
MAP:ルーフトップorギャラリー
目標kill:100
時間:50
BOT人数:味方0/敵5
BOT難易度:簡単

これでウォーミングアップを兼ねてAIMを調整すると良いです。たまにAIM調整のBOT難易度を簡単以外でやっている人がいるけど、あくまでAIM“調整”が目的なので簡単でOKだと思います。

これでセンシを決めたら次にAIMの位置を覚える事が必要になります。よく初心者を観戦者視点で見ているとクロスヘアの位置が下を向いている人が何人もいます。私も未だに「クロスヘアが低い」と注意されるんですけど、下を向いていても良い事は全く無いです。その原因はFPSではなくTPSの俯瞰視点で見ようとするためにそうなる等言われているが不明...とにかく床を見つめていても床から敵が出てくる事はないので気をつけなければなりません。
aim03.jpg
この図ではクロスヘアが下を向いているが本来敵が出てくる場所は赤い丸の地点なので撃つのが遅れます。


ではどこを見ないといけないのか。それは敵の出てくる位置、そしてその敵の頭が出てくる位置を常に向いて動いていないといけません。これが出来れば後は敵が自分からクロスヘアに飛び込んで着た所をクリックするだけになります。

そのためには常にクロスヘアを自分が次に進む場所に動かしておく「先行AIM」をしなければなりません。よく進行方向正面を向いて進んでばかりいる人がいますが敵は道のド真ん中に急に出てくるわけないと思いませんか?
aim01.jpg

敵は曲がり角などから出てくる可能性が高いので自分が曲がり角の前にいる場合は真正面ではなく、曲がり角の先にクロスヘアを合わせる必要があります。その曲がり角の先から味方ではない足音がすればそこから敵が出てくる可能性が高いということです。
aim02.jpg

別に次に進む場所にクロスヘアを合わせなくても前には進めるため意外と忘れがちですが、意識して移動すると出会い頭で一発も撃てずに死ぬということは減らせるはずです。

次に頭の位置を狙う必要があります。威力の高い武器は頭に一発当てれば一撃で倒す事が出来るし、相手に撃たれる前にHS一発で倒せれば被ダメージを0に抑えることが出来る上に弾を節約する事が出来ます。また、相手に与える心理的ダメージも少なくありません。その為には相手の頭が出てくる位置を覚える必要があります。覚えるためにはそのMAPで繰り返しプレイするかBOT撃ちやdemoを見る等の方法があります。それと同時に敵が出てくる場所も覚える事が出来るのでその場所のどこにクロスヘアを合わせれば頭の位置になるのかに意識を置いてプレイすることをオススメします。

AIM強化の方法などはまた今度
関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク