大会の備忘録とか反省とか

今日JEM前半戦の試合が全て終わりました。

告知から登録、そして前半戦終了までにいろいろ問題があったの備忘録的な扱いとして運営を手伝ってる身として書いてみようと思います。あくまでも運営の中心はatlas君なのでこれは私個人の反省です。

まず大会コンセプトがSOFと違うことの周知活動が足りませんでした。
初心者でも気軽に参加出来る大会というのがこの大会のコンセプトの重要な柱ですが、もう一つのコンセプトとして試合の記録を残すというのがあります。

なので試合日やMAP選びなどは参加するチーム同士に任せているんだと思います。
これに関して一部の人から・・・といっても多くがTwitter上で空中リプを見つけてこちらから意見を求めた結果ですが、試合日程はともかくMAPくらいは指定してもいいんじゃないか?という意見を頂きました。

MAPによってチーム間の得意不得意が如実に出てしまうというのが理由の一つだと思うのですが、個人的には不得意なMAPを得意なMAPにするのもチームの力だと思っていました。その上、3つのリーグで使用出来るMAPを別けてあるのでそこまで有利不利が出るかなーと思ったんですが、やはりMAPくらいはこちら側で指定したほうが無難みたいです。IRC上で抽選するというのが一番ポピュラーかつ公平なのかな?これは第2シーズン以降考える必要がありそうです。

日程の指定はシーズンごとに進行していくという大会のシステム上、しなくても良いのではないかと思います。
第1シーズンですら人数不足で試合当日に棄権するチームがある(こちら側で試合日を指定したのではなくチーム同士で決めたのにも関わらず)ので、運営側で指定するのは難しそう。
ただチームの代表者がIRCにいなかったり試合日程を決める期日を守らなかったりというのも結構あるので、ここらへんはちゃんと告知していかないといけない。

所詮ネット上の付き合いなので連絡せずバックれても現実になんらかの実害が出るわけではないが・・・
多分atlas君が怒ってたのもこれが原因だと思う。

当然大会規約に書いてあることを読んで了承して参加していると思っていたら、リーグ割り当てやMAP選択、試合日程の調整などを理由に棄権しているチームもあったので、怒る理由も分からなくもない。
ちゃんと大会規約を読んで守ってるチームもあるのでそこら辺はちゃんとして欲しいと思ったけど、こちら側からもきめ細やかに連絡するなどもっと働きかけるべきでした。第2シーズン以降はココらへんを徹底しないとちゃんと守ってるチームにも失礼だし、初心者にも優しくないかなと思いました。

あとは引き分けについての問題ですね。
昨日あった試合で引き分けにするか延長戦をするかで少し揉めたみたいで、ルールではある程度曖昧にしていた部分が露見してしまいました。予定としてはチーム同士で円滑な交渉が出来るかと思っていましたので、第2シーズン以降は引き分けなら引き分け、延長戦をさせるならさせるの方がいいですね。延長戦設定の簡略化をするなら引き分けにした方が簡単だとは思いますが、ここも要検討だと思います。

運営による32bitかのSS検証やCustodiaの導入に関しては今のところしない方向で大丈夫だと思う。決して面倒だからとかではなく、そこら辺は参加者・・・ひいては日本のCSコミュニティを信頼しての結果、そうしているつもり。

ざっと上げられる問題点と反省点はこれくらいでしょうか。後半戦が今日から始まり第2シーズンの参加受付も同時に開始されるのでこれらの反省点をatlas君と話し合いながら活かしていきたいと思います。
関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク