CS:GOをやってみた

※2012/8/20追記
CS:GOの購入方法や設定方法などはこちらをどうぞ→カテゴリ【CS:GO】

最近またCS:GOのβキーが配布されたようだけど案の定私のとこには届いてなかった!!

製品版がでるまで待つか・・・と嘆いていたところ、なんとTidezika神という神様が私にβキーをプレゼントしてくれたのだ!!
kami.jpg

神はこの世に存在していた!!

本当にありがとうございます

ということで早速プレイした感想をCSOを2年、CS1.6を1年プレイしたやらかし勢の目線で簡単にまとめてみようと思う。

※あくまでもCS1.6と比べてのレビューです
ポイント①・・・グラフィック
bandicam 2012-05-23 02-25-09-788bandicam 2012-05-23 02-37-12-691
最新のソースエンジンを使っているというだけあって最近のFPSにも勝るにも劣らないレベルでグラフィックがキレイになっている。CODやBFのようなリアル感ではなくソースエンジン特有のリアル感だが、それでもCS1.6よりかは断然キレイなのでCS1.6のグラフィックを毛嫌いしていたユーザーにも受けそう。また一部のオブジェクトが動いたり破壊できたりするのでそれもまた新しい戦略の1つとして機能する可能性があるかも知れない。

ポイント②・・・UI
bandicam 2012-05-23 02-19-48-086bandicam 2012-05-23 02-36-19-947
CS1.6とは比べ物にならないほどUIは改善されていてここらへんはCS:SやほかのFPSのいい部分が踏襲されているように思える。初心者でもパッとみただけで設定や武器の購入などが出来るのはユーザー層拡大のためにも大切だと思える反面、CS1.6からプレイしている人には分かりにくいかもしれない。まだ細かい設定はいじっていないが普段bind設定で武器を購入している私にとって少し不便に感じた。レーダーも見やすくなっているが敵の位置がレーダー上に表示される親切仕様。スコアボードなども見やすくなっているのでeSPORTSとして観戦する際に便利だと思う

ポイント③・・・config
bandicam 2012-05-23 03-12-50-565bandicam 2012-05-23 03-13-07-416
CS1.6ではconfigによって弾の飛び方やリコイルの感覚が違うがCS:GOでも一応configの設定が出来る模様。海外のフォーラムなどではいくつかconfigがアップロードされていて、聞いた話によるとCS:Sのconfigでも大丈夫らしい。まだ検証していないのでこれからいろいろ試してみたいと思う。(CS:Sのconfigでもほとんど反映されたが全て反映されているかは正直分からなかった)

ポイント③・・・武器
bandicam 2012-05-23 02-36-14-820bandicam 2012-05-23 02-24-04-484
CS1.6よりいくつかの武器が増えていくつかの武器が減った。CODやBF3のようなアンロック要素はないようだが製品版でどうなるかは不明。武器も最近の武器が増えたりスキンが現行モデルになっているものもあった。にわかミリオタとしてはなんか気持ち悪いスキンであるがCS1.6のスキンも大概なのでしばらくすれば気にならないと思う。
CS1.6のようにプレイするつもりであれば今までのようにDEとM4、AK、FAMAS、GALIL、AWPがあれば十分。M4に関してはサイレンサーが装着出来ない、AWPはスコープ展開時に周りがピンボケしているような演出がされているので慣れが必要かもしれない。ちなみにクイックショットは出来なくはないがちゃんと真っ直ぐ飛んでいないときもある。リコイルはCS1.6に近い感じの武器もあるがまた別物と考えるべき。
ちなみに主要武器のリコイル画像はコチラ
M4A1のリコイル
AK-47のリコイル
FAMASのリコイル
GALILのリコイル
DEのリコイル
静止状態から一つの弾痕を目印にしてクイックショットをした様子

ポイント④・・・グレネード
bandicam 2012-05-23 02-25-45-494
ポイント③と多少被ってしまうが気になる部分があったので分けて書いてみる。まず1つしかもてないFBだがCS1.6のように回避できない。いつものように回避したつもりが"半白"状態にはならず残像を見せられた状態になる。投げる→後ろを向く→炸裂後に振り向くという動作をした場合、実際は後ろを向いているのに画面には振り向いたままの映像がクロスフェードしたように残っている。慣れれば普通に撃ちあえるのかも知れないが、FBの回避と反撃は一瞬なので難しそう。CS:Sの効果に近いのでCS:Sプレイヤーであればもう少し簡単かもしれないし、1個しか持てないので使い所がCS1.6より限定されるかも知れない。SGはCS1.6のSGとは比べ物にならないほど濃いので下を向いて透かして見ることは難しそう。ただ煙の中に入った場合陰が見えるのでSGを炊いて外からみていると中に入ってくる敵の姿は見ることが出来る。HEに関してはあまり感じなかったが挙動が違うので今までのつもりで投げても思ったところに飛ばないことが何度かあったので慣れが必要。モロトフとテルミット焼夷弾(?)はMAP上に小規模な火災を起すことが出来る武器でCS:GOが発表されたときにちょっとした話題になった。何度か使ってみたが燃焼時間が短いのでタイミングを見計らって投げないと意味を成さないかもしれない。それでも火の中に入るのは心理的にも躊躇するのでこれを使えば面白い戦術が広がりそうではある。デコイグレネードに関してはあんまり使い道がない…CS1.6であれば投げ物が見えた瞬間に避けるという動作が出来たがCS:GOだともっさりしているので避けれなくはないが積極的に使えそうな場面はなかった。少人数や設置後の駆け引きなどで使うと効果的かも知れない。
FBの残像①
FBの残像②
SGの濃さ
SGの中を通過する陰
AWPのスコープで覗いても見えないSG

ポイント⑤・・・操作性
キーボードの設定は概ねCS1.6の様に設定出来るので不便は感じなかった。ゲーム内での操作性は一言で言えば"もっさり"している。CS1.6はQuakeのようなスポーツ系ではないが、それに近い操作感があったと思う。それに対してCS:GOはどちらかというと最近のリアル系に近い感じがする。ソースエンジンなのでまんまCS:SやL4D2に近いイメージ。ただソースエンジン特有の地面を滑っている感じはそこまでしないのでそこは良かったと思う。ただやっぱりもう少しスピード感があっても良いとは個人的に思った。バニホ・ストレイフ・ハフバに関しては微妙・・・それっぽい動きは出来るには出来るがCS1.6と同じで動きではないと思う。そもそもその類いの操作は苦手なのでKzMAPなどが得意な人にやってもらうしかない。相変わらずストッピングは必要なので走り撃ちだと当たらないようにはなっていた。

実際のプレイ動画は一番下にあります。

ポイント⑥・・・ゲーム性
bandicam 2012-05-23 02-20-31-222
β版には4つのゲームモードがあったが底辺CS1.6プレイヤーとしてレビューを書くためにClassicモードをプレイした。(あまりマネーを気にせずに気軽に遊べるClassicカジュアルもある)マネーシステムに関してはほとんどCS1.6と同じだが武器の値段が変わっていたり、前述の通り増えた武器や持てる数の制限があるのでCS1.6とはまた違うマネー管理をする必要があると思う。試合時間は2分だったがフォルダを覗くとそれらしき設定のファイルがいくつかあったので設定で変更できそうな気がする。壁抜きも木のドアや箱であれば出来たが、CS1.6と同じようにMAPの壁を壁抜き出来るかはよく分からない。多分CS1.6のような「そこ撃ったらそこに当たるの?」っていう感じのは無くなってるように思えるが要検証。レーダーに敵の場所が反映されるのでフェイクや駆け引きがCS1.6とは別のものなりそう。逆に完全に相手に見えてないと思っていてもレーダーに写っていた…ということもありそうなので出来ればレーダーには反映されないほうが面白いとは思う。あとはそこまで気にならなかった。

ポイント⑦・・・MAP
bandicam 2012-05-23 02-47-51-635bandicam 2012-05-23 02-49-08-508
4MAPをプレイしてみたがどれもCS:Sに近い感じの雰囲気と作りだったがほとんど別物になっていた。infeに関してはかなり違ってきているので今までの投げ物や壁抜きが通用しない。もちろん同じ要領で使うことは出来るが使い方を変える必要がありそう。構造的に変更されてる部分も多いので今まで乗れなかったところに乗れたり乗れなかったりするのが新しい戦術の幅を広がらせてくれそうでもある。全体的にゴチャゴチャしている感があるのでCS1.6より敵の姿が見えにくいこともあった。解像度の設定を変えれば見えやすくなるのかは不明なので要検証だがあまり変わらなさそうでもある。

4MAPの画像はコチラ
de_dust2






de_inferno






de_nuke






de_train







まとめ
CS1.6のつもりでプレイすると不便に感じたりがっかりすることもあるが、新しいCS系のゲームとして遊ぶ分には十分だと思う。そもそもValveもCS1.6の後継として作ってるのではないと思うのでそこら辺を考えると妥当。ただCS1.6が世界大会のタイトルから消えてCS:GOが採用されようになるほどCS1.6のシンプルで奥深いゲーム性は完全に継承されていないのでそこのバランス取りは難しそうではある。Na`ViやFnaticなどCS1.6のプロチームがエキシビションマッチとして試合をしている様子がYoutubeなどで観ることが出来るが、やはり今一歩爽快感に欠ける気がしなくもない。敷居はぐっと低くなっているのでCSプレイヤーだけでなく他のFPSプレイヤーやFPSをしたことが無い人にもプレイしてもらえる環境にはなっている。またそこも敷居の低さとCS独特のゲーム性とのバランスだと思う。これからのバージョンアップと更なる発展に期待したい。

今回のレビューにあたって各陣営10分程度のde_dust2でプレイした動画をアップしてみた。

CS:GO de_dust2を底辺CS1.6プレイヤーがプレイ CT編


CS:GO de_dust2を底辺CS1.6プレイヤーがプレイ T編


BOTつえーよ・・・

武器のリコイルなどの特性やMAPの構造などについてはまた機会があれば動画化してみたいと思う。
最後にβキーをプレゼントしてくれたTidezika君本当にありがとうございました。
関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

ニコニコから

詳細なレビューありがとうございます!
http://www.youtube.com/watch?v=EGSfJx8n_VY
↑この動画によるとGOは左壁有利みたいなんですけど、ほんまかどうか調べてもらえませんか><

No title

CS1.6の奥深くいゲームシステムっていうけどそんなのただの思い出補正だからね

No title

こんなゲームならCoDとかでもいい気がするんだよねぇ
対人を重視したゲームとして、こういう路線はやめて欲しかったなぁ

No title

infe噴水たてられてるwwww

No title

トッポギ買うかうまい棒買えばM4にサイレンサー着けれますよ

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク