個人的に思うこと

個人的に思うことをブログで公開してる時点で、個人的ではなくなるんだけどちょっと思ったこと書きます。
ポエムじゃないよ♥

atlas君が企画・運営してたJEMだけどシーズン3は中止の方向で決まりました。
理由は単純でシーズン中の棄権・解散が多いからです。

棄権するチーム、解散するチームにも様々な事情があると思います。
試合の日を決めたのは良いけどどうしても外せない用事が出来てしまった。試合での反省会でメンバーとチームの方向性が違うことに気がついたetc...
棄権したチームに詳しい理由は聞いてないので(聞く権利がそもそもない)あくまで推測でしかないですが、いろいろ理由があって棄権したんだと思うのでとやかく言うつもりはさらさら無いし、咎めたりするつもりもありません。参加しているチームの多くは一緒に紅白戦や試合をしたことがあるプレイヤーがほとんどなのでそういう人達に文句を言ってやろう!なんて気はおきないです。


ただ残念だなぁとは思います。
今日本のCS1.6人口はIRCのチャンネルにJOINしている人数だけ見てもピーク時に400~500人がいいとこで普段は250人くらいです。IRCに入ってない人も大勢いると思いますがアクティブに試合している人たちは大体そんなもんでしょう。

数年前にはあった世界大会の日本予選もなくなり、国内の大会と呼べるものはLian主催のSOFだけになっています。
そのSOFも16回大会の開催時期が未定のままでいつ開催されるか、そもそも開催されるのかすら分からない状態です。CS1.6の醍醐味はなんといっても試合にあります。それもただ試合するだけでなく結果として残るということでプレイヤーの方々は日々練習をして腕を磨いているんだと思います。

私が企画したわけではないのでこれはあくまでも私の意見ですがJEMはそういう意味では試合結果を残す新しい場所として企画されました。atlas君はGREEDのために大会を開催したと言ってますけどそれはそれで十分すぎる動機だと思います。別にその動機がおかしいとは思えませんし、SOFがないからGREEDの練習した成果を試せる場所がない→じゃあ大会を開こうと言ってちゃんと企画しているのは素晴らしいと思います。

大会なので当然相手がいるわけですし、相手もわざわざ負けに来るわけではないので一緒になって切磋琢磨して盛り上がっていけると私は感じました。だから私はお手伝いさせて!とatlas君にお願いして、本来であれば社会人だったりもっと大会に時間を裂ける人がよかったであろうにも関わらず運営の手伝いをさせてくれました。

私はその点でatlas君に感謝しています。
私もCS1.6のプレイヤーとして海外のプロチームが解散したり、大会のタイトルから外されているのを見てCS1.6やばいな、どうなるんだろう・・・と思っているだけで何もしていない側の人間でした。そこにatlas君がCS1.6初心者向けWikiの編集を手伝わせてくれたり大会に関わらせてくれたことで改めて底辺CS1.6プレイヤーとして微々たる行動を示すことが出来たと思います。本当にatlas君には感謝しています。

少し話がそれてしまいましたが、大会に棄権が多いのはちょっと仕方ないことかなとも思うことがあります。
まず参加費をとっていないので気軽に参加出来る反面気軽に棄権することもできます。他にも賞品もないので別に棄権したとしても損することは一切ありません。こういう面で敷居が低いことというのは諸刃の剣でもあるのかと感じました。

また参加チームがそもそも少ないので試合数も少なく張り合いがないという感じもしました。やっぱり自分のチームと同じくらいの力量でいい試合が出来たほうがやる気につながると思います。そういう意味では参加チームが少ないことが棄権が多い理由になるのかもしれません。個人的にはシーズン2のリーグ分けに関して後悔することがありました。

後はこれは少し趣旨が違いますが、運営に嫌気が差して棄権するチームもあったかも知れません。atlas君も私もお世辞にも人格者とは言えないですしTwitterやその他の場所で散々人を煽ったりしていたのでそのことで大会自体を潰そうとしていた(していたというかTwitter上でつぶやいてただけ)人もいました。今回シーズン3の開催中止を受けてそれらの方々はほくそ笑んでいるでしょうが、残念ながらそういう人達の圧力で辞めたのはないということを断言しておきます。そもそも名前も知らない、どこの馬の骨かも分からない、というかCS1.6をプレイしているのかどうかも分からないような人達に言われたから辞めるのであれば最初から開催していません。

また話を元に戻します。

海外の大会でも棄権するチームがあることがあります。ただその場合は代わりのチームが参加するので大会の進行に影響は出ません。また大会期間中にチームとスポンサーの契約が切られる場合もありますが、ほとんど場合はそのままチームは出場し続けます。

よくモチベーションが下がった、モチベーションが下がったという話を聞きます。
CS1.6はオワコンだからモチベーションが下がった、コミュニティに嫌気が刺してモチベーションが下がったetc...CSを辞めていくような人がよく口にしますがプロを目指してるわけでもないのに何のモチベーションが下がるのか不思議に思うことが少なくありません。モチベーションが下がったというカッコイイ言葉ではなくただ「面倒になった」「なんかだるくなった」に置きかえても通じてしまう気がします。でも私がCSを初めてから見始めたSOFではそんなチームはなかったと思うので、大会が悪い・・・運営の不手際のせいかもしれません。

どちらにしてもしばらく国内の大会はないように思えます。最初にも書いたようにCS1.6の醍醐味は試合なので、各プレイヤーが練習してきた成果がどこかで発揮できるような環境になればいいなと願っています。

最後に
sabanna.jpg
関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク