スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CS1.6のconfig設定をもっと簡単に

※追記:2013/2/15のアップデートによりいくつかの設定が変更された為にこの記事で紹介しているツールでは設定できなくなりました。新しいツールが公開されているのでこちらのページを参考にしてください。
lurppis推奨設定に対応したCS1.6アップデート後の簡単設定ツール

先日Twitterを見ていたらmeiji_nyugyoさんのブログCFGMakerというとっても簡単にCS1.6のconfig設定が出来るツールが紹介されていた

俺が作った今日からはじめるCounter-Strike1.6なんて見なくてもこれがあれば一瞬で設定が終わるぞ!!

なんという神ツールを紹介して下さっているんだ!!

ただmeiji_nyugyoさんも言ってたように出るのが2年くらい遅かった気がする。
CSOがサービス開始されたあと、CSってゲームが面白い!!ってなったときにこういう便利なものがあればもっと人は増えていたかもしれない(´・ω・`)時すでにお寿司。

ダウンロードはここから
CFG's
csgdl.jpg

使い方はとっても簡単なのですぐ分かるとおもいますが、どうしても分からない方は続きを読むから
英語で書いてあるので英語よめねーよバカ!って人のためにどうすれば良いか簡単に説明してみる。
まずダウンロードしたファイルを解凍してCFGMaker v1.1を起動する。

起動画面はこちら
cfg01.jpg

手順1・・・userconfigの設定
cfg02.jpg
①プレイヤーネームの変更
②武器を持つ手が左手か右手かの変更
③武器購入メニューをテキスト式の古いものかマウスで選ぶVGUI式にするか
④レーダーを半透明にするか Translucentにすると半透明
⑤スモークの描写度合いをどうするか
⑥回線速度などの情報を出すか、またどこに表示するか
⑦ゲームの音量の変更
⑧スコープを覗いたときのズームセンシの変更
⑨ゲーム内センシの変更 ゲームのoptionで設定するより正確に変更出来る
⑩今持ってる武器より強い武器が落ちているときに自動で拾うか
⑪マウスクリックなしで武器の持ち替え出来るようにするか
⑫最低限のCS設定をするか ※これは必ずチェックを入れておかないとCSがカクカクのままです
⑬FPSを微調整する 低スペックPCでCSがまともに動かない人向け。大会で禁止されてる数値まで変更するので注意。
⑭左上にfpsの数値を表示するか
⑮レティクルのあったプレイヤーの名前をセンターに表示するか
⑯レティクルのサイズの変更
⑰レティクルの色の変更
⑱色見本からレティクルの色を選ぶ
⑲レティクルを半透明にするか
⑳移動時にレティクルが開閉するダイナミッククロスヘアをONにするか
㉑ラジオチャットなどの色を変更する

手順2・・・lunchoptionの設定
左のGeneralタブの下にあるlunchoptionタブを選びましょう
cfg03.jpg
①マウス加速をOFFにするか チェックを入れるとOFF
②フルスクリーンモードにするかウィンドウモードにするか
③モニターのリフレッシュレート設定 普通のモニターであれば60hz 解像度を変えれば75hzまで ゲーミングモニターは120hz
④DirectXのバージョン チェックは入れなくても関係ないと思う
⑤レンダリングをOpenGLにするかD3Dにするか 低スペの人はD3Dのほうが良いけどOpenGLのほうが集弾率は良い
⑥解像度の設定 解像度についてはCS 解像度の設定
⑦32bitか16bitか ※必ず32bitにすること
⑧CSに割り当てるメモリの量 512mbで問題ないと思う
⑨文字のアンチエイリアスをOFFにする  アンチエイリアスとは
⑩ユーザ データグラム プロトコルをOFFにする なんの効果があるかわからない/(^o^)\から触らない
⑪IPX/SPX通信プロトコルをOFFにする? 上に同じく触らない
⑫ジョイスティックのサポートをOFFにする
⑬ここに書き出されたlunchoptionをコピーしてsteamのlunchoptionにペースト

手順3・・・買い物bindの設定
lunchoptionの下のBuy bindsを選択する
cfg04.jpg
①割り当てるキーを決める (ただし画像にあるようにテンキーの1を選択してもendキーになってるのでちゃんと反映されてるか要確認) もしこれ以外のキーに割り当てたければWikiを参照
②買いたい武器を選ぶ
③configに書きだすか
④bindの確認 個別にここからコピペすることも出来る

手順4・・・保存
最後にPreview&saveで設定が反映されてるか確認してOKであれば右下のSave userconfig.cfgを選択
cfg06.jpg

参照から"C:\Program files\steam\steamapps\*スチームアカウント名*\counter-strike\cstrike\"と辿っていってcstrikeフォルダにSave configすれば全ての設定が完了!!
cfg05.jpg

なんと簡単なんでしょう・・・
configとuserconfigは別じゃないの?と思う人がいますがconfigのなかにはconfigよりuserconfigを優先させて読み込ませるコマンドが書いてあるのでぶっちゃけuserconfigに必要なことを全て書いておけば問題ありません。
ただゲーム中にoptionから名前やレティクルのサイズ、マウスセンシを変更してもuserconfigが変更されるわけではないので一度CSを終了させてしまうとoptionから設定したものは元に戻ってしまいます。もし設定を変更したい場合はoptionからではなくこのツールを使って同じように変更するか、userconfigをメモ帳で開いて個別に書き換えて下さい。

meiji_nyugyoさんがブログに書いていなかったら完全に空気でした・・・本当に感謝しなければ。

※追記:2013/2/15のアップデートによりいくつかの設定が変更された為にこの記事で紹介しているツールでは設定できなくなりました。新しいツールが公開されているのでこちらのページを参考にしてください。
lurppis推奨設定に対応したCS1.6アップデート後の簡単設定ツール
関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。