スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芋るな危険

オリジナル部屋で初心者が強制退場される理由の1つが「芋」なんじゃなかろうか。

まず「芋」ってなんだろうか?

元々の意味はBattleField1942と呼ばれるFPSにおいてスナイパーが伏せた状態でモゾモゾと地面を這うように動く様子が芋虫のようなのでそう呼ばれるようになったらしい。CSOでは伏せることは出来ないので戦況に関わらず一定の場所に籠り続けているプレイヤーの事を「芋」もしくは「糞キャンパー」などと呼んでいることが多いです。
芋がなぜ嫌われるのかと言うと、単純にチームの勝利に貢献しないからだと思う。更に比較的テンポの良い試合が好まれる野良であれば無駄に時間を引き延ばすだけで味方だけでなく敵もイラつかせる原因になっちゃう。

それじゃあどんどん前に突っ込めばいいのか?
CSOではCTが守る側、TRが攻める側になっています。CTは設置される場所が最初から決まっているので、そこの近くで待っていれば敵の方からやって来ます。しかもTRはどこに敵がいるか探しながら攻めないといけないのに対してCTは敵が来る場所がある程度決まっているのでそこにだけ注意しておけば良いはずです。つまり待ち伏せしている方が圧倒的に有利な試合展開が出来ます。

でもどこでもここでも待ち伏せしてれば良いってもんじゃありません。場所とタイミングを考えながら待ち伏せをしないと「キャンプ」ではなく「芋」になっちゃいます。


sakasita.jpg

sakasita02.jpg

sakasita03.jpg

sakasita04.jpg

sakasita05.jpg

de_dust2だと意味も無く赤で囲んだ場所にいるプレイヤーを良く見ます。それが意味のある待ち伏せなら良いんですが、大半が意味のない糞キャンプじゃないかと思います。特に来そうもない敵を待っているキャンプほど意味の無いものは無いんじゃないでしょうか?

CSOに少し慣れて状況が把握できるようになって、そろそろ敵がきそうだな...こっちに敵が来るな...という予測が出来るようになるまではキャンプは避けるべきです。それよりも慣れるまでは積極的に前に出て敵が隠れている場所や敵に遭遇する場所を覚えながら戦った方が勉強になるんじゃないかと思います。そこから学んだことを生かして待ち伏せすることによって初めて有効なキャンプが出来ます。それまでは常に先頭を進む気持ちで攻めていった方が上手くなります。

関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。