スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不戦勝について

※まず最初にここに書いてあるのはMamE個人としての意見です。チームの総意やメンバーの意見ということではない事をまず最初に断っておきます。


既にご存じの方も多いと思いますが、AEC2012の国内予選でLCCはUNITEDに不戦勝で勝利しました。このことについてネット上では様々なコメントが飛び交っており、私も個人の意見としていくつかつぶやきましたが、文字数制限があるので、こちらのほうでちゃんと書きたいと思います。まずは客観的なことから書いて最後に個人的なことを書きます。

結論
7/22 21:00~からのLa Cosanostra Cat vs. UNiTEDですが、UNITED側の選手1名が試合開始時刻までに揃いませんでした。そこでUNITED側から5-4で試合しませんかという提案があり、ルール上ではこちらが承認すれば、5-4で試合を開始することが可能でしたが、提案を拒否したためにUNITEDは失格となり、Bo3の内(2-0)でLCCが不戦勝となりました。

結果
aeckekka01.jpg

LCCは2勝0敗になりUNITEDは2勝1敗になりました。このグループは28日にImbalance v La Cosanostra Cat戦があります。仮にLCCが勝った場合、UNITEDは2勝1敗でプレーオフ出場確定。もしLCCが負ければ3チームが2勝1敗で並ぶので恐らく試合の取得ラウンドまたはKD数で計算されると思います。※要ルール確認

これが今回の結論と結果です。これ以降は経緯と個人的な想いについて書こうと想います。

正直LCCも試合開始時間の20分くらい前まで人数が揃ってませんでした。11人登録していてもあと1人足りないということで、LINEやIRC、VCで呼びかけてなんとか集めようとしてました。もし集まらなければUNITED側に頼み込んで時間をズラしてもらおうか、日程を変えてもらおうかと思っていましたが、時間や日程を変えてもメンバーが揃うという確証はなかったので、最悪の場合棄権するしかないと思っていました。ただ棄権するということは大会の運営をはじめUNITED側、実況配信をする方々や試合を楽しみにしてる人を裏切る行為になるので、どうしようかとかなり悩んでいました。

そこに、メンバーの一人が私用をキャンセルして駆けつけてくれたので5人揃って試合に望めるようになりました。5人揃ってからは急いでカストディアの準備をし、試合鯖にJOINして「よし相手はUNITEDだ!!頑張るぞ!!」少なくとも私はそう思っていました。

21:00を少し過ぎてからbarusaさんからIRCでメッセージが来ました。その直前にbarusaさんはTwitterで「試合前なのに面子が足りない」という旨のつぶやきをしていたので、時間ズラして欲しいというメッセージかなと思っていましたが、実際は大変失礼なお願いだと思いますが、という前置きはありましたが「4-5でお願いできませんか?」ということでした。その瞬間私は「え?」と驚いたと同時に「あーそういうことか・・・」と萎えました。

IRCでこちらもメンバーをギリギリ揃えたばかりか、家族との用事があるのに時間に間に合うように帰ってきてくれたメンバー、仕事があるのにスケジュールを開けて試合に望んでるメンバーや私用を急遽キャンセルして来てくれたメンバーがいるのに、「4-5で試合する」という気持ちにはなれないことを伝えました。

その後、sionさんからIRCで謝罪のメッセージが来た後に、試合に出る予定がなかったのにも関わらず今回のことを聞いて駆けつけてくれたsironekoさんがsionさんとの対応に当たってくださいました。

その間、IRCの試合用チャンネルでの話し合いや告知よりも先に、Ustreamのチャットで二回戦からやるかもしれないという公式からのアナウンスがあったことを知り、再びsironekoさんがsionさんと運営を交えて話し合い。その後はsironekoさんがツイートしたように二回戦からの試合はルール上もLCC側も認められないということで、このまま不戦勝になりました。

そのあとTwitterやSteamチャットなどで、今回の件で好意的な(応援や、励まし、気にするなよ)というメッセージもいただきましたが、なんでLCCは4-5でやらなかったのか?二回戦からでもやって欲しいというメッセージも目にしました。

後半の交渉に当たったのはsironekoさんですが、最初の4-5を承諾しなかったのと、最終的にチームの意見として二回戦もしなかった個人的な理由を書きます。

まず最初に4-5を承諾しなかった大きな理由は「萎えた」ことです。
Twitterや配信で何度かコメントしましたが、今回私はこの試合を一番楽しみにしていました。LCCはこの試合の他にImbalanceとの試合もありましたが、グループ分けの時点でImbalance戦に勝てばプレーオフ出場もありうるのでUNITED戦は正直捨て試合でImbalance戦が一番大事だと個人的に思っていました。

UNITEDが現時点で日本最強のチームであることは誰もがわかっていることで、私も重々承知していました。野良試合で何度かやったときでもボコボコにされました。それでも私はUNITED戦が楽しみでした。大会という場でUNITEDという強いチームと試合が出来る。CSを始めて2年間くらいで練習したことを試せる場所が出来た、16-0で負けようとも、何が何でも1KILLしてやる、撃ち勝てなくてもどうにかして自分の練習してきたことを試してやると思っていました。ここ一ヶ月間はプロのdemo見て試合で試して、自分のdemo見て反省して、またプロのdemo見て試合してというごく普通のプロセスがとても楽しくて、チームが負けても練習したことが出来たら、それだけでやっててよかったなと思っていました。

また、UNITEDのメンバーを個人的に尊敬していました。私がCSOを始めてしばらくしたとき当時のチームメンバーから教えてもらったXrayNさんの配信をみて、CSってこんなに面白いんだ!!XrayNさんすげぇー!!ってなって、XrayNさんの所属していたVVも応援していました。そこで知ったbarusaさんの配信や講座などを見てbarusaさんもプレイヤーとして尊敬出来る一人になり、2011年くらいにあったSAのイベントにSAをプレイしたことがないのに、barusaさんがRazerのお手伝いで顔を出すということでイベントに行ってサインをもらいにいったこともありました。barusaさんがGREEDで新人育成をすると聞けば、勝手に動画作って応援したり、GREEDが大会に出ると聞けば他のどのチームよりも期待していました。barusaさん以外でのUNITEDメンバーもプレイヤーとして尊敬している人ばかりで、そういう人達と試合出来るのがものすごく楽しみでした。

そういう想いがあったのでbarusaさんからのお願いの第一声が「時間をズラして欲しい」や「日程を変えて欲しい」ではなく、「4-5で試合をお願いできませんか?」というのに、いろいろ残念な気持ちになりました。IRCのログは公開しませんが、barusaさんは「大変失礼なお願いだと思います」という風に書いてあったので、他意があったようには思いませんが、個人的にはその時点でもう試合する気持ちじゃなくなってました。

正直4-5で試合しても勝てる相手ではないと思いますが、仮に勝った場合「相手4人だったし勝って当たり前だよね」という流れになると思いますし、負けたら負けたで「相手4人でも負けるのかよ」という流れになるのは明らかでした。単純にメリット・デメリットで考えても良い事はありませんでした。

そういうのもあって「4-5で試合をする」というお願いは丁重にお断りさせて頂いたので、LCCの不戦勝という形になりました。

そこの後、UNITED側のツイートやrappy選手の引退などいろいろありましたが、本来はそこで終わりでした。後は冒頭の結果に書いたようにUNITEDは残ったLCCとImbalanceの試合結果でプレーオフ出場出来るか出来ないか決まるというはずでした。

しかし、そこでなぜか公式Ustream配信のほうで、コチラ側に全くの連絡のないままに二回戦があるかもしれないというコメントが大会公式のほうからありました。私はそれをTwitterでコピペした人の流れで知ったのですが驚きでした。LCC側になんの打診や相談もなく、なぜ二回戦あるかもしれないという話になるのか不思議でした。

その後先程にも書いたようにsironekoさんとsionさん大会運営の人で話し合い、二回戦はしないということで終わりました。

UNITED側がどれだけの想いでこの大会に望んでいたかは私もある程度は知っています、メンバーのTwitterやブログ、配信などで意気込みを聞けばそれくらいはわかります。だからたまたま一人遅れただけで1敗になり、もしかしたらプレーオフ出場出来ないかもしれないという状況になるのは困るという気持ちもわかります。

ただ、だからといって、ルールをねじ曲げて二回戦から再開するのはおかしいと思いました。ルール上は相手が4-5で試合をするのを拒否した時点で試合は失格、不戦勝になります。このルールは運営さんにも確認しましたし、sionさんも運営さんもそのように認識していました。それを特例で二回戦を認めるというのはおかしな話ではないでしょうか。私は4dNが復活して既に参加申込み期限が過ぎたAECに参加するという噂(呼びかけ人がどう思ってたかは知らないが)を聞いたとき、それが認められるならルールなんてあってないようなものではないかとツイートしました。もし仮に認められるなら試合中にシールド買って遊んでやろうかとも正直思いました。esportsと銘打った大会でありながらスポーツがスポーツである根本的な概念であるルールを無視するというのはあってはならないことなんです。

だから二回戦から再開するのは嫌だとsironekoさんに伝えました。

また、仮に二回戦から再開しても一回途切れてしまった気持ちを再び試合のテンションに戻すのは無理でした。もう「4-5でお願いできませんか?」の時点で切れてしまった気持ちのまま試合してもやる気なんてひとつもでないし、かりに再開しても毎ラウンド裸でどっかつっこんで適当に死んで、それで味方に文句言われようがなにされようがどうでもいい気持ちになっていました。それくらいの気持ちで試合に望んでいたし、それくらいショックは大きかったし残念な気持ちでいっぱいになりました。

ただ、barusaさんたちには迷惑を掛けてしまったという気持ちもあります。先程にも書いたようにbarusaさんとは何度かイベントで会ってお話させて頂いたし、プレイヤーとして尊敬している1人です。rappyさんがCSを引退するというつぶやきに対して辞めないで!!というコメントも裏を返せば「LCCが試合してあげてればrappyさんはCS引退しないで済む」という風に捉えました。この話が終わったあともしばらくアイ・カフェにいましたが、正直CSとか大会とかどうでも良くなっていました。どうせ次の試合、仮にプレーオフ出場出来たらまだ試合ありますが、11人も登録してるので他の強い人が出れば良いや。私はもうチームメイトを応援するだけで満足、そんな風に考えるようになりました。

すこし時間をあけて、周りから次の試合頑張ってとか応援してますとかそういうメッセージを受けたので、だいぶマシになりましたが、未だにsionさんに対する批判コメントは目につきます。そういうコメントを見る度に「あ、試合続行させてればこういう結果にはならなかったのかな・・・」という気持ちになります。sionさんからはIRCで直接謝罪のメッセージがあったので、個人的にはもう終わったことです。個人的に終わったことですし、LCCは次の試合に負けるとプレーオフ出場が微妙になるので、終わったことであーだこーだなるのも面倒です。UNITEDもプレーオフ出場出来ないのが確定したわけではないので次の試合に向けていろいろすることがあるでしょう。だから時間に間に合わなかったsionさんや4-5での試合と二回戦からの再開にいろいろ言いたいことがある人もいると思いますが、今は試合に集中出来るような環境にしてあげて下さい。モヤモヤしながらする試合は16-0で負ける試合よりつまらないです。

ImbalanceもLCC戦に勝てばチャンスは広がるのでガチでくると思います。当然LCCも負けられないので熱い試合になると思います。

いろいろあると思いますが7/28 21:00から試合があるので、是非応援してあげてください。

最後に全て私個人の意見なので、もしそれでもなにかあるのであればIRCかTwitterで言いに来て下さい。そのときに自分がどの立場の人間であるか言ってくれれば納得のしてもらえる回答が出来ると思います。それ以外はなんの意図があってそういう事を言っているのか計りかねますのでご了承下さい。

ということで28日の試合に向けて頑張るぞ!!
go LCC go!!
関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

がんばれ

No title

4-5でも 試合しろ 言い訳チキン

No title

そんなことより、ローソンのLチキおいしいですよね

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。