スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DEMOは教科書(demoの再生・見方)

配信中にリスナーさんから「DEMOってどうやって見るの?」ってコメントがあったので、DEMOの再生方法とDEMOのどこを見ればいいのか2つの意味でちょっと書いてみようと思います。

まずDEMOってなんぞや?という話から。
CS1.6にはDEMO録画機能が標準でついているので自分のプレイを録画して後で見直すことが出来ます。自分のDEMOを見れば試合の反省もできるし、4KILL5KILLシーンがあればそこからフラグムービーを作る…ってことも出来ます。

DEMOには2種類あってPOVとHLTVがあります。簡単に説明すると、POVは完全にそのプレイヤーのプレイ画面を録画したもので、他のプレイヤーや三人称視点などに出来ない代わりにレーダーやマネーなどのHUDは表示されたままになっています。HLTVはプレイするサーバーにHLTVというソフトを入れることで録画したもので、全てのプレイヤーのプレイと三人称、オーバービューなど様々な角度から観ることが出来ますがHUDは表示されません。

POVの録画方法は簡単でコンソールに record xxx(xxxはdemoの名前)と打つだけです。録画を終了したい時はコンソールに stop で停止されます。録画したDEMOは"C:\Program files\steam\steamapps\*スチームアカウント名*\counter-strike\cstrikeの中にxxx.demという形で保存されています。

HLTVの録画方法はいろいろと面倒なので今回は省きます。Googleなどで「HLTV 導入」とかで検索すればHITするので、自分でいろいろ設CSやPC設定を弄れる人は試してみて下さい。

録画したDEMOを再生したいときは様々な方法がありますが、一番メジャーで便利なのはcoldemoplayerというDEMO再生ツールを使うことです。

compLexity Demo Player 1.1.13 Installer
demosaisei.jpg


ダウンロードしたら出てきた画面のNEXTを押していけばインストールは完了します。Version: 1.1.13が現在のところ最新版ですがもしアップデートのお知らせが出たらアップデートしてください。

起動したらSteamとhl.exeの場所を指定します。hl.exeは"C:\Program files\steam\steamapps\*スチームアカウント名*\counter-strikeの中にあります。
coldemo01.jpg


インストールが終われば後はDEMOを用意して再生するだけです。
左のウィンドウから再生したいdemoが入っているフォルダを選択して、右上のウィンドウでフォルダの中のdemoを選択します。そしたら真ん中したのviewdemoにチェックを入れて、playをクリックすればCSが起動してDEMOが再生されます。後は自分のDEMOを見て反省するもよし、プロのDEMOを見て研究するもよし。
coldemo02.jpg

プロのDEMOはHLTV.orgからダウンロード出来ます。Demo sectionがHLTV、POV demo sectionからはPOVをダウンロード出来ます。

hltvdemo01.jpg


*オマケ*
coldemoplayerをもっと便利に使うのであれば、こちらの記事を参考にして下さい。
CSのdemo見る時に便利なconfig組んでみました
次に「DEMOのどこを見ればいいのか」という話。ここから書くのは私にCSを教えてくれた方々が言ってたことや、様々なブログなどで紹介されてたことを分かりやすく説明したいと思います。

最初のうちはDEMOを見るキッカケ作りとして、有名な大会の決勝戦だとか、好きなチーム、好きなプレイヤーのDEMOを見てみましょう。おぉ!今のラッシュ止めすげぇ!!とか今の壁抜きかっけぇ!!とかでも良いです。

DEMOを見るのに慣れたら、一歩進んでいろいろ考えながら見てみると面白いです。勝負の仕方や撃ち方をみるならPOVを、配置や作戦をみるならHLTVがオススメです。

まずは自分が試合で守っているポジション、自分が攻めているポジションと同じプレイヤーのPOVを見て、動きをそっくりそのまま真似してみましょう。投げ物や壁抜き、強いポジションでの待ちや敵との勝負の仕方など真似すべきものはたくさんあると思います。特に強いポジションでの待ち方や勝負の仕方などは要チェックです。CSにはバニーホップや決め撃ちなどいくつかの勝負の仕方があります。プロがどのような状況でどんな勝負の仕方をしているのかチェックしてみましょう。そのときAIMを置いている位置も一緒に見てみるといい感じです。

もし試合をしていてPOVの真似をしていたときPOVの通りに上手く成功したとき、真似をしたのに失敗することがあると思います。成功したときはなぜ成功したのか、失敗したときはなぜ失敗したのか考えてみると次に生かせます。またラウンドを生き残る選手や少人数戦で強いプレイヤーのPOVは見ていて面白いです。自分のポジションではなくてもそういう選手の動き方というのは勉強になります。撃ち合いのときにどんな動き方をしているのかとか、少人数戦…特に1on3くらいのときにどの順番で1on1の状況に持ち込んでいるのか。Na`Viのceh9,Zeus選手、SKのGaT_RiGhT,face選手、fnaticのgux,moddii選手、ESCのNEO,Taz選手などがDEMO数も豊富でオススメです。

ポジションの守り方や作戦、チームの動き方を見るならHLTVを見ましょう。まずは自分の守っているポジションの選手の視点で見て、投げ物や壁抜きをチェックします。そのときにそのアクションの時間も一緒にチェックしておきましょう。たまに敵がいるはずもない時間や場所に投げ物や壁抜きをしている人がいますが、そういうことを防げるようになります。また、見たことがない投げ物や壁抜きがあれば三人称視点や相手の視点に移動してどのように食らうのか確認してみましょう。相手のAIMが強ければ強いほど投げ物が重要になってきます。見たことがない投げ物、特に返しのFBの使い方などはすぐ真似出来るのでどんどん取り入れてみましょう。

自分と同じポジションにいるプレイヤーが一見危険なポジションにいたら、周りの味方のポジションとどこを見ているかもチェックしてみましょう。ポイントによっては不可避FBや痛い壁抜きがあるので、それを避けるために定番ポジションから外したポイントで守っていることがあります。そのときに味方とどのようにカバーし合っているのかチェックしておけばチームで真似することが出来ます。それを試合で試してみて成功するとき失敗するときがあると思います。失敗したときに何が原因で失敗したのか考えてみて、その配置のメリットデメリットを理解して、チームでいくつかの配置パターンを持てば、その場の状況に応じた配置を取ることが出来ます。

三人称が見れるのでカバーの仕方もチェックしましょう。相手がいるところへ勝負する際の先頭の勝負の仕方と後続のカバーの仕方がポイントです。ただ単純に一緒に撃つのではなく、投げ物でカバーしているのか、先頭がジャンプで囮になって後続が勝負するのか、はたまた挟まれないように後ろを見ているのかetc...勝負の仕方同様にカバーの仕方にも様々な種類があるので、チェックしてレパートリーを増やしておきましょう。POVでも見れますけど、全体的な動きとしてのカバーはHLTVの方がチェックが楽です。

後は作戦をパクってみましょう。特にラッシュや挟みのときの投げ物やフェイクの掛け方は要チェックです。最初は作戦を丸パクリしてみて使ってみましょう。チーム全員で共有する必要がありますが、実際に試合で使ってみて失敗したら、なぜ失敗したか考えます。相手がその作戦の対処法を知っていただとかetc...。作戦も先ほどのポジションと同じでメリットデメリットがあります。慣れてきたらどの作戦が相手のどの配置や作戦に強くて、どの作戦に弱いか確認しておくと、試合中にイレギュラーなことがあっても対応出来るようになると思います。

まとめ
まずはPOVを見てプロの勝負の仕方や撃ち方を真似る。次にHLTVで配置やカバーの仕方を確認する。配置も2人くらいでどうにかなる問題ではないので、出来ればチームで見るか、HLTVを見た人がチームの人に知識を共有すると良いと思います。んで一番大事なのはプロの真似をして成功したときと失敗したときの原因をちゃんと理解しておくことです。出来れば自分の試合のDEMOと比較してみると分かりやすいと思います。ただ真似をしている段階ではたまたま成功しただけで、次にまた同じように成功するとは限りません。逆に失敗したからといってそれが使えないのではなく、原因がわかっていれば次に成功させれますし相手が使ってきた時に対策をすることが出来ます。

ということでいろんな人のDEMOの見方があると思いますけど、私が思いつくポイントはこれくらいです。DEMO見るのにも実際に試合をするのと同じくらい時間が必要です。最初のウチはDEMOをただ見るだけでも良いですけど、もしDEMOを見るのに慣れたら、ココに書いてあることを少し思い出しながら見てみて下さい。

ってことで終わり!!
正直俺みたいなNoobがこんなこと偉そうに書く事じゃないけどなwww

あとDEMOより先にAIMあげろって人もいますけど、AIMなんてものは今日BOT撃ち3000体してDM3時間やったらかといって急に上がるもんじゃなくて毎日の積み重ねなので、DEMO見て真似した方が即効性はあります。とくに大会前に焦ってAIMがーとか論外です。そんなその日の調子や相手に左右されるものに一喜一憂するより動き方を身につけたほうが楽だとは思いませんか?
関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> demoを入れたフォルダを開こうとするとcompLexity Dmo Player encountered an error とでてきてOKをおして中を見てもdemoがありません。どうやら自分で撮った自分自身のデモは見れているよう
> なのですがHLTVでおとしてきたpov も HLTVもどっちも同じ現象がおきます。
> どうしたらいいですか??
> ちなみにちゃんと解凍などはできてます

そのdemoはCS1.6のdemoですか?もしかしたらCS:GOのdemoではありませんか?

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼メニュー
TwitterページへYouTubeチャンネルへニコニコ生放送へTwitchチャンネルへRSSフィードへ
プロフィールページへ
プレイ環境

CS1.6とは
CS1.6を購入
CS1.6を設定
初心者向けページへ

連絡先へ

▼ブログカテゴリ
▼人気記事ランキング
▼Amazon
コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア
コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア [字幕版]
ワールド・ゲームズ・マガジン・ジャパン【WORLD GAMES MAGAZINE JAPAN】  
ワールド・ゲームズ・マガジン・ジャパン
勝ち続ける意志力 梅原 大吾(著)
勝ち続ける意志力 梅原 大吾
BenQ 27.0型LCD LEDワイドモニター XL2720Z
BenQ 27型ゲーミングディスプレイXL2720T
BenQ 24型LCDワイドモニター XL2420TE
BenQ 24.0型LCD LEDワイドモニター XL2420Z
BenQ 24.0型LCD LEDワイドモニター XL2411Z
BenQ 24型LCD LEDワイドモニター XL2411Z
iiyama 24型ワイド液晶ゲーミングディスプレイ GB2488HSU-B1
iiyama 24型ワイド液晶ゲーミングディスプレイ GB2488HSU-B1
iiyama 144Hz駆動 27型インチProLite G2773HS-GB2
iiyama 144Hz駆動 27型インチProLite G2773HS-GB2
ASUS VGシリーズ VG248QE 144Hz駆動24インチ液晶ディスプレイ VG248QE
ASUS 144Hz駆動24インチ液晶ディスプレイ VG248QE
PHILIPS 24型ワイドゲーミングディスプレイ 242G5DJEB/11
PHILIPS 24型ワイドゲーミングディスプレイ 242G5DJEB/11
Microsoft IntelliMouse Explorer 3.0
マイクロソフト オプティカル マウス IntelliMouse Explorer 3.0
SteelSeries Rival Optical Mouse
SteelSeries Rival Optical Mouse
Razer DeathAdder 2015 Chroma
Razer DeathAdder 2015 Chroma
ZOWIE GEAR ゲーミング マウス EC2 EVO CL  
ZOWIE GEAR EC2 EVO CL
CM Storm ALCOR Gaming Mouse
CM Storm ALCOR Gaming Mouse
CORSAIR Raptor M30 Gaming Mouse
CORSAIR Raptor M30 Gaming Mouse
SteelSeries Sensei RAW Frost Blue
SteelSeries Sensei RAW Frost Blue
SteelSeries Kana v2 Black
SteelSeries Kana v2 Black
ROCCAT Kone Pure Optical
ROCCAT Kone Pure Optical
SENNHEISER オープンエアー型ゲーミングヘッドセット G4ME ONE
SENNHEISER オープンエアー型ゲーミングヘッドセット G4ME ONE
SENNHEISER クローズ型ゲーミングヘッドセット G4ME ZERO
SENNHEISER クローズ型ゲーミングヘッドセット G4ME ZERO
Corsair Raptor HS30 Analog Gaming Headset
CORSAIR Raptor HS30 Analog Gaming Headset
SteelSeries Siberia Elite Black Headset
SteelSeries Siberia Elite Black Headset
SteelSeries Siberia v2 Frost Blue Headset 
SteelSeries Siberia v2 Frost Blue Headset
AUDIO-TECHNICA ATH-AG1
AUDIO-TECHNICA ATH-AG1
Razer Hammerhead Pro In-Ear Headphones
Razer Hammerhead Pro In-Ear Headphones
SteelSeries Flux In-Ear Pro Headset
SteelSeries Flux In-Ear Pro Headset
ARTISAN 飛燕 Value Edition Lサイズ
ARTISAN 飛燕 Value Edition Lサイズ
ARTISAN 零 XSOFT Lサイズ
ARTISAN 零 XSOFT Lサイズ
ARTISAN 疾風 SOFT Lサイズ
ARTISAN 疾風 SOFT Lサイズ
SteelSeries 日本語版 6Gv2(Japanese)
SteelSeries 日本語版 6Gv2
東プレ NG01B0 REALFORCE91UBK
東プレ NG01B0 REALFORCE91UBK
41XO5t1if1L__AA300_.jpg
CORSAIR Gaming Keyboards Vengeance K65 Compact
Razer Mouse Bungee マウスコード マネジメント システム
Razer Mouse Bungee マウスコード マネジメント システム
GUNNAR*STEELSERIES SCOPE
GUNNAR*STEELSERIES SCOPE
Intel CPU Core i7 4770K 3.50GHz
Intel CPU Core i7 4770K 3.50GHz
AMD A-series AMD A10 7700K
AMD A-series AMD A10 7700K
MSI N760GTX Twin Frozr 4S OC グラフィックスボード
MSI N760GTX Twin Frozr 4S OC グラフィックスボード
玄人志向 グラフィックボード GeForce GTX660 2GB OCモデル
玄人志向 グラフィックボード GeForce GTX660 2GB OCモデル
Samsung SSD840EVO ベーシックキット250GB
Samsung SSD840EVO 250GB
Creative Sound Blaster X-Fi Go! Pro USBオーディオインターフェース SB-XFI-GOP
Creative Sound Blaster X-Fi Go! Pro USBオーディオインターフェース
Creative サウンドカード PCIe Sound Blaster Recon3D Professional Audio SB-R3D-PA
Creative PCIe Sound Blaster Recon3D Professional Audio SB-R3D-PA
Creative クアッドコア サウンドカード ヘッドホンアンプ搭載 PCIe Sound Blaster Zx 再生リダイレクト対応
Creative クアッドコア サウンドカード  PCIe Sound Blaster Zx
LOGICOOL ウェブカム HD画質 120万画素 C270
LOGICOOL ウェブカム C270
LOGICOOL HDプロ ウェブカム C920
LOGICOOL HDプロ ウェブカム C920
グリーンハウス 液晶ディスプレイアーム 4軸 クランプ式 GH-AMC03
グリーンハウス 液晶ディスプレイアーム 4軸 クランプ式 GH-AMC03
WIJ.com アクリル製ヘッドフォンスタンド AQULIA HPSTAND ST
WIJ.com アクリル製ヘッドフォンスタンド AQULIA HPSTAND ST
▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。