ARTISAN 新開発ポピュラーモデル モニタリングレビュー

ARTISANの新開発ポピュラーモデルが届いてから一週間経ったので、レビューを書いてみたいと思います。マウスパッドが届いた直後の第一印象などはこちらの記事を参考にしてください。

今回モニタリングさせて頂く新開発マウスパッドの基本仕様はこちらをご覧ください
artisan01.jpg

レビュー環境についてはこちらを御覧ください
5134.jpg

結論から言えば、Qckシリーズからの乗り換え候補に充分なり得るマウスパッドでした。Qck+LEと比べて劣っている部分はサイズとだけと言っても過言ではないくらいです。Qckシリーズの重い滑り、湿気に弱いという弱点をこの製品は克服しているように思えるため、あとはARTISANマウスパッド全般に言われていることですが耐久性がどれくらいあるのかという事だけが問題のように思います。

以下にもう少し詳しく主観ではありますが感じたことを書いてみようと思います。
(新開発ポピュラーモデルの名前はパッケージに記載されているProject-QKという名前を使います)

■初動
比較用マウスパッドで比べたところ、紫電改>紫電>疾風>飛燕>Project-QK>Qck+LE>Qckmini>Goliathus Control

今までのARTISANマウスパッドの中ではかなり抑え目な感じです。紫電や紫電改を使ったときの驚きはありませんでしたが、それでもQckよりは軽い初動でした。Qckを使っているときの、マウスを高速で切り返したときの、もたつき感というか引っ張られる感じがしないので、疾風までとはいきませんがキレのあるマウス操作が出来ます。比較的重いマウスでも難なくマウスを動かし始めることでき、軽いマウスのほうがよりその恩恵を受けることが出来ます。実際試した中ではKINZUが一番マウスの動かし始めに抵抗を受けませんでした。普段ハイセンシでプレイしていますが、これならローセンシの人でも軽快な滑り出しでマウスを動かすことが出来るのではないかと思います。

■滑り
比較用マウスパッドで比べたところ、紫電改>紫電>疾風>飛燕>Project-QK>Qck+LE>Qckmini>Goliathus Control

滑りに関しては、今までARTISANマウスパッドを使っていた側の人間からすれば滑らないという印象でしたが、それでもQckよりは滑るので、すぅーっと思ったところにマウスが動く感じは使っていてとても気持ちいいです。滑りの重いマウスでローセンシプレイヤーの方にとってこの滑りの軽さはオススメ出来ますし、ぬるっとしたりずるっとする嫌な滑り方ではないのでQckから移行してきたとしてもすんなり受け入れられるのではないかと思います。滑りに関しては試した中で一番ソールの面積が大きいEC2がよく滑りました。

■止まり
比較用マウスパッドで比べたところ、Goliathus Control>Qckmini>Qck+LE>Project-QK>飛燕>疾風>紫電>紫電改

今回一番驚いたところがこのマウスパッドの止めやすさです。今までのARTISANマウスパッドは高速初動・高速滑走を売りにしていて、私もそのコンセプトが好きで使っていましたが、一部のFPSプレイヤー…特にQckユーザーには慣れない人も多いような印象でした。しかし、このProject-QKはそんな人達でも今までの印象がガラっと変わるような止まりを見せてくれます。マウスパッド自体の柔らかさもそれを意識してかX-SOFTという一番やわらかいものなので、イメージとしてはマウスパッドにマウスを押し付けて"止める"という感じです。ARTISANマウスパッドは基本的に"滑りが重いから勝手にマウスが止まる"というマウスパッドではなく、プレイヤーがマウスを"止める"というActive Controlなマウスパッドを提唱しているそうなので、使い始めて1週間もしない内に慣れると思います。従来のARTISANマウスパッドのような鋭さはありませんが、止まりやすさに重点が置かれているのでより細かいAIMがしやいように感じます。試したマウスの中ではKINZUが一番で、マウス自体が軽いので動かすのにも止めるのにもそこまで力が必要ないのではないかと思います。

■トラッキング・センサー相性
私が今回レビューに使った3つのマウスと環境ではトラッキングトラブルやリフトオフディスタンストラブルは発生しませんでした。センサーに難あるImperatorでも普通に使えたのでよほどセンサーにトラブルを抱えているマウスでなければトラッキング出来ないということはないと思います。また高速移動させてもネガティブアクセルはかんじませんでした。もし販売されるようになればARTISAN公式ページで雷電のように相性問題を提示されればユーザーは安心して購入することが出来るのではないでしょうか。
マウスセンサー参考:
Mouse Sensor Technology Guide V2.0 [Being updated 28, July 2012]
主なセンサー - forPCActionGamer Wiki*

■ソール相性
メインマウスとして使っていたImperatorにはARTISAN零弐式という、滑りを抑える疾風向きのマウスソールをつけていましたが、これを使うと初動と滑りがかなり抑えられてしまい、Project-QKにはARTISANのマウスソールの必要性は感じられませんでした。むしろARTISANのマウスソールが邪魔になるくらいProject-QKの性能はバランスが取れているように感じ、ARTISAN零弐式を外したImperatorでプレイしたところかなり快適にプレイすることが出来ました。ちなみにソールの面積が小さいほうが止めるときにマウスパッドに沈み込む力が大きくなるので止めやすくなるそうです。

■マウスパッド表面
マウスパッド表面は飛燕ユーザーに多かった「表面がザラザラしていて手首が痛くなる」という問題は起きにくいと思います。むしろ上質なジャージ生地のような感じで、仕様書によるとポリエステル撚糸によるニット(編地)生地ということらしいです。顕微鏡などで布地を撮影する設備がないのですが、私の目で見た感じでは表面の編み込み方などは今までのARTISANマウスパッドではなくかなりQckに近い感じになっていることからも今回のマウスパッドの開発コンセプトが伺えます。ちなみに縦置きと横置きでは滑りの感覚が違っていて、縦置きのほうがツルツルとした滑りになっています。

■サイズ
前回のファーストインプレッションのコメントにあったサイズですが、ARTISANマウスパッド標準的Lサイズである、420x330x4mmになっています。ちなみにQck+LEは400×450×4mmとなっていてQck+LEより一回り小さいです。それでも充分なサイズがあるので、ローセンシプレイヤーでこのサイズで足りないというのであればQck+LEを使うしか無いと思います。もっとも海外のプロゲーマーでも机からはみ出した置き方でQck+LEを使ってる人もいるので、ウクライナのCS1.6チームNa`ViのZeus選手のような特殊なプレイスタイルではなく、ごく普通のプレイスタイルであればLサイズで充分ではないでしょうか。

■湿気に対する強さ
私がQckシリーズを使って途中で使うのを辞めてしまった理由の1つが湿気に弱いということでした。私はプロゲーマーではありませんが、やっぱりプレイ環境は一年を通して安定していた方が安心してプレイすることが出来ますすし、Qckを使っていたときの夏場や風呂上がり、集中していて手に汗をかいているときなど(多汗症なのでかなりの汗をかく)の湿気で滑りが変わってしまうというのが嫌でした。Project-QKは従来のARTISANマウスパッド同様湿気に強く、エアコンの無い部屋で数時間プレイしていても滑りが変わることはありませんでした。最近ゲーミングマウスの中では手汗でも滑りにくい設計のマウスもたくさん出ている中で、このように汗にも強いマウスパッドがあっても良いと思いますし、滑りや止まりなどと同じように結構重要なポイントの1つだと思います。

■中間層
今回のモニター版はX-SOFTというARTISANマウスパッドの中で一番柔らかいものを使っています。止めるの項目と少し被りますが、海外のプレイヤーの中には腕力で無理矢理マウスを止めている人もいるらしいですが、それは体格もデカく20代プレイヤーだから出来ることだと思います。私は剣道部に所属していましたが、腕力はないのでプラ系マウスパッドなど固めのマウスパッドを試しに使ってみるとマウス操作に苦労しました。しかし、これくらい柔らかいのであれば力の弱い若いプレイヤーでもマウスの沈み込みで止めることが出来ると思います。予定ではMIDも製品版として用意するらしいですが、個人的にはX-SOFTだけでも充分だと思います。Qck+LEの中間層はよくあるスポンジのような感じで場所によって硬さが微妙に違います。個人的に「今負けたのは、マウスパッドのここの部分とここの部分の硬さが違うからだ」というシチュエーションになったことはありませんが、そういった可能性は限りなく0に近づけたほうが良いと思います。また今までARTISANマウスパッドはくるくると巻いて持ち運び出来ないというイメージがありましたがProject-QKは表を外側にして巻けば簡単にくるくると巻くことが出来ます。もしオフラインに出る予定がある人にもこういったポイントは嬉しいと思います。

■裏面
Project-QKの裏面は従来のARTISANマウスパッドと同様の小さい○が連なったタイプ。机に吸盤のようにピッタリ張り付くので1年くらいARTISANマウスパッドを使ってきましたが、マウスパッドがズレたことは一度もありません。これに関してはQck+LEとQckminiもそんなに滑ったことはありませんが、マウスパッドがズレないということは大事なポイントの1つだと思います。

■耐久性
恐らく止まりと並んでQckユーザーが一番気になる部分だと思います。今までARTISANマウスパッドは3ヶ月ほどで滑りが変わってしまう感じでしたが、一週間ではまだ劣化といえる劣化は感じられませんでした。ココらへんはもうしばらく使わないと分からない部分でもありますが、恐らくQckシリーズのように圧縮加工やコーティング処理などはしていないと思うので耐久性においては残念ながらQck>Project-QKになってしまうのではないのかと予想しています。ただし、個人的にはQck+LEなどは滑りが重く、例え1年使って劣化していたとしてもその変化に気が付きにくいだけかも知れないという気がします。マウスパッドの交換時期に関しては爪で表面をこすったときに白くなったりしたら交換の目安とも言われていますが、所詮消耗品なので滑りが変わってしまったら素直に買い換えることが重要ではないかと思います。プロアスリートなどの書籍やドキュメンタリーなどを見ると道具に対する情熱とこだわりがとてもつもなく、特にイチロー選手などはワコールから提供されているアンダーウェアを一試合ごとに新品を着ていると聞いたこともあるし、他の野球選手はバットやグローブ、サッカー選手などはシューズなどにこだわりを持っていて、悪くなったらすぐに新しいものに変えています。彼らはスポンサーから提供を受けているので一般的なゲーマーとはまた違うかもしれませんが、それでも古くなって性能の落ちたものをずっと使い続けて良い理由にはならないのではないでしょうか。

■価格・流通
この点に関しては仕様書には一切記載がなかったので、あくまで個人的な意見になってしまいますが、仮にProject-QKが発売されることになって、大きな壁になる1つの要因が価格ではないかと思います。これは生産過程や流通過程など様々な理由によるものなので致し方ないものではありますが、Qckシリーズは安いし、Qckminiなどは大手家電量販店でも販売されていたりします。以前ZOWIEがNegitaku.orgのインタビューで答えていた記事にゲーマーとノンゲーマーがマウスを選ぶときにどこに注目しているかという話が掲載されていたので、それを引用すると。

>Gamers
>Comfort - 快適であること(持ちやすさ)
>Performance - パフォーマンス
>Stability - 安定性

>Non-Gamers
>Price - 価格
>Function - 機能
>Spec - スペック
>Looks - ルックス

…と、このようになっていますが、実際には価格も大事なポイントだと思われます。というのも収入のある大人や大学生などはある程度高価なデバイスを購入することも出来ますが、FPSゲーマーの将来と底辺層(人口ピラミッド的な意味で)を支えているのは小学生~高校生なので、そのプレイヤー層が2つ並んだマウスパッドを見たときに値段を考慮しないかと言うと、そうではないと思います。ARTISANマウスパッドの中には飛燕VEという低価格帯の商品もラインナップされていますが、Qck+LEが2,980円で買えることを考えれば価格もそれなりに考慮しなければならないのではないかと思います。これに関してはあくまでも個人的な意見なのでARTISANの精神や小林社長の想いとは違うであろうということを予め断っておきます。

■ゲームとの相性
普段Counter-Strike1.6というFPSをプレイしていて、今回のレビューのほとんどもこのゲームをプレイしてからの感想になっています。CS1.6はQuake系スポーツFPSと違ってそんなにビュンビュンマウスを振り回すというより1mm…いや1ドット感覚で細かいAIMが求められるゲームなので、あまり滑りすぎるとマウスが移動しすぎてしまうという懸念があり、個人的には紫電・紫電改をこのゲームで使うのを辞めた理由がそれでした。そういう意味ではQckのような滑りの重いマウスパッドのほうが、ある意味安定しているように思いますが、滑るというのも大事な要素の1つだと思うので、Project-QKのように滑りと止まりのバランスが高次元でまとまっているマウスパッドは素晴らしいと思います。個人的には飛燕がこのゲームに一番合っていると思いますが(それでも滑りが好きで私自身は疾風を使っているけども)このマウスパッドが販売されればその考え方も変わるかもしれません。CS:GOはCS1.6とは違った意味で精細なAIMを求められますが、Project-QKでも問題なくプレイすることが出来ました。BF3はお祭りゲームと言われているので、そこまでAIMは求められることはありませんが、乗り物にのったときなどのAIMの移動はそれなりにマウスを動かさないといけないので、これくらいの軽い初動と操作感はむしろ好都合ではないでしょうか。恐らくビュンビュンマウスを左右に高速で振り回すようなゲームやプレイスタイルでなければ困らないと思います。

■その他
以前ARTISANマウスパッドを使っている人が言っていた"マウスパッドのほつれ"も今回は確認されませんでした。仕様書によるとポリエステル撚糸によるニット(編地)生地だということ。疾風が発売されたときに話題になっていた"反り"もなし。またQckシリーズをパッケージから出した時のあのなんとも言えない異臭もなし。実際のプレイとは関係ない部分ですが無視は出来ないポイントです。

■まとめ
冒頭の結論にも書きましたが、Project-QKはQckシリーズからの乗り換え候補に充分なりうる性能を秘めたマウスパッドでした。そう思った点は大きく分けて2つで、なめらかな滑りと湿気に強いというポイント。マウスパッドの基本的なスペックである初動・滑りに関してはQckよりは優れていると思いますし、止まりに関しては"ActiveControl"という概念を理解して"止める"ことを意識すれば使い始めてすぐに慣れるレベルです。これに関しては今までの勝手に止まってくれる滑らないマウスパッドを使っている人たちの意識が変わらないとどうにもならないことではありますが、少なくともQckから飛燕や疾風に乗り換えた多くの人が口にする「滑りすぎて止まらないので使えない」と感じる可能性はかなり低いのではないのでしょうか。また価格と耐久性が心配ではありますが、マウスパッドをE-Sportsで使うスポーツデバイスであり、消耗品であると認識しているユーザーからすれば問題にならないかと思います。ただし、古いQckを頑なに使い続けるユーザーに対してProject-QKの優位性とゲーミングデバイスの概念を説明出来なければこの状況を打開するのは難しいかも知れません。あえてProject-QKの良くない部分と言えばARTISANらしい尖った性能ではないということくらいで、普段紫電や疾風を使っているユーザーからすれば物足りないように思うでしょうが、ARTISANは多種多様なマウスパッドを揃えてプレイヤーにあったマイマウスパッドを選んでもらうとうスタンスであったと思うので、そこら辺は上手く住み分けが出来て問題ないだろうと思うし、むしろARTISANがよくここまでQckユーザーでも使いやすいマウスパッドを出してきたことに驚きを隠せません。私は今までオススメのマウスパッドを聞かれたときに、値段の安い飛燕VEか扱いやすい飛燕/MIDをオススメしていましたが、もしProject-QKが発売されればこの製品をオススメ出来るようになると確信しております

■画像など
現時点のパッケージ。相変わらず和テイスト溢れる感じでカッコイイ。
CIMG1345.jpg

比較的目につくところにMADE IN JAPANの文字。しかし会社の住所が書いてない…。以前父親にARTISANのマウスパッドをプレゼントしたときに「この会社本当に日本の会社?なんで住所書いてないの?」って言われたことを思い出しました。
CIMG1347.jpg

まだ製品版ではないために名称はProject-QKとなっている。
CIMG1346.jpg

普段使っている疾風をどかしてProject-QKを配置。
CIMG1348.jpg

飛燕/S,疾風/M,Project-QK/Lと並べたところ。
CIMG1350.jpg

滑らかな肌触りのProject-QK表面。これが使っているデジカメの限界なのでキレイな表面を撮影出来ないことが残念です。
CIMG1322.jpg

Qck+LEの表面。
CIMG1361.jpg

こちらはQckminiの表面。
CIMG1362.jpg

ちなみに飛燕。
CIMG1336.jpg

こちらは疾風。このようにProject-QKは今までのARTISANマウスパッドよりかはQckに似た感じの表面になっている。
CIMG1337.jpg

中間層は小さな穴が高密度で集まったような感じ
CIMG1327.jpg

X-SOFTなので押すとこれくらい沈み込む
CIMG1354.jpg

飛燕HARDだとこれくらい
CIMG1365.jpg

Qck+LEはこれくらい。ちなみにQckminiは2mmしかないので沈み込むことはほとんどない。
CIMG1355.jpg

やわらかいので今までのARTISANマウスパッドより簡単に丸めることが出来る
CIMG1353.jpg

裏面は六角形がびっしりと並んだ模様になっており、吸盤の役目を果たす
CIMG1328.jpg

ほつれなども見受けられない
CIMG1356.jpg

Qck+LEとのサイズ比較
CIMG0086[1]

今回のレビューに使ったマウス
CIMG1369.jpg

マウスのソール。Impratorにつけていた零弐式はProject-QKの特性をスポイルしてしまうので外しました。
CIMG1370.jpg


■最後に
かなりの長文になってしまいましたが、これが今回ARTISANの新開発ポピュラーモデル『Project-QK』を1週間使った後の正式なレビューになります。今回このレビューにあたりモニター募集情報を掲載して下さったNegitaku.orgとモニターに選んで下さったARTISANには感謝致します。今までも何度かレビュー記事を書いたことがありますが、自分のレビューがこのマウスパッドが販売されるかされないかを左右するということでかなり神経を使って検証し、言葉を選びながら書きました。しかし、数値的なデータなどを取る環境にないので全て主観による感想になっています。なので他のプレイヤーを私のプレイ環境に呼んでプレイさせたら、違う意見が出たということもありえると思います。そのためなるべく具体的にここがこう違うという風に書いたつもりですが、もし伝わりにくい部分があればこのブログのコメント欄やTwitterでご指摘下されば、なるべく分かりやすいように説明出来るように努力致しますのでよろしくお願いします。このレビュー記事がProject-QKの国内販売の有無を決定する1つの判断材料になれば幸いです。
関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

だから冒頭に結論があるんですよ

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク