スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試合中の「あっ!」をなくす

試合中にこんな場面になることがあります。

「あっ!敵がいた!」

所謂油断していた状態です。敵がいるにも関わらず、AIMの位置が変なとこにあったりナイフのまま移動していたり、クリアリングが雑だったりetc...。敵がいるという想像ができていないパターンのときです。

対照的にこんな場面もあります。

「うわー!勝負して負けた…」

敵がいるのがわかってて勝負した結果負けてしまったパターンです。勝負ですから撃ち合えばどちらかが勝って負けます。相手のほうがAIMが良かっただとか、勝負の仕方が上手かっただとか、相手のカバーが来てただとか原因はあると思いますが、勝負して負けてしまうのはある意味仕方のないことです。

しかし、前者の場合は勝負云々の前に既に勝敗が決まってしまっています。試合中は常に敵がそこにいるとイメージしながら移動し、勝負しなければなりません。イメージする方法はいくつかあります。音を聞くだとか味方の報告を聞くだとか、ラウンドが進んでいけば相手の配置傾向もわかってくるかも知れませんし、MAPによってはこちらのリスポーンで相手のリスポーンも分かってきます。あと大事なのは時間を見ること。味方の報告を聞いて、何秒後には敵はどこまで来ているだろうか。特に少人数で残り時間が45秒辺りになったときはかなり重要になってきます。どこどこに敵がいてこちらのC4はバレている、敵に報告が入って何秒経ったから大体ここにいるだろうというイメージが出来るか出来ないかで大きく違ってくると思います。それが出来る人は敵が居ないとこでは迅速に移動し、敵がくる時間になってから勝負することが出来ますが、出来ない人は敵がくるはずのない時間なのに警戒して時間を無駄に使い、肝心なとこでしっかり勝負できなくなってしまいます。

また、これはある有名なプレイヤーが言っていたことですが、「あり得ると思ったらそこに敵がいると思って行動し、いると思ったらクリアリングする」

これを常に念頭においておけば「あっ!」というミスは確実に減ると思います。

という自分に対しての反省を込めて:)
関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。