勝負するとことしないとこ

昨日のfnatic vs. Na`Viの決勝戦を見ていて思ったこと

de_trainのTのfantic、MAPの特性もあると思いますがTの5人はラウンド残り時間1分切るまでしっかり相手の配置を確認し、投げ物を使わせてから5人揃って攻めていました。

当たり前のことなんですけど当たり前に出来ないことでもあります。

相手に投げ物を使わせるとか配置を確認するとか一言で言っても、ただ待ってるだけじゃダメですよね

相手に来るかもしれないって思わせないとダメ

ここで大事なのはあくまでも目的は相手を倒すことじゃなくて情報収集なんですよね

参考になりそうなシーンを動画にすればよかったんですけどちょっとアレだったんでないんですけど

でもここが難しくて、それこそ出方とかピークの動きが大事になってくると思います

ただたんに突っ込んで死んじゃうのは犬死です

そこで相手の情報を持ち帰って全員で合わせて攻めれば取れるラウンドも各個撃破されると取れなくなります

実際にfnaticが落としたラウンドは相手がかなり前目だったりして各個撃破されてるラウンドで、取れたラウンドはしっかり5人で攻めることが出来たラウンドです

ある程度の打ち合わせも必要かもしれませんが、個人個人がしっかり勝負するときとしないときを考えて動けば多分大丈夫だと思います

関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク