スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショットガンシャッフルはカードを傷めるぜ

最近Twitterを見てると遊戯王ADSっていうのが僕の周りで流行ってるらしく、dayo君のニコ生を見てて面白そうだったので初めて見ました。

よく考えたらbarusaさんのニコ生でもやってたかもしれない。確か前に遊戯王やってた気がする。このゲームかは分からないけども…。

遊戯王ADSってのは無料で遊戯王オフィシャルカードゲームのシュミレーションが出来るみたいなもんで、気軽に自分のデッキのコンボとかいろいろ対人相手にオンラインでシュミレーションすることが出来る。

コナミからすればアンオフィシャルなゲームなので そ こ ら へ ん は 自 己 責 任 で ! !

やり方はこちら→Automatic Dueling System Wiki

Minecraftと同じようにhamachiでネットワーク対戦が出来るので便利:)

wikiに詳しく書いてあるのでここでは書かないですけど、ADS本体を導入したら(同時にカード画像も導入する)デッキを編集して、hamachiで誰か対戦相手のIDとパスワードを教えてもらうか、対戦相手を募集している大人数のサーバーのIDとパスワードを教えてもらうかして接続。あとはADSでネットワーク対戦を選べばOK。

これが結構面白い。

っていうのも僕は1998年に発売されてた遊☆戯☆王カードダスから始めました。まだオフィシャルカードゲームになる前のカードです。武藤遊戯とか青眼の白竜3体連結持ってました。あれでも一応デュエルしてた記憶があります。たぶんカードは捨ててないので家のどこかにあるはず…。
271x400xcf5fd04d6ec622c04bd600dc.jpg
【カードダス】初代遊戯王カードまとめ

そのあと中学を卒業する2004年3月あたりまでやってました。学校にまで内緒で持って行って休み時間や学校の帰り道までやってたことが懐かしいです。昼休みにやってて僕が「人造人間サイコショッカーで攻撃!!」って言った瞬間先生が教室に入ってきてカードを没収されたのもいい思い出。

当時もネット環境はそれなりにあったし雑誌などである程度の流行り廃りを知っていました。僕の周りではハンデスやデッキ破壊などが主流で"八汰ロック"が全盛期だったと思います。混沌帝龍 -終焉使者-とのコンボされると何も出来ないまま終わるという当時セットで出されるとどうしようもないカードでした。それらが禁止カードに指定されるころにはもうやってなくてずっとカードは押入れの中に仕舞っていました。

んで今回遊戯王ADSをやるということで当時のデッキを引っ張りだしてきて、ほぼ同じカード内容でデッキを構築(シュミレーションをするゲームなので一応)。何試合かしてみたんですけど僕の知らない種類のカードがたくさん…いつのまにこんなにいっぱい増えちゃったの(´・ω・`)

コンボも当時より凶悪なものばかりで実質ノーコストでこちらのフィールド上のカードを破壊されるか手札に戻されて一方的に殴られるような感じ。そのカードが揃った瞬間サレンダーです。

僕も一応リスナーさんのアドバイス通り最近のカードを入れてみたんですが、まぁ使い勝手がよく分からないwww

こんな難しいゲームだったのか\(^o^)/

お願い、死なないで城之内!あんたが今ここで倒れたら、舞さんや遊戯との約束はどうなっちゃうの? ライフはまだ残ってる。ここを耐えれば、マリクに勝てるんだから!

次回「城之内死す」。デュエルスタンバイ!


※僕が使ってるfnaticのカードスリーブはこれ
cover
関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。