スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これでアナタもCS通?5分で分かるCS1.6大会の楽しみ方(de_inferno編)

今月の12日からCounter-Strike1.6の大会FOREVER CS1.6 Leagueが始まるわけですが、個人的にCSプレイヤーだけでなく他のFPSをプレイしている人や、FPSを知らない人にも見てもらいたいと思っています。

そこで試合で使われる各MAPの見どころを説明する動画を作ろうとしたのですが…間に合いそうにありません\(^o^)/ 

ということで動画化するときに使う予定だった原稿を元に、今大会で使われる4MAP(de_dust2,de_inferno,de_nuke,de_train)の見どころを簡単に説明したいと思います。これを読めば今日からアナタもCS通!?

大会配信が2倍3倍も楽しめること間違いなし!!(当社比)

de_inferno(通称:インフェ,infe)
de_dust2と同じく10年前に公開された老舗MAP。海外大会でも採用されている人気MAPの1つ。

de_infernoの基本名称
bandicam 2013-01-07 15-25-30-161
少なくとも黒と緑色で書かれた名前を頭の片隅にいれておくと配信で「○○で交戦中です」などと言われた時にここらへんかな?というのが分かると思います。

このマップの主な交戦地点はここです
bandicam 2013-01-07 15-14-44-220

de_infernoのポイントは騙し作戦(フェイク)です。テロリスト側はAポイントとBポイントの移動を敵に見られずに行うことが出来るので、片方に攻めると見せかけて本命は反対側というようなフェイクを使うことが出来ます。逆にカウンターテロリスト側は敵が本当はどちら側に攻めたいのか出来るだけ早く知るために情報収集する必要があります。テロリスト側のフェイクとカウンターテロリスト側の情報収集の駆け引きがこのMAPの醍醐味です。

iron will fake A go B de_inferno
(Aに行くと見せかけてBに行くフェイク作戦)


このMAPも10年前からプレイされているために研究されつくされたMAPではありますが、各チームのプレイヤースキルが試されると思います。各プレイヤーが自分の役割をしっかり果たさないとラウンドを獲得するのは難しいでしょう。
関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。