スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これでアナタもCS通?5分で分かるCS1.6大会の楽しみ方(de_nuke編)

今月の12日からCounter-Strike1.6の大会FOREVER CS1.6 Leagueが始まるわけですが、個人的にCSプレイヤーだけでなく他のFPSをプレイしている人や、FPSを知らない人にも見てもらいたいと思っています。

そこで試合で使われる各MAPの見どころを説明する動画を作ろうとしたのですが…間に合いそうにありません\(^o^)/ 

ということで動画化するときに使う予定だった原稿を元に、今大会で使われる4MAP(de_dust2,de_inferno,de_nuke,de_train)の見どころを簡単に説明したいと思います。これを読めば今日からアナタもCS通!?

大会配信が2倍3倍も楽しめること間違いなし!!(当社比)

de_nuke(通称:ヌーク,nuke)
海外大会でも採用されている有名なMAPの1つ。爆発ポイントが地上と地下に分かれているのが特徴。

de_nuke基本名称
bandicam 2013-01-07 16-10-50-863
少なくとも黒と緑色で書かれた名前を頭の片隅にいれておくと配信で「○○で交戦中です」などと言われた時にここらへんかな?というのが分かると思います。

このマップの主な交戦地点はここです
bandicam 2013-01-07 16-14-28-676

de_nukeのポイントは投げ物(グレネード)です。テロリスト側は狭い場所から敵が上からも見ている場所に攻めなければいけないので、相手の視界を奪うフラッシュバン(FB)を誰がどこに投げるのかという緻密な連携が求められます。カウンターテロリスト側は敵が投げてくるであろうグレネードを如何に回避して対応するかが重要になってきます。互いにグレネードを使った連携がこのMAPの醍醐味です。

CS 1.6 Tactics #28 Moscow Five de_nuke #5 A-plant takeover (T Side)
(テロリストがAポイントに攻めるときに使うグレネードと連携)


Counter-Strikeには壁抜きと呼ばれるテクニックがあり、MAPのある一定の場所では銃弾が壁のオブジェクトを貫通します(壁抜き)。nukeは壁抜き出来る場所が多く各チームの連携力もさることながら、壁抜きのテクニックにも注目してみて下さい。

Asia e-Sports Cup 2012 - Noppo vs Asking Questions
(日本人選手が国際大会で驚異的な壁抜きを披露したシーン)

関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。