スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これでアナタもCS通?5分で分かるCS1.6大会の楽しみ方(de_train編)

今月の12日からCounter-Strike1.6の大会FOREVER CS1.6 Leagueが始まるわけですが、個人的にCSプレイヤーだけでなく他のFPSをプレイしている人や、FPSを知らない人にも見てもらいたいと思っています。

そこで試合で使われる各MAPの見どころを説明する動画を作ろうとしたのですが…間に合いそうにありません\(^o^)/ 

ということで動画化するときに使う予定だった原稿を元に、今大会で使われる4MAP(de_dust2,de_inferno,de_nuke,de_train)の見どころを簡単に説明したいと思います。これを読めば今日からアナタもCS通!?

大会配信が2倍3倍も楽しめること間違いなし!!(当社比)

de_train(通称:列車,train)
海外大会でも採用されている有名なMAPの1つ。車両基地をモデルにしているため、列車の下や裏など移動テクニックも必要になる面白いMAP。

de_trainの基本名称
bandicam 2013-01-07 17-16-59-471
少なくとも黒と緑色で書かれた名前を頭の片隅にいれておくと配信で「○○で交戦中です」などと言われた時にここらへんかな?というのが分かると思います。

このマップの主な交戦地点はここですbandicam 2013-01-07 17-27-02-182

de_trainのポイントは緻密な連携です。テロリスト側は敵より爆破ポイントに到着するのが大幅に遅いために、どこに攻めるにも相手の待ち伏せを受けることになります。その待ち伏せをどうやって破るかが重要になるMAPです。そのため投げ物(グレネード)だけでなく味方の手助け(カバー)など他のMAP以上に連携が必要です。カウンターテロリスト側は敵の侵攻を待ち伏せする形になりますが、攻めてくる場所が少なくない上に1つでも破られると一気に攻め立てられる危険性があります。そのためにカウンターテロリスト側も5人で連携して守る必要があります。

Na`Vi tactics @ Default round de_train
(ウクライナのプロチームによるテロリスト側の連携)


このMAPは1人強い選手がいれば勝てるというものではなく、各選手が報告し合い緻密な連携をしなければ勝つことが出来ないMAPなので各チームの実力が試されると思います。配信でもチーム同士の総力戦が見れるのではないでしょうか。
関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。