スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Razer Imperator レビュー

Razer Imperator

製品特徴
•人間工学に基づいた右手用デザイン
•位置を調整可能なサイドボタン
•Razer Synapse On-board Memory
•On-The-Fly Sensitivity 調整(マウス感度を、設定メニューを開いて入力せずに、その場で変更可能)
•無音式の Ultraslick テフロンフィート
•7 つのプログラム可能な Hyperesponse ボタン

良い点

・小さい手でも持ちやすい形状
・サイドボタンが調整可能
・心地よいクリックとマウスホイール
・簡単にDPIを変更出来る
・青LEDがカッコイイ
・コードがそれなりにクセがつけやすい

悪い点

・ドライバに起因するフリーズ
・相性の悪いマウスパッドだとトラッキングが不安定
・ラバー加工されていないプラスチック側面がすべる

総評

かぶせ持ち/つまみ持ちでも持ちやすい設計と謳われた製品だけに、小さな手でもしっくりくる形状です。フラットなマウスが好きな人には違和感があるかも知れません。プラスチック製マウスパッドと一部の布製マウスパッドを使用しているとトラッキングに問題が発生するようですが、Razerの布製マウスパッドであれば抜群のトラッキング性能を誇ります。本体側面にはラバー加工がされてないので手汗をかく人は鉄壁など防滑素材を貼ると良いかもしれません。クリックとマウスホイールの感触も良く誤爆の心配などは無いです。マウスコードは布巻きでクセがつけやすいのでコードホルダーがなくても使用出来ます。

一番の問題点はドライバに起因するフリーズですが、ドライバを入れなくてもオンボードメモリに保存出来るので支障はありません。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。