はじめての「Open Broadcaster Software」

※新しくOpen Broadcaster Software(OBS)についての記事を書きましたのでこちらを御覧ください。
今更ながら『Open Broadcaster Software』でニコ生を高画質配信する

昨年末からちょいちょい話題になっていた無料配信ソフト「Open Broadcaster Software」がなかなか良い感じだったので紹介します。Open Broadcaster Softwareのメリットはその軽快な動作とXsplitに勝るとも劣らない操作性、高画質に配信することが出来る点です。
bandicam 2013-03-07 18-20-11-100 

早速本体のダウンロード。
Open Broadcaster Software - Download

使い方・設定方法は以下のリンクから
フリーの配信ソフト Open Broadcaster Softwareを試してみた : BuildForce
11.【Win7編】Open Broadcaster Softwareおすすめ配信設定 - 画質厨の配信設定研究

ちなみに私の画質設定画面はこちら

エンコード
エンコード設定

ビデオ
ビデオ設定 

サウンド設定
サウンド設定 

詳細設定
詳細設定ページ 

Dxtory
Dxtory設定ページへ 

恐らく高画質配信の肝となるのは
・エンコード設定の品質とビットレート
・ビデオ設定の解像度
・詳細設定のビデオ(x264プリセット)
だと思います。

エンコード設定の品質は解説サイトによると8~10がオススメとありましたがXsplitで5だったので今は5でやってます。
ビットレートはニコ生だと制限があるので、480kbps制限の場合動画のビットレートを384、バッファの大きさをそのままか2倍の768、サウンドのビットレートを96にするのがいいと思います。(バッファを同じ数値にすると遅延が減るはず)

ビデオ設定の解像度はXsplitだと512x384(4:3)でしたが、このソフトは軽いのでそれ以上にしても大丈夫そう。ただ、元々の解像度があまり高くないゲームなのに高くしても恩恵はすくないのでそこら辺は自分のプレイしてるゲームと相談。

・詳細設定のx264プリセットはXsplitやNLE用のものを少し編集するだけで使えるらしい。そこら辺は「Xsplit プリセット」とかで適当にググってダウンロードしたやつを弄れば大丈夫。プリセットをメモ帳で開いて文頭のex=を削除し:を=に置き換え、改行ではなく1スペースずつ開ければいいみたい。

自動枠取りとかその手の便利なツールも出てるので「Open Broadcaster Software 自動枠取り」とかでググればでる。
NLEよりちょっと設定面倒だけどUIが日本語対応なので、Xsplitを使ったことがある人は簡単に使えると思う。
っていうかググれば解決するからググれ。

この記事に関する質問は受け付けないのでglhf!!
関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク