スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CS1.6 アップデートその後

3/7にまたCounter-Strikeのアップデート(というよりか修正)があったので、現在確認出来るバグとか修正方法とか備忘録的に

とりあえずcompLexity Demo PlayerでHLTVdemoがviewdemo出来ないバグは修正されたので今まで通りdemoを見れるようになりました。ただし、人によっては再生出来ないようなので再生出来ない人はこちらの方法を試してみて下さい。

・compLexity Demo Playerを最新のものにアップデートする。
ダウンロードページへ 
※この記事を書いている時点で1.1.15が最新バージョン。

・Counter-Strikeを再インストールする。
たまにアップデートが適用されてない場合もあるので、今一度再インストールする。
その時にはconfigやuserconfigなどはバックアップをしておくこと!!

他には再生するdemoを変えてチャレンジしてみて、再生出来るようならdemoファイル自体に問題があるのかも。
今更だけどdemo再生に便利なconfigがNegitakuのダイアリーに紹介されていたので使ってない人は要チェック。記事自体は5年前の2007年のものだけどコマンドは生きてるので便利。

後はbot撃ちを始めたらクライアントがクラッシュしてしまうとか、アップデート前に比べて頻繁にクラッシュしてしまう人が増えたらしい。実際にN2Cや試合でも敵味方問わずクラッシュしてしまう人がちらほら…。ただ私の環境では再現出来ないので、何が原因かが分からないが、聞いた話によると日本語入力がONになっているとクラッシュしてしまうらしい。

確かに私のキーボードは"英語版"6Gv2なので意図的に日本語入力ONにしなければ日本語にはならないので、クラッシュしないのかもしれない。もしこの記事を読んでいて、英語版キーボードだけどクラッシュするよ!!って人がいたら教えて欲しい。

仮に日本語入力が原因ならば、恐らくコンソールを開くときに押す"`"キーで日本語入力になってしまうと思うので、コンソールを開くキーを別のキーに割り当てておくといいかもしれない。例えば=とか-とか誤爆しないキーがベター。

例)bind "=" "toggleconsole"

こちらも一応Counter-Strikeを再インストールしてみることをオススメします。(要バックアップ!!)

他にはアップデート前に比べて弾が出るまでに遅延があるらしいけど原因は不明。エスパーすると、フォルダの位置とサイズが変わってしまったことでちょっともっさりしたのかもしれない。後は通信関係のconfig設定か。
rateの値を25000ではなく100000にしてみたけど変わったところが分からないレベル。cl_cmdrate "100" cl_updaterate "100"も同様だけど、今回の修正でまた少し変わったようなので要検証。

AWPのスコープを展開したときにセンシが著しく下がるのは、以前のアップデートでマウス加速をOFFにするために入れていたm_customaccel "1"が原因だった模様。0にするとズームセンシは元に戻った。

今のところはこんなもんかな?とりあえずcoLdemoplayerでviewdemo出来るようになったのが大きいです。
HLTVのアップデート記事によるとまだ修正が来るかもしれないので、随時チェックしておくことオススメします。

あとこのブログもTOPからではなく個別の記事へ検索して来た人は、該当記事の他に最新の情報に更新されている記事がないかチェックしておいて下さい。
関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。