FUCK 花粉症

久しぶりにゲームに関係ないことでも

花粉症のシーズンが本格的に来てしまい、アレルギー体質の私は鼻と目がやられています。
アレルギー用の飲み薬があるので外出時はそれを飲んでるんですけど、その手の薬って眠くなるっていうか花粉症のせいでぼーっとするのかわらからないんですけど、集中力がかなり落ちるんですよね。バイトしてるときも注意散漫になったりで結構辛いです。

調べてみると、鼻の粘膜をレーザーかなんかで焼くとか、注射で改善するとか方法はあるみたいなんですけど、基本的にそういうのはシーズン前にやらないといけないみたいです。しかもデメリットもあるので諸手を上げて喜べないという。

はやく花粉症のシーズン終わらないかなぁ…

そういえばちょっと前に日本ではJINS PCがだしたゲーミングメガネとPCメガネが流行ったりしました。2011年にはsteelseriesからゲーミングアイウェアも出てましたよね。steelseriesのほうはメガネの効用が認可降りないとかの問題で国内販売はありませんでしたけど、JINS PCのほうは結構人気があったりしたみたいで雑誌とかTVでも特集が組まれてました。

そんなメガネを使わなくてもブルーライトを低減させるよ!!というのがこのフリーウェア
f.lux

どんなものかと言うと、モニターの色温度を時間に合わせて自動調整してくれるというもの。
色温度が6500Kから5000Kに下がるだけでブルーライトが約20%下がるらしいので、調整すればブルーライト50%低減を謳うゲーミングメガネより使えるかも。

ただ色温度を下げると全体的に赤みがかった感じになるので、正確な色を識別したい人は注意が必要だけど、ゲーミングメガネも実際には色が変わってしまうのであまり気にしなくても良いかも。

とりあえず無料なので使ってみたら、最初は赤みがかったモニターに違和感を覚えたけど使い始めたら慣れちゃいました。どれくらい違うのかなーって思ってしばらく使ったあとに効果をOFFにしたらモニターが眩しすぎて直視出来ない。

あぁ普段こんなに目が痛くなる状態でやってるのか…と思いました。

ちなみにこのソフトを使ってる状態でCounter-Strikeやっても暗いとこが見えなくなるということはないので大丈夫だと思います。

そもそもゲーミングメガネとかこのソフトを使わなくても液晶モニターの明るさを下げれば良いんだけどね(´・ω・`)
でも下げるとゲームの画面も暗くなっちゃうから下げれないよね。
関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク