de_tuscan CTside A (vol.3) 1st作戦 MoscowFive

■A側作戦と配置
テロリスト側はエリア1かエリア2を通らないとポイントに行けないのでカウンターテロリスト側の理想としては先にどちらかを制圧しておくと楽。その際はスタンダード配置というよりA1B4とかA4B1とか先に人数の多い方を潰して、その後に変則配置でラウンド取るイメージ。
基本的なスタンスとしてA側はA坂とセンターで挟まれると辛いので、中途半端な配置につくよりかはA坂側を抑えてしまうか
センターを抑えてしまうかどっちかに絞ったほうが楽。AWPがいれば敵とエンカウントする距離の関係でA側の人数を一人B側に割いて先にBを抑えるなども出来る。B側AWPであれば上手く立ち回れば即死しない限りA側の味方がシフトする時間があるので、ショート/広場担当のプレイヤーは臨機応変に動いたほうが楽。

1st守り方(MoscowFive)
エリア2を先に潰してしまう作戦でよく使われる。
チームによって多少の差異があるが大体ショート側とセンター側で挟む感じ。
A側は戦うというより時間稼ぎするのがベター。出待ちされているのなら無理に詰めずエリア2だけ抑えてシフトする。

①センターを降りてcatを見る
M5_1st_Tactics01.png
②Zeusの箱を右壁使ってエリア2から出てくる敵を確認
M5_1st_Tactics04.png
③ドア前でA坂からと地下からの敵に対応
M5_1st_Tactics02.png
④ショート側に降りてエリア2のピーク

M5_1st_Tactics05.png ⑤4のカバー役
M5_1st_Tactics03.png 

全体図はこんな感じ(tuscanはオーバービューバグってる)
M5_1st_Tactics06.png


関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク