春から始めるFPS デバイスを揃えよう!!

2013年も4月になりまして、新しい生活をスタートした人も多いと思います。
これを期に新しいゲームを始めようと思う人も多いと思うのでそんな人にオススメのデバイスを紹介したいと思います。
デバイスの優先度

一口にデバイスといっても様々なジャンルのデバイスがあります。
個人的にそれらに優先度をつけるとするとこんな感じになります。

ヘッドセット>マウス≧マウスパッド>キーボード>モニター

そこで初心者にもオススメのゲーミングデバイスをちょっとだけ紹介します。

ヘッドセット
ほとんどのFPSにとってゲーム内の音というのはとても大事な要素になっています。
ただし音と言っても大迫力のサウンド!!という意味ではなくゲームで勝つための要素としての音です。

Counter-Strikeでは足音がとても重要なポイントになります。Counter-Strikeに限らず多くのCS系ゲーム(SAやAVAやSF2等)でも足音は重要なはずです。 これらのゲームでは実際に敵を視認して撃ち合うより、耳で敵の位置を把握しながら戦うことが多いのが特徴です。

そこでオススメのヘッドセットはコチラです。
●予算 10,000円~
Sennheiser - PC360

Sennheiser - PC360  
Counter-Strikeのプロチーム『mTw(現在は解散)』と共同開発されていて、高価ですが多くのFPSプレイヤーに人気があります。開放型ヘッドセットなので夏でも蒸れにくく、音の伸びも良いと言われています。
音の位置を認識する性能も良いので、この予算内であればこれを買っておけば間違いないでしょう。 

Sennheiser - PC350 
Sennheiser - PC350  
Counter-Strikeのプロチーム『mTw(現在は解散)』と共同開発されていて、高価ですが多くのFPSプレイヤーに人気があります。 PC360との違いは密閉型であるということ。開放型に比べて外部の雑音が入りにくいのでオフライン大会を目指している人はこちらの方が良いと思います。 ドイツの音響メーカーが作っているのでマイクなどの性能も高く密閉型が好みであればこちらがオススメです。

●予算 ~9,999円
SteelSeries - Siberia v2 フルサイズヘッドセット
SteelSeries - Siberia v2 フルサイズヘッドセット  
ゲーミングデバイスメーカーであるsteelseries製の密閉型ヘッドセットでプロプレイヤーを始め国内外問わず多くのFPSプレイヤーが使っています。 steelseriesからスポンサードを受けているプロチームが使っていることもあって基本性能に関しては文句なしです。 ただし、断線やマイクの故障に関するトラブルもよく聞くので注意(サポートが良いので保障期間中であれば無料で交換してくれることが多い)
この予算内で迷ったらこれを買っておけば間違いないでしょう。

Audio-technica - ATH-770COM 
Audio-technica - ATH-770COM   
音響メーカーであるAudio-technica製のヘッドセット。ゲーミング用ではないですが個人的に使っています。
特別素晴らしい性能があるわけではないですが、音楽や映画鑑賞などのゲーム以外でも使えるオールマイティーヘッドセットです。
個体差があるとは思いますが音響メーカーが作っているので比較的耐久性も高く気に入っています。

マウス
マウスはFPSプレイヤーにとって手の代わりになるので一番フィットして扱いやすいマウスを選びましょう。

カタログスペックに関しては多くのゲーミングマウスが最低限のスペックを満たしているのであまり神経質にならなくても大丈夫です。 10,000dpi以上でるマウスもありますが実際にそこまでは必要ないです。それよりか持った時のフィーリングとか、クリックの感覚とかサイドボタンの位置、マウスホイールの硬さなどに注目して下さい。

手の大きさや持ち方、プレイスタイルやプレイタイトルなどでいろいろ変わってくるので可能な限り実際に店頭で触ってから購入するようにして下さい。 もしそれが難しいのであれば、自分の手の大きさや持ち方に似たプレイヤーを探して使い心地を聞くのも手段の一つです。

よく海外のプロが使っているからという理由で同じマウスを買おうとする人がいますが、海外のプレイヤーは手が大きかったりするので注意して下さい。

数多くのゲーミングマウスの中でFPSプレイヤーにオススメのマウスはコチラです。
●IE3.0型
Microsoft - IE3.0
Microsoft - IE3.0  
ゲーミングマウスではないのにも関わらず、世界中のFPSプレイヤーに愛されているマウスです。
一度絶版になった後、再販希望の数が多かったので再び販売されましたがまた絶版になってしまいました。
現在国内で新品を入手することは難しく、海外からの輸入品がメインになります。
サイズがデカいので手が小さい人や女性プレイヤーは注意してください。

海外輸入品は正規品ではないクローンモデルも多く存在します。
中国の海賊版などは中身のセンサーが別のものになっている可能性もあるので自己責任で。

ZOWIE - EC1/EC2 evo
ZOWIE - EC1/EC2 evo  
大人気マウスIE3.0に似た形をしたZOWIEのゲーミングマウス。伝説的なCS1.6プレイヤーHeatoN選手プロデュース。
EC1とEC2の違いはサイズで色の違いは表面加工になってます。 マウス加速もなく1つ前のモデルと違って直線補正もないのでプレイヤーの操作そのままを入力出来るのがポイント。 ドライバがいらないのでオフライン大会などでも問題なく動作するのも嬉しいです。 ただし細かいdpi変更が出来ないのでゲーム側とOS側でセンシを変更する必要があります。

DHARMAPOINT - DRTCM37BK
DHARMAPOINT - DRTCM37BK  
日本国内の著名プレイヤーが開発に関わったゲーミングマウスです。マウス加速や直線補正も無いセンサーを搭載しているので癖の無いマウス操作をすることが出来ます。IE3.0をかなり意識したモデルになっていますが、国内プレイヤーの意見を反映したということでIE3.0で問題になっていたマウスホイールやサイドボタンなどのトラブルを解決しています。IE3.0より高価ですがかなりオススメのマウスです。

●IMO型
SteelSeries Kinzu v2 PRO EDITION
SteelSeries Kinzu v2 PRO EDITION  
左右対称のシンプルなゲーミングマウス。無駄なボタンや機能もないので初心者にもオススメ。廃版になった1つ前のモデルと違いマウス加速と直線補正もなくなったので扱いやすくなりました。値段も安いのでとりあえず買ってみて試すことが出来るのもポイント。5000円以下で購入できるので迷ったらとりあえずコレ。

SteelSeries - Kana
SteelSeries - Kana  
左右対称の初心者向けゲーミングマウス。 同じ左右対称のKinzuと違ってサイドボタンが左右に1つづつ付いているのが特徴。 値段も比較的安く初心者でも扱いやすいのがポイント。 サイズもそれほど大きくないので手の小さいプレイヤーや女性プレイヤーにもオススメできます。

マウスパッド
マウスパッドはマウスと同じように重要なゲーミングアイテムです。
せっかく自分にフィットするマウスを購入しても思うように動かすことが出来なければ意味がありません。

大きく別けて布製とプラ製がありますが、操作性の良さと手入れのしやすさを考えると布製のマウスパッドがオススメです。
表面の違いによる滑り方、中間層の違いによる操作感覚、裏地の違いによる安定性などが選ぶ基準になると思います。

また使っているマウスのセンサーによっては読み取り不良が出る場合もあるので、事前にレビューサイトなどで相性などをチェックしておくのがオススメです。

ARTISAN - 飛燕 Value Edition
ARTISAN - 飛燕 Value Edition  
国内メーカー製のゲーミングマウスパッド。布製ながら軽快な滑りがポイント。湿気に左右されないので常に安定した操作感を得ることが出来ます。Lサイズ3000円以下で購入できるので最初に買うエントリーモデルとしてもオススメです。この価格帯で迷ったらとりあえずこれを買っておけば間違いないです。

ARTISAN - 零 XSOFT
ARTISAN - 零 XSOFT  
海外製マウスパッドからの移行をコンセプトに作られたゲーミングマウスパッド。扱いやすい軽快な滑りが特徴で湿気にも左右されないので梅雨の時期でも安定してプレイ出来ます。私も今使っていますが、操作しやすく安定しているのでかなりオススメです。

キーボード
ゲーミングキーボードと一般的な普通のキーボードの違いはいくつかありますが、大きな点として同時押しに対応しているというところです。 一般的なキーボードは2~3つまでの同時押しにしか対応していないので、それ以上の入力があると最初に入力されたキーか最後に入力されたキーが反応しなくなる事があります。 人間の指は10本しかないので現実的には4~5つの入力が出来れば問題ないです。

細かい違いとして応答速度などもありますが、最初の内は気にしないで良いと思います。

今使っているキーボードが自分の入力したものをしっかり認識してくれるのであれば急いでゲーミングキーボードを買う必要は無いでしょう。

キーボードにはスイッチにいくつか種類があってノートPCのキーボードに多いパンタグラフスイッチ。安価な一般的なキーボードに多いメンブレンスイッチ。 独特のクリック感があるメカニカルスイッチ。銀行などの業務用としても人気の高い静電容量無接点スイッチがあります。

メカニカルスイッチとスイッチがゲーミングキーボードとしても人気ですが、安価な初心者向けとしてメンブレンスイッチのキーボードもあります。
メカニカルスイッチとは
静電容量無接点スイッチとは
メンブレンスイッチとは

SteelSeries - 6Gv2
SteelSeries - 6Gv2  
黒軸もしくは赤軸を採用したゲーミングキーボード。
元々は7Gという上位モデルの廉価版だったが海外のプロゲーマーもこちらの方を使っているくらい人気があります。
マクロやLEDなどの無駄な機能もなく、誤爆防止のためにWindowsキーも別の場所に移動されているなど正しくゲーマーのためのキーボード。 最近発売された赤軸モデルがあるのでキーが軽い方が好きな人はこちらがオススメ。予算1万円前後で迷っているのならこれがオススメ。 

FILCO - Majestouch2 青軸
FILCO - Majestouch2 青軸  
ゲーム専用というわけではないがゲームに使っている人が多いメカニカルスイッチのキーボード。
青軸を採用しているゲーミングキーボードは多いがマクロやLED機能がいらない人はこちらがオススメ。
青軸の特徴である独特のクリック感は、ストッピングが必要なCSプレイヤーに人気。 その半面打鍵音が大きく、ボイスチャット越しにタイプ音が聞こえることも珍しくないです。 全方向性マイクを使っていたり、音量を細かく設定できないVCクライアントを使っている場合は要注意。

東プレ - REALFORCE91UBK
東プレ - REALFORCE91UBK  
静電容量無接点スイッチを採用しているキーボード。ゲーミングモデルではありませんがFPSプレイヤーにも人気のあるキーボードです。
静電容量無接点スイッチの特徴はなんといっても軽快なタイプ感と高い耐久性です。 スコスコと文字を打っていく感覚には他のキーボードにはないポイントです。 モデルによっては2万円前後しますがゲーマーだけじゃなくてレポートなど頻繁に文字を入力する人にもオススメ。

DHARMA POINT - DRTCKB109UP1
DHARMA POINT - DRTCKB109UP1  
メンブレンスイッチの初心者向けキーボード。 高価なゲーミングキーボードが多い中で5千円以下で購入できるエントリーモデル。無駄な機能はなくシンプルな構成だが全キー同時押し対応しているのは大きなポイント。プレイ中の誤爆を防ぐWindowsキーをロック出来るのも嬉しいです。また他のゲーミングキーボードより安く購入できるので最初に手に入れるゲーミングキーボードとしてオススメです。


モニター
近年話題になっているゲーミングモニター。
その特徴として液晶でありながらCRTのように120Hz駆動出来るのが大きなポイント。
最近では120hz駆動に加えてゲーム用に明るさやコントラストを自動設定してくれる機能などもついたものが発売されています。 応答速度にも違いがありますがゲーミングモニターは2ms以下が主流。(普通は大体5ms前後)

~hz駆動とは1秒間に何回画面を切り替える事が出来るかということで、一般的な液晶モニターは59~75hz駆動。
数値が高いほどより多くの回数画面を切り替えることが出来るのでなめらかに動く映像を写すことが出来ます。
まだ市場に多くのモデルが販売されておらず、他のモニターどころかゲーミングデバイスよりも高価なのがネック。

視覚的に大きく変わるので一番効果を感じやすいですが、絶対無くてはならないというものでもないので、
もし他のゲーミングデバイスを揃えた上で、まだ物足りないのであれば買えば良いと思います。

BenQ - XL2420T
BenQ - XL2420T  
現在販売されている120hz駆動のゲーミングモニターで一番人気。
伝説的なプロゲーマーだったHeatoN選手とSpawN選手が開発に関わっており、搭載されているFPSモードはCounter-Strikeを念頭に設定されてます。高価ですが 多くのオフラインイベントに採用されており知名度も高いのでゲーミングモニターで迷ったらこれを買えばまず間違いないと思います。 

SAMSUNG - S23A700D
SAMSUNG - S23A700D  
現在購入出来る120hz駆動モニターの中で最も安いモニター。ゲーミングモデルではありませんが120hz駆動ということで人気があります。とりあえず120hz駆動のモニターが欲しい!!という人はこちらがオススメ。

以上がFPSプレイヤーに人気のゲーミングデバイスです。
ゲーミングデバイスを揃えただけで強くなるわけではありませんが快適にプレイすることが出来ます。
例えば私が最新のランニングシューズを履いてもウサイン・ボルト選手には到底勝てませんが、サンダルやスリッパで走るよりは最高のパフォーマンスで走ることは出来ます。
そして負けたり失敗したことを道具のせいに出来なくなるので、練習するしかなくなります。

glhf!!
関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク