スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Counter-Strikeが命を救う?

Facebookみてたらこんな記事が面白いCounter-Strikeに関する記事がありました。
Facebookページへ 

写真にはCS1.6がデカデカと載った新聞記事が!!
面白そうなのでリンクしてあるURLを見てみました。



Counter-Strike Saves 3 Local Kids In Phillipines - MMORPG News - MMOsite.com

リンク先の記事をパッと見で読んだときはまたFPSが子どもに悪影響を与えたって記事なのかと思ったらどうやらそうではないらしい。

なんとCSのお陰で子どもの命が助かったという真逆の記事だった!!

英語Noobな私が翻訳サイトを使って内容を簡単に要約

多くの専門家や政治家がハリウッドのアクション映画ではなく、激しいアクションのゲームが子どもに暴力的な影響を与えると指摘しているが、今回手榴弾で遊んでいた3人の子どもがCounter-Strikeを知らなかったら命がなかったかも知れません。

フィリピンのマンダウエで3人の子どもが手榴弾で遊んでいるのが見つかりましたが、警察が手榴弾を無事に処理しました。

彼らは遊んでいる時に手榴弾を見つけ、その内の1人が同色の手榴弾を磨こうとしたときに、12歳のホセ君はCounter-Strikeをプレイした経験から手榴弾が恐ろしい武器だと知っていたので、手榴弾で遊ばないように注意しました。

最初に見つけた時は初めて手榴弾を見た好奇心から遊んでしまったが、ホセ君の注意を聞いて急いで警察に連絡をしました。手榴弾を処理した警察は「子どもが遊んでいるときに爆弾しなくてよかった」と言っています。

ってな感じらしい。ちゃんと合ってるかはわかんないから気になる人は自分で読んでね。

銃器が使われた事件があると、FPSとか暴力的な描写があるゲームが槍玉に上がることが多いんですが、今回はFPSが子どもの命を救ったということで話題になったみたいです。

ちなみにハリウッドアクション映画の顔であるアーノルド・シュワルツェネッガーは米コネティカット州の小学校で児童ら26人が殺害された銃乱射事件が起きたあと、映画のプロモーション会見でこんなことを言っていました。

「(映画は)あくまでエンターテインメントであり、こういった信じ難いほどに悲劇的な事件は分けて考えるべきだ」 

コマン~1

FPSだけじゃなくてゲーム業界からこういう声って上がらないのかな?あんまりそういうニュースみないよね。
関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。