今更ながら『Open Broadcaster Software』でニコ生を高画質配信する

『Open Broadcaster Software』(以下OBS)を使ってニコ生配信する人が最近増えているのかブログ該当記事のアクセス数も伸びてきているのでもう少し使い方と設定について書いてみます。 
 
前回の記事:はじめての「Open Broadcaster Software」

 
Open Broadcaster Software 

OBSはこんな人にオススメ!!
  • ミドルスペックPCだからXsplitで最新のゲームを配信するとfpsが下がったりする
  • ハイスペックPCだけど軽い配信ソフトを使ってもう少し高画質な配信をしたい
OBSはXsplitよりも軽快なのでXsplitでちょっと重いなと感じていた人には特にオススメです。ただし低スペックの人はOBS使っても重いので、今すぐ低スペックPCを窓から投げて捨てて新しいPCを買いましょう。

OBSのダウンロードはこちらから
Open Broadcaster Software - Download

Open Broadcaster Software - Download

 (この記事を書いている時点ではクライアントのバージョンは0.51βです)

■エンコード設定
OBSを起動したら上部の設定>設定>エンコードを開きます。
ニコニコ生放送はビットレート制限があるのでそれに合わせた設定をします。
配信している人が多い19:30~2:00の間は映像ビットレート+音声ビットレートの合計が384kbps
配信している人が少ない2:00~19:30までは映像ビットレート+音声ビットレートの合計が480kbps
まで設定することか出来ます。

その他の配信サイトUstreamやTwitchなどはビットレート制限がないので、自分のスペックと回線が許す限り上げることができます。(あんまり上げすぎると視聴者が見れなくなるけど)そこら辺については何度かテスト配信をして調整してください。

話を元に戻してニコニコ生放送用のエンコード設定ですが合計384kbpsのときはこんな感じ。
・384kbps(288k+96k)
ビデオ
CBRを有効にする:チェックを外す
映像の品質:5
特定のバッファサイズを使用:チェックを外す
映像ビットレート:288
バッファ:288
サウンド
コーデック:AAC
ビットレート:96
フォーマット:44.1khz stereo
384kbps_288_96

いやいやwwwちょっと画質悪すぎでしょwwwあんまり音は大事じゃないからもう少し画質上げたいなーって人は数値を変更してこんな感じ。
・384kbps(320k+64k)
ビデオ
CBRを有効にする:チェックを外す
映像の品質:5
特定のバッファサイズを使用:チェックを外す
映像ビットレート:320
バッファ:320
サウンド
コーデック:AAC
ビットレート:64
フォーマット:44.1khz stereo
384kbps_320_64 

合計480kbpsの時はこんな感じ。
・480kbps(384k+96k)
ビデオ
CBRを有効にする:チェックを外す
映像の品質:5
特定のバッファサイズを使用:チェックを外す
映像ビットレート:384
バッファ:384
サウンド
コーデック:AAC
ビットレート:96
フォーマット:44.1khz stereo
480kbps_384_96 

画質重視にするならばこっち
・480kbps(416k+64k)
ビデオ
CBRを有効にする:チェックを外す
映像の品質:5
特定のバッファサイズを使用:チェックを外す
映像ビットレート:416
バッファ:416
サウンド
コーデック:AAC
ビットレート:64
フォーマット:44.1khz stereo
480kbps_416_64 

画質を重視したいのか音質を重視したいのかによるのでそこら辺とバッファを映像ビットレートと同じにするか2倍にするかなどは自分の配信スタイルとリスナーさんからの反応をみて調整して下さい。 一応ビットレートの制限値を超えても配信は出来ますがプチプチと配信が止まります。あんまりやり過ぎるとBANされるので制限内で設定しましょう。

■ビデオ設定
OBSの設定>設定>ビデオを選択して解像度やfpsなどを設定します。
解像度はニコニコ生放送の場合でアス比4:3の場合は512*384アス比16:9の場合は640*360です。配信したいゲームや画面のアス比に合わせればOKです。一応解像度を上げると配信ソースの解像度を超えない限り(800*600のゲームを1600*1200で配信する)は高画質になります。OBSはXsplitより低負荷なのである程度解像度を上げてもそこまで負担にならないのでテキストを読ませたい人などは解像度を高くするとかなりクッキリみえるようになると思いますが、それだけビットレートを使うようになるのでニコ生の場合はほどほどにして下さい。特にアス比などにこだわりがない場合は16:9のゲームでもOBSを4:3にしておいたほうが画質に関してはキレイに見えます。他の配信サイトでは自分のスペックと回線と相談しながら設定すればOKです。

fpsは25~30くらいがベスト。当然fpsの数値が高ければ高いほどなめらかに配信出来るのですが、それだけビットレートが高くなるので25が妥当だと思います。

ということでこんな感じ。

アダプタ:使用しているビデオカードもしくは外部キャプチャーデバイス
解像度
配信映像:512*384
解像度の縮小:未設定(512*384)
フィルタ:バイリニア
FPS:25
起動した時にAeroを無効にする:チェック
512x384_25fps 


■詳細設定
OBSの設定>設定>詳細設定を開きます。
詳細設定ではマルチコアの設定やプリセットの設定が出来ます。今までの設定が一緒でもプリセットで画質が改善されたりするので高画質配信をしたい人は要チェックです。

マルチスレッド対応なので安定した動作で配信することが出来ます。プロセスの優先度に関してはPCのスペックやプレイしているゲームによって調整して下さい。ミドルスペックで尚且つ配信したいゲームがCPU依存だった場合、ゲームが重くなったりします。

プリセットはググるとXsplit用やらNLE用やらなんやらいっぱい出てくると思います。アップローダー検索とかでもゴロゴロと見つかります。ただし、プリセットでもFPSのようにめまぐるしく画面が動く配信向けに設定されたものや、イラストを高画質で表示させるために静止画向けに設定されたもの、配信サイトのビットレートに合わせたものなどたくさんあります。

OBSのプリセットは基本的にXsplitやNLEのものに少し手を加えるだけで流用出来るので、ニコ生用のプリセットを見つけたら少し修正して使いましょう。OBS自体の負荷がXsplitより下がっているので、今までXsplitを使っていた人はそれより負荷が高く高画質なものにしても良いかもしれません。

修正する際は文頭のex=を削除して数値を指定する:を=に変更します。
例)ex=8x8dct:1→8x8dct=1
それを各コマンドの間をスペースを開けて横並びにすればOKです。
例)8x8dct=1 aq-mode=2 bframes=3 deblock=-2:-2 direct=spatial ipratio=1.41...

各コマンドの数値やプリセットついてはこちらのページを参照
XSplit で FMLE より高画質で配信する方法 : ニコニコ動画研究所

ということでこんな感じ。
一般
マルチスレッドの最適化を使用:チェック
プロセスの優先度:通常
シーンバッファの時間
ビデオ
x264のプリセット:medium
CBRを有効にする:チェックを外す
x264の詳細設定:チェックを入れる
60-120fpsを有効にする:チェックを外す
Multithread_x264 


ちなみに私が今使ってるプリセットはこれ
ダウンロードページへ  
libx264ext-OBS-MQはそこそこスペックそこそこ画質
libx264ext-OBS-HQは良い感じスペックと良い感じ画質
一応私の使っているクアッドコア用に設定しているのでそれ以外人は調べて数値を調整して下さい。
※7/29にファイルを更新しました。
(参考:XSplit で FMLE より高画質で配信する方法)

■キャプチャーソフト
ゲーム画面をキャプチャーする方法は大きく別けて3つあります。
  • 画面キャプチャでゲーム画面を直接キャプチャーする
  • ゲームキャプチャーでゲームソースを指定してキャプチャーする
  • Dxtoryなどの外部キャプチャーソフトを使ってキャプチャーする
低負荷高画質を目指すならゲームキャプチャーでキャプチャーするのがオススメです。ただしたまに対応してないゲームがあるので注意して下さい。私はCS1.6など全画面でプレイしているゲームはDxtory、BF3などウィンドウモードでプレイしているゲームは画面キャプチャでキャプチャーしています。というのもDxtoryは取り込んでいない時に別の画像を表示出来るので便利なんです。ゲームキャプチャーだとゲーム画面から裏に行っている間は真っ暗になったりするのでリスナーさんが止まったかと思うんですよね。ウィンドウモードでゲームしているのは聞き取れなかったコメントをNCVで見てるからです。特にこだわりがなければゲームキャプチャーを使いましょう。

Dxtoryを使う場合はこのように設定しています。
Dxtory_Video 


■その他便利ツール
OBSもXsplitやNLE同様にFMEオートメーターを使った自動枠取りが出来ます。
OBSとFMEオートメーターを連携させるにはこちらのツールを使います。
FMEオートメーターについて:
虚無
VIPで初心者がゲーム実況するには@ Wiki - 自動枠取り

OBSサポートツール(OBSutil)について:
co1048576-ニコニコミュニティ

OBSSutilを使えば自動枠取りだけでなくプリセット反映なども簡単に出来るのでもしOBSを使ってニコ生配信をするなら導入していおいたほうが楽です。使い方は同梱ファイルを見ればわかると思います。
※こちらに自動枠取りに関して新しく記事を書きました
情弱でも出来る『Open Broadcaster Software』を使ったニコ生自動枠取り

今回は画質の設定ついて書いたのでサウンド関係の設定は省いてます。気になる人はググったら多分出てくるんじゃないかな。ちなみに私は以上の設定でBF3配信のfpsがXsplitを使っていたときより上がりました(45~60だったのが70~100くらいまでに戻った)。リスナーさん曰く画質も上がったということなので万々歳です。

※これらを使っての何かPCトラブルになっても責任負えないので自己責任でお願いします。

今回使ったOBSのバージョン:0.51β
配信に使っているPCのスペック:
OS: Windows 7 Home Premium 64-bit SP1
CPU: 第2世代 Intel Core i5 2400 @3.10GHz
メモリ: 12GB DDR3
VGA: ASUS GTX560Ti DirectCUⅡ 1GB
WEBカメラ: Logicool C910
サウンドカード: Creative SB X-Fi Surround 5.1

glhf!!

LOGICOOL HDプロ ウェブカム C920LOGICOOL HDプロ ウェブカム C920
(2012/01/13)
ロジクール

商品詳細を見る
関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

シーンバッファ時間はどれくらいが良いですか?

Re: No title

> シーンバッファ時間はどれくらいが良いですか?
私は60ミリ秒にしてあります
あんまり気にしたことがないのでそのままで十分だと思います
画質には関係ありませんしね

No title

OBSのverは0.51ですか?
あと枠取り後の自動化OBSutilは使っていますか?

Re: No title

> OBSのverは0.51ですか?
> あと枠取り後の自動化OBSutilは使っていますか?

現在使用しているOBSのバージョンは0.613です。
OBSutilは起動しっぱなしで問題ありません。

No title

突然失礼しますが、色々検索しても解決方法が見つからなかったのでここで質問させてください。
こちらのサイトを参考にOBSを用いてtwitchとニコ生での配信、ローカル録画で試したところ映像に問題はないのですが音がぷつぷつとしてしまいます。
現象としては一瞬停止して次の瞬間加速して追いついて結果音がプツプツとします。アロケータサイズを小さくしたみたいな状態だと認識しています。
設定で軽くしたりプロセスの優先度あげたりためしたのでPCスペックではないと思うのですが、もうなにが原因かわかりませんでした。
ちなみに以前はNLEを使ってニコ生放送しており先ほど試した時も問題なく放送できています。

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼メニュー
TwitterページへYouTubeチャンネルへニコニコ生放送へTwitchチャンネルへRSSフィードへ
プロフィールページへ
プレイ環境

CS1.6とは
CS1.6を購入
CS1.6を設定
初心者向けページへ

連絡先へ

▼ブログカテゴリ
▼人気記事ランキング
▼Amazon
コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア
コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア [字幕版]
ワールド・ゲームズ・マガジン・ジャパン【WORLD GAMES MAGAZINE JAPAN】  
ワールド・ゲームズ・マガジン・ジャパン
勝ち続ける意志力 梅原 大吾(著)
勝ち続ける意志力 梅原 大吾
BenQ 27.0型LCD LEDワイドモニター XL2720Z
BenQ 27型ゲーミングディスプレイXL2720T
BenQ 24型LCDワイドモニター XL2420TE
BenQ 24.0型LCD LEDワイドモニター XL2420Z
BenQ 24.0型LCD LEDワイドモニター XL2411Z
BenQ 24型LCD LEDワイドモニター XL2411Z
iiyama 24型ワイド液晶ゲーミングディスプレイ GB2488HSU-B1
iiyama 24型ワイド液晶ゲーミングディスプレイ GB2488HSU-B1
iiyama 144Hz駆動 27型インチProLite G2773HS-GB2
iiyama 144Hz駆動 27型インチProLite G2773HS-GB2
ASUS VGシリーズ VG248QE 144Hz駆動24インチ液晶ディスプレイ VG248QE
ASUS 144Hz駆動24インチ液晶ディスプレイ VG248QE
PHILIPS 24型ワイドゲーミングディスプレイ 242G5DJEB/11
PHILIPS 24型ワイドゲーミングディスプレイ 242G5DJEB/11
Microsoft IntelliMouse Explorer 3.0
マイクロソフト オプティカル マウス IntelliMouse Explorer 3.0
SteelSeries Rival Optical Mouse
SteelSeries Rival Optical Mouse
Razer DeathAdder 2015 Chroma
Razer DeathAdder 2015 Chroma
ZOWIE GEAR ゲーミング マウス EC2 EVO CL  
ZOWIE GEAR EC2 EVO CL
CM Storm ALCOR Gaming Mouse
CM Storm ALCOR Gaming Mouse
CORSAIR Raptor M30 Gaming Mouse
CORSAIR Raptor M30 Gaming Mouse
SteelSeries Sensei RAW Frost Blue
SteelSeries Sensei RAW Frost Blue
SteelSeries Kana v2 Black
SteelSeries Kana v2 Black
ROCCAT Kone Pure Optical
ROCCAT Kone Pure Optical
SENNHEISER オープンエアー型ゲーミングヘッドセット G4ME ONE
SENNHEISER オープンエアー型ゲーミングヘッドセット G4ME ONE
SENNHEISER クローズ型ゲーミングヘッドセット G4ME ZERO
SENNHEISER クローズ型ゲーミングヘッドセット G4ME ZERO
Corsair Raptor HS30 Analog Gaming Headset
CORSAIR Raptor HS30 Analog Gaming Headset
SteelSeries Siberia Elite Black Headset
SteelSeries Siberia Elite Black Headset
SteelSeries Siberia v2 Frost Blue Headset 
SteelSeries Siberia v2 Frost Blue Headset
AUDIO-TECHNICA ATH-AG1
AUDIO-TECHNICA ATH-AG1
Razer Hammerhead Pro In-Ear Headphones
Razer Hammerhead Pro In-Ear Headphones
SteelSeries Flux In-Ear Pro Headset
SteelSeries Flux In-Ear Pro Headset
ARTISAN 飛燕 Value Edition Lサイズ
ARTISAN 飛燕 Value Edition Lサイズ
ARTISAN 零 XSOFT Lサイズ
ARTISAN 零 XSOFT Lサイズ
ARTISAN 疾風 SOFT Lサイズ
ARTISAN 疾風 SOFT Lサイズ
SteelSeries 日本語版 6Gv2(Japanese)
SteelSeries 日本語版 6Gv2
東プレ NG01B0 REALFORCE91UBK
東プレ NG01B0 REALFORCE91UBK
41XO5t1if1L__AA300_.jpg
CORSAIR Gaming Keyboards Vengeance K65 Compact
Razer Mouse Bungee マウスコード マネジメント システム
Razer Mouse Bungee マウスコード マネジメント システム
GUNNAR*STEELSERIES SCOPE
GUNNAR*STEELSERIES SCOPE
Intel CPU Core i7 4770K 3.50GHz
Intel CPU Core i7 4770K 3.50GHz
AMD A-series AMD A10 7700K
AMD A-series AMD A10 7700K
MSI N760GTX Twin Frozr 4S OC グラフィックスボード
MSI N760GTX Twin Frozr 4S OC グラフィックスボード
玄人志向 グラフィックボード GeForce GTX660 2GB OCモデル
玄人志向 グラフィックボード GeForce GTX660 2GB OCモデル
Samsung SSD840EVO ベーシックキット250GB
Samsung SSD840EVO 250GB
Creative Sound Blaster X-Fi Go! Pro USBオーディオインターフェース SB-XFI-GOP
Creative Sound Blaster X-Fi Go! Pro USBオーディオインターフェース
Creative サウンドカード PCIe Sound Blaster Recon3D Professional Audio SB-R3D-PA
Creative PCIe Sound Blaster Recon3D Professional Audio SB-R3D-PA
Creative クアッドコア サウンドカード ヘッドホンアンプ搭載 PCIe Sound Blaster Zx 再生リダイレクト対応
Creative クアッドコア サウンドカード  PCIe Sound Blaster Zx
LOGICOOL ウェブカム HD画質 120万画素 C270
LOGICOOL ウェブカム C270
LOGICOOL HDプロ ウェブカム C920
LOGICOOL HDプロ ウェブカム C920
グリーンハウス 液晶ディスプレイアーム 4軸 クランプ式 GH-AMC03
グリーンハウス 液晶ディスプレイアーム 4軸 クランプ式 GH-AMC03
WIJ.com アクリル製ヘッドフォンスタンド AQULIA HPSTAND ST
WIJ.com アクリル製ヘッドフォンスタンド AQULIA HPSTAND ST
▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク