スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BenQの120Hz駆動モニター『XL2420T』が30,000円を切る

2011年に発売されたBenQの120Hz駆動モニター『XL2420T』
先日その27インチモデル『XL2720T』が発売されましたが、『XL2420T』は平行して販売されています。
その『XL2420T』がついに30,000円を切ったようです。

BenQ 24型 LCDワイドモニタ XL2420T

『XL2420T』にはCounter-Strikeの伝説的なプレイヤーが開発に関わっており、以下の特徴があります。
Counter-Strike Legends

●LEDバックライトを採用したフルハイビジョン液晶ディスプレイ。
●暗い場面の視認性を高めるBlack eQualizer機能。
●ディスプレイモード機能を搭載。ディスプレイモードを設定することで、簡単に異なる7つの画面サイズモードへの調整が可能です。
●インスタントモード機能を搭載。マウスの動きとディスプレイ間における入力処理のラグを縮小することで、応答性を向上させます。
●スタイリッシュなOSD専用コントローラーS.Switchを標準搭載。
●ボタンなどを押すことなく、簡単に130mmの高さ調整ができ、左右35度のスウィーベル機能や、本体を90°回転させるピボット機能を搭載。
●簡単に操作が可能な新デザインのOSDメニュー。
●元プロゲーマーが設定するFPSモードを搭載。
●NVIDIA® 3D Vision™ 2に対応。
●滑らかな動画表示を行う垂直リフレッシュレート120Hz駆動。
●高速応答技術「AMA(Advanced Motion Accelerator)」を採用し、応答速度2ms(Gray to Gray)を実現。
●HDMI端子を2系統、DisplayPortを1系統装備し、マルチメディアに対応。
●DCR(Dynamic Contrast Ratio)搭載でコントラスト比1200万:1を実現。
●Windows7に対応。

CSプレイヤーとしてやはり気になるのは120Hz駆動応答速度2ms、そしてCS1.6用に設定されたFPSモードでしょうか。
以前はAcerなどからも発売されていた120Hz/144Hz駆動モニターがありましたが、海外のeスポーツ大会などで『XL2420T』が採用されていたり、ゲーマー向け機能が充実しているということもあって120Hz駆動モニターの代名詞的存在になっているのがこの『XL2420T』です。

発売当初は40,000円前後で販売されており、現在ではiiyamaの27インチ120Hz駆動モニター『PLG2773HS-GB1 E』が26,000円で購入出来ることからSAMSUNG製の23インチ120Hz駆動モニター『S23A700D』が約24,000円で購入できることから、値段で比較した場合かなり高価な感じがしていましたが、値下がりした今では約3,000円の差でゲーマー向け機能がある120Hz駆動モニターが購入出来るというのはかなり魅力的になった感じがします。

ただこれが『XL2420T』自体の販売価格が値下がりしたわけではなく、Amazonの在庫状況等で値下がりしているだけかもしれないので購入を予定している人はよく確認してください。

※追記
案の定、元の価格に戻ってるンゴwww
Amazonを利用している人はほしい物リストにいれて
値段をチェックしておきましょう!!

BenQ 24型 LCDワイドモニタ XL2420TBenQ 24型 LCDワイドモニタ XL2420T
(2011/12/20)
ベンキュージャパン

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。