スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お詫び勢や500円勢でもBF3を楽しくプレイするコツとは

先日『BattleField3(BF3)』が破格の500円で販売され、その日はTwitterのトレンドにもBF3が入るくらい話題になっていました。

それに加えてシムシティの鯖トラブルに関してEAが無料で1つのゲームをプレゼントしたこともあって、最近BF3を始めたという人が増えたみたいで、Twitterや配信でもそういう人を見かけます。

そこで今からでもBF3を楽しむためのコツを少しだけ紹介しようと思います!!
battlefield3 

1.ミニマップ重要!!超重要!!マジ重要!!
ゲーム画面の右下にある小さいMAPがミニマップです。
BF3のミニマップはCS1.6のミニマップと違って敵の位置や向いている方向、味方の状態など事細かく表示されています。
とくにスポット(後述)されてミニマップに表示された敵の位置をしっかり把握しておけば、急に敵が飛び出てきて撃たれるということが劇的に少なくなります。

私は撃ち合ってるとき以外は常にミニマップを拡大→縮小を繰り返して敵の大まかな位置を確認してから次の行動に移っています。リロードしているとき、遮蔽物に隠れた時などちょっとした合間にミニマップをちょくちょく確認する癖をつけておきましょう!!

2.スポットを多用して敵の姿を晒しだせ!!
このゲームにはスポットというシステムがあります。簡単にいうと見つけた敵の位置を味方のミニマップに表示するというものです。もし距離が遠くて撃っても当たりそうにない敵や、自分の武器では倒せない乗り物などがいた場合、スポットをすることでそれらに対抗できる味方が戦ってくれます。そしてスポットした敵が倒されるとスポットした自分にポイントが入ってきます。10人スポットすれば1KILL分のポイントがもらえるので撃ち合いが苦手な人でも積極的にスポットするようにしましょう。

3.1KILLより重要な味方への支援と拠点確保
このゲームにはいくつかのルールがありますがコンクエストやラッシュでは敵を倒すことはそれほど重要ではありません。むしろ100KILLしても拠点を全部とられたりM-COMを守れなかったりしたらゲームに負けてしまいます。逆に言えば0KILLでもゲームに勝ってMVPを獲得することもできます。劣勢になっても積極的に拠点を確保したりM-COMに絡むようにしましょう。前線を上げることで後続の味方も前に進みやすくなります。

またこのゲームでの1KILLは100ポイントもらえますが味方を蘇生しても100ポイントもらえます。他にも味方のHPを回復させたり弾を補給させたり、敵を倒さなくても味方を助けてチームの勝利に貢献出来ることがたくさんあります。自分よりランクの高い人を助けてあげればその人が自分の分まで敵を倒して、拠点を確保してくれるかも知れません。特に分隊員を助けているとその分ボーナスがもらえるので、分隊員全員のスコアが上がってエース部隊に選ばれることもあります。


4.1人は全員の為に、全員は1人の為に!!
BF3では分隊リスポーンというシステムがあります。敵にやられてしまっても自分が所属している分隊からリスポーンすることが出来ます。つまり味方が死んでも自分が生きていればそこから味方がリスポーンすることが出来るようになっています。この分隊リスポーンは劣勢な情況から一気に攻勢に移るときなどに特に大きな効果を発揮ます。自陣ベースに押し込まれそうになってていても分隊員の内1人が敵の攻撃を掻い潜って裏側に進むことが出来ればそこから味方がリスポーンして一気に逆転!!ということも可能です。劣勢なときこそ積極的に裏取りをし、なんとか生き残って逆転のチャンスを掴みましょう!!分かっている人は口に出さなくても美味しいリスポーン地点になった味方分隊員に感謝しています。

ということはミニマップ・スポットというシステムと相まってこのゲームではキャンプする旨味がほとんど無い上に味方のリスポーン地点にもならないというデメリットだらけです。キャンプして頑張ってとった1KILLは何の意味もありません。スコアボード上で1KILLと書かれてるだけで実際は味方の足を引っ張ってるので-10くらいです。死ねキャンパー!!

■オススメ武器&アクセサリー
CS1.6のようにAKとM4とAWPを使えみたいな感じではなくどの武器にもそれぞれ特徴があって、MAPや戦い方に合わせてアクセサリーをつけることで更に戦術の幅が広がるようになっています。それに加えてBF3は初期武器の性能が非常に高く、DLCを買ったりしなくても十分戦えます。私も使ってる武器は全て初期武器で、別に「DLCの武器があれば勝っていたのに!!」という風に感じたことがないので好きな武器を好きなセッティングで戦うのも正しい選択の1つだと思います。

とは言いつつもTwitterや配信で聞かれるので一応個人的に気に入っている武器とアクセサリーを紹介しようと思います。
・突撃兵
Assault
M16A3
+ホログラフィック
+フォアグリップ
+ヘビーバレル

US側の初期武器でどの距離でも戦える万能武器。悪く言えば器用貧乏でそれぞれの距離に特化した武器には劣ってしまうけど、使う場所を選ばないので便利です。一時期遠距離戦も考えてACOGをつけていたけど、遠距離にいる敵は偵察兵に任せれば良いやと思ってホログラフィックにしました。このゲームではホログラフィックでもそこそこ遠距離は当てられるので問題ないと思います。フォアグリップとヘビーバレルは鉄板セットでとりあえず迷ったらこれつけておけば問題ないです。

・工兵
Engineer 
M4A1
+ホログラフィック
+フォアグリップ
+ヘビーバレル

こちらもUS側の初期武器で近距離~中距離向きのカービンライフル。この武器も器用貧乏と言われてしまうが、初心者から上級者まで使えるスペックを備えていて、アサルトライフルと正面でまともに撃ち合いをしなければバリバリ敵を倒していける。中距離戦を意識してホログラフィックをつけているけどリフレックスのほうが見やすければそちらでもOKだと思う。フォアグリップとヘビーバレルはここでも鉄板装備。

・援護兵
Support 
M249
+ホログラフィック
+フォアグリップ
+フラッシュサプレッサー

US側の序盤でアンロックされる武器。弾が5.56x45mm NATO弾のため威力は高くないけど、軽機関銃の中で最高の発射速度なので一気に弾幕を張ることが出来る。個人的にバイポッドを展開して軽機関銃を使うことが好きではないので、出会い頭の瞬間火力が求められないMAPであればこの武器で突撃兵のアサルトライフル、工兵のロケットランチャーの弾を回復しつつ一緒に前線を上げてあげるのがオススメ。近距離~中距離のためにホログラフィックを選択。フォアグリップとフラッシュサプレッサーでかなりリコイルがマイルドになるので初弾を外してしまっても、制圧効果を与えつつその高レートで無理矢理リコイルして倒しきるということも出来ます。

・偵察兵
Recon 
M39EMR
+ACOG
+フォアグリップ
+サプレッサー

COOPモードのポイントを貯めてアンロックする武器。BF3はCS1.6と違って弾が即着じゃない上に弾が落下する弾道も考えながら撃たないといけないので、ボルトアクションのスナイパーライフルが非常に面倒くさい。面倒くさい上に、キャンプするのが好きではないのでセミオートのスナイパーライフルを使っています。ライフルスコープとバリスティックスコープのほうが倍率が高いもののレンズに反射して敵に位置がバレてしまうので4倍のACOGを使用。サプレッサーをつけることで発射してもミニマップに位置が表示されないのでセミオートスナイパーライフルの特徴を生かして、一発で仕留めるというより味方と前身しながら遠距離にいる敵を見つけ次第タシタシタシと連続で当てて排除していくような使い方をしています。

以上はあくまでも私個人のオススメであって、最強の武器と最強のアクセサリーではないので要注意!!
完全に脳筋プレイなのでこういうセッティングになってるだけです。1つ言うとすればデメリットをなくすようにアクセサリーをつけるよりメリットを活かすようにアクセサリーをつけた方が良いと思います。デメリットを消そうとして中途半端なセッティングにしてしまうより何かに特化したセッティングをして、その性能を引き出せる距離で戦ったほうが面白いんじゃないかなと。

一部の声のでかいプレイヤーはどの武器が強武器だとかなんだとか言ってるけど好きな武器を使えばいいんです。M60E4持って突っ込んでランボーになりきってもいいしM416にサプレッサーとホログラフィックつけてゼロダークサーティーごっこしてもいいし。

BF3お祭りゲームなんで、小難しいことは考えずに「オラァァァァ!!突撃だー!!」って遊んで楽しみましょう!!

読んでおくと何かと便利なBF3wikiはこちら
Battlefield3 攻略 Wiki


関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。