スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

設定について

CSOはCS1.6と違い設定などをいじらないままでも普通にプレイ出来ますが、設定を少し変更するだけで更に快適にプレイできるようになります。

※注意※
設定は使ってるPCによって相性があったり個人の好みがあるので細かい部分は説明しませんが、これはやっておいたほうが良いよ!ってのだけ説明します。ハイスペックPCや自作PCなどでグラフィックボードなどを積んでいる場合はそれら設定が必要になってきますが、その場合はグーグル先生で検索すると設定方法が見つかると思います。
※TeamSpeederのnoppoさんがブログでグラフィックボード設定などについて細かく解説してくれています。

「コンソール」
まずログインした後の画面でオプションを開き、キーボードの「¥」を押してコンソール入力画面を出します。次に以下のコンソールを入れて下さい。この時の注意点は必ず半角英数で入力してください。半角英数で入力すれば途中で予測変換が出ると思います。

fps_max 100
hud_fastswitch 1
fastsprites 2
cl_weather 0
cl_radartype 1
cl_headname 1
cl_autowepswitch 0


1つ入力したら「伝送」を押していき7つ全てを入れましょう。これくらい入れとけば大きな問題なくプレイ出来ると思います。他にもコンソールを使って様々な設定できますが、それはこのゲームに慣れてからでも十分です。
ゲームに慣れたらCSOwiki-コンソールなどを見て自分にピッタリな設定を見つけてみて下さい。
「マウス」
次にオプション画面のマウスを開きます。開いたらマウスフィルターのチェックボックスのチェックを外します。
これは俗に「マウス加速」と呼ばれるものです。これでゲーム側のマウス加速を切ることが出来ました。「マウス加速」はマウスを動かした速度によって動かした距離より大きく動かす機能ですがゲーム中は邪魔になるので切ったほうがいいです。
OS側でマウス加速がONになっている場合があるので「スタート」→「コントロールパネル」→「マウス」を開き「ポインタの精度を高める」のチェックを外して下さい。
Windows7からはこの方法ではマウス加速がOFFに出来なくなりましたのでこちらの方法でOFFにしてください。

次はセンシと呼ばれるマウスの感度を設定します。
これは人によって全然違うので実際にプレイして試して下さい。照準を合わせるのが遅ければ数値を高くして、逆に照準が動きすぎてしまう人は低くして下さい。センシの詳しい説明ついてはこちら
低いセンシ(ローセンシ)が流行っていますがローセンシだからと言って自分が思うように180度振り向けないセンシはよくないので何度も調整して自分にピッタリのセンシを見つけて下さい。ちなみに私は180度6cmのハイセンシです。

「ビデオ」
次にビデオを開いて下さい。
レンダラを開くとOpenGLD3Dというのがあると思いますが、これは使っているPCによってメリット・デメリットがあるので両方試してみて、見やすい方を選んで下さい。

解像度と画面表示モードは画面の大きさを変えられます。解像度を下げたほうが敵のモデルが見やすくなるので実際にやってみて見やすいものを選び、全画面ではなくウィンドウモードでプレイしたいのであればウィンドウモードで実行をONにしてください。
カラー品質は必ず32bitに設定して下さい。明るさとガンマですが出来るだけ右にスライドさせて下さい。そうすることによってMAPが明るくなって暗い場所にいる敵が見やすくなります。

これらのビデオ設定は使っているPC、モニター、ビデオカード等によって異なってくるので、実際にプレイして違和感があれば自分に合うように設定を繰り返す事をお勧めします。

以上で設定は終わりです。
最初にも言いましたがこれが正解という設定はないのでプレイに慣れたら、設定を細かく調整して自分に合う設定を見つけていく事をお勧めします。
関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。