SteelSeries KINZU Optical 早漏気味なレビュー

秋葉原のTSUKUMOでバルク扱いのKINZUが1999円と安かったので試しに買って来ました。

ということで早漏気味なレビュー書きます

製品情報とスペック(http://wasd.jp/products/506/)

製品情報

SteelSeries Kinzuはコンパクト、軽量ながら、そのパフォーマンスと安定性においては他の追随を許さない機能を誇るマウスです。

このマウスは光学マウスの新しいスタンダードを確立するためにプロフェッショナルゲーマーとの共同開発により生み出されました。
ゲーミンググレードの面積相関法を用いたセンサーはより良い安定性を発揮するために最適化されており、コンパクトな形状に似合わず、毎秒9375フレームにて読み取りを行い、毎秒75インチの動作速度を実現しています。
さらに125 - 1000Hzの間で設定可能なポーリングレートを採用しており、マウスとPC間の情報伝達の誤差を1ミリ秒にまで低減する事が可能です。

(SteelSeries製品ページより)

スペック
•秒間フレーム数:9,375 FPS
•秒間インチ数: 75 IPS
•秒間メガピクセル: 3.75メガピクセル
•1インチあたりのカウント数: 400 - 3200 CPI
•アクセラレーション: 20 G
•ボタン数: 4 (CPI切り替えボタン込み)
•コード長: 2,4 m (布巻きコード)
•ポーリングレート: 最大1000 Hz
•リフトディスタンス: ~2.0mm
•CPI High/Lowインジケーター
•大きめに用意されたマウスソールが抵抗を軽減し、より良い滑りを実現
•ドライバレス、プラグアンドプレイ対応
•ビルトインメモリー、3つのプロファイルを格納可能
•サイズ: 117 x 64 x 36 mm
•対応OS: Win XP / Vista


使用環境
プレイしているゲーム
CS1.6 CSO BFBC2 L4D2
比較マウス
①Razer Imperator
②ZOWIE EC2
使用しているマウスソール
①ARTISAN 零 Xタイプ
②ZOWIE Speedy Skatez BF
使用マウスパッド
ARTISAN KAI.g3 飛燕(Rev. 2) HARD
ARTISAN KAI.g3 紫電 XSOFT S
ARTISAN KAI.g3 疾風 SOFT M
ARTISAN KAI.g3 紫電改 XSOFT S
Razer Goliathus Control Edition
SteelSeries QcK+ Limited Edition (Natus Vincere)
使用者情報
ARer
手首支点
ハイセンシ
使用期間
2時間

第一印象...小さい!!
②のマウスもそんなに大きくはないんだけど比較しても小さい。3つを比較してみるとこんな感じ。
kinzuHIKAKU

普段かぶせ持ちでプレイしているんだけど、同じ持ち方をするとこうなる・・・
kinzu.kabuse

裏はこんな感じ
kinzu.kanuseURA

確実にはみ出ている(´・ω・`)
どうやらつまみ持ちのほうが良いかも知れないマウスらしい。

そんでもってサイドボタンが無いのでサイドボタンにしゃがみと投げ物をbindしてる僕にとってはオワコンマウス。完全に比較用として買ったのでまぁ良いか。

小さくて軽い。そこら辺にマウス選びのポイントを置いてる人にとっては良いのかも知れない。

いろいろレビューサイトを見てみるとセンサーに難があるらしい。ネガティブアクセルがどうとか加速がどうとか・・・それに関してはまだゲームをプレイしていないので不明。早漏気味なレビューということでそこら辺は後々書きます。

あと忘れちゃいけないのがソール。
kinzu.so-ru

マウスとマウスパッドを繋ぐ重要なポイントなんだけどこの純正ソールは間違いなく糞。
他社マウスのソールはある程度しっかりしているというか使用に耐えうるソールなんだけど、これは使用に耐えない。簡単に言えば滑らない。

普段滑らないマウスパッドを使ってる人でもビックリすると思う。実際Qck+とゴラコンで試したけど重くて使い物にならなかった。布系でも滑ると言われてる飛燕・疾風でもダメで紫電・紫電改の滑りをもってしてやっといつもの感じに使えるという代物。ガラス系/プラ系マウスパッドを使ってる人ならともかく布系を使ってる人は要注意だと思う。特に滑らないマウスパッド使ってる人!!

クリックは固くはないと思うが押す位置によって若干の変化があると思う。かぶせ持ちで先端をクリックすると軽いがつまみ持ちで手前をクリックすると重い。僅かな差だけど気にする人は気にするかも知れない。

ホイールは小さくて軽め。軽快に回す事が出来るが小さいので1ノッチずつ回すのには不向きかも。ホイールクリックは固いので誤爆の心配はないと思う。

コードはビニール製で固め。個人的にはコードホルダーが無いと使えないかも。最初にどうやってクセをつけるかが問題。

値段は正規価格でも高くはない・・・Amazonでも4000円程度なので良いかな?多分

結論
値段が安いのでエントリーモデルにどうぞ!!と言いたけど、個人的にはあんまりオススメしたくは無いマウス。
ただ他のマウスじゃ大きくて手に合わないだとかそういう人にはオススメ出来るかも知れない。
その代わりセンサー部分やソールの部分を妥協するか改善しなければいけないのでそこがネック。

関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク