スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【CS:GO】「マッチメイキング」という一歩を踏み出せ!

配信中にリスナーさんに聞かれたので記事化
『Counter-Strike: Global Offensive(CS:GO)』にはマッチメイキングシステム(MM)が実装されています。
これは以前のCS1.6やCS:Sには無かった機能で、自分のプレイヤーランクに応じて自動的に5対5の試合形式でプレイヤー同士をマッチしてくれるもので、これによって今までのように「野良鯖行ったけど人いない」とか「始めたばっかりでボコボコにされる」という事が少なくなりました。

鯖もValve側が用意した鯖に勝手に接続してくれますし、内蔵VCもあるのでCS:GOの雰囲気を知るには持って来いだと思います。

やり方は簡単!!
CS:GOを起動したら上部のPLAY>FIND A GAMEを選択csgo 2013-06-19 22-39-59-317

次にゲームモードをCLASSIC COMPETITVEにしてプレイしたいMAPにチェックを入れて右下のGOをクリックcsgo 2013-06-19 22-40-14-935


そしたら自分のプレイヤーランクに合ったプレイヤーを自動的に探し始めるのでマッチするまで待ちます。
すぐ見つかるときもあれば5分以上待つときもあります。
csgo 2013-06-19 22-40-22-792 


プレイヤーが見つかればピピピピピって音と共に開始ボタンが表示されるのでACCEPTをクリックでOK!!
ピピピピピって音は裏に戻ってても聞こえるので揃うまで動画サイトとか見てても大丈夫です
csgo 2013-06-19 22-42-42-588 


マッチされた10人が全員開始ボタンを押していればゲームスタート。誰かが押していなかったらまたプレイヤーを検索しはじめます。
csgo 2013-06-19 22-42-45-756 


後はいつも通りプレイすればOKです。まだ日本鯖が用意されていないらしいので大体pingが80~150前後になると思います。autoexec.cfgのmm_dedicated_search_maxpingというコマンドでpingの上限を決められるのでそこら辺で調整すると良いと思います。ちなみに私はmm_dedicated_search_maxping 150です。これでpingの上限が150になります。(オススメは150)

多分韓国とか中国とかシンガポール辺りの鯖に接続されるらしくて(詳しくは知らない)コミュニケーションは大体英語ですけど、私のような英語Noobでも通じるっちゃ通じるのでノープロブレム。

英語喋れないときはチャットで単語並べるだけでも通じます。っていうかいちいち長ったらしい事書くより単語並べた方が通じやすい気がする。

MMで使われる鯖は国内で一般的に使われている試合鯖と設定が違うし、pingもどえらいことになってるので練習にはほとんどならないと思うけど、試合形式で遊びたいなーとかちょっと試合の雰囲気を味わいたいなーって感じだったらかなり面白いので恐れずにどんどんプレイすることをオススメします。
関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。