無料の7.1chサラウンドシステム『Razer Surround』を使ってみた

みんな大好きNegitaku.orgを読んでいるとこんなニュースが掲載されていました。
参考:『Razer』が個人に最適化されたバーチャル7.1chサウンドを提供するWindowsソフト『Razer Surround』をリリース | Negitaku.org e-Sports

>『Razer Surround』は、ブランドに関係なくどのようなストレオヘッドフォンでも個人に最適化された最高のバーチャル 7.1ch サラウンドサウンドを体験することを可能とする Windows ソフトです。
>同ソフトでは、簡単な聴き取りテストを行なうことによりプレーヤー自身の耳のサイズや形状に合わせた個別設定を構築することが可能となります。
>その結果、あらゆる方向や距離からのサウンドが驚異的なほど正確に再現されゲームでアドバンテージを獲得することができるとのことです。

(記事より引用)

詳しい説明はニュースとソースを見てもらうとして、なにやらRazerから無料で使える7.1chサラウンドシステムがリリースがされているということなので早速インストールしてCS1.6やCS:GOなどでプレイしてみる事にしました。
詳細:Razer Surround
Razer Surround06 

■ダウンロード
まずはダウンロードページに行ってWindows版をダウンロードしてきます。
公式ページに書いてありますがチャリティに参加してダウンロードすることが出来ますので好きな方を選んでください。
Surround Sound Download Donate
Razer Surround07 

Razer_Surround_Synapse_Combo_v1.09.05.12のダウンロードが終わったら案内にしたがってインストールしていきます。日本語による案内にしたがってインストールしていけば簡単に完了すると思うのでインストールが終わったらPCを再起動して下さい。

■初期設定
PCを再起動するとRazer Synapse2.0がタスクバーに追加されていると思うので起動します。
ログインを求められるので既にRazer Synapse2.0を利用したことがある人はそのままログインを、初めて使う人はアカウントを作成します。
Razer Surround02
アカウントを作成した場合は登録したメールアドレスにメールが届いているのでURLをクリックすれば登録完了です。 
Razer Surround03


ログインしたらRazer Surroundの開始をクリックしてサラウンド環境の設定を行なっていきます。
Razer Surround04 


・ステップ1
まずは音源を選択します。現在使用しているオーディオデバイスが検出されて表示されているはずなのでそれを選んで下さい。(表示されない場合はスタートボタン>コントロールパネル>サウンド>再生から使用するデバイスが無効化されていないか確認して下さい)
Razer Surround05 


・ステップ2
使用しているヘッドセットを選択します。Razerメーカーのヘッドセットを使っている人はそれを選択し、他のヘッドセットを使っている人は"Stereo Headphones"を選択します。
Razer Surround08 


・ステップ3
サラウンド環境の設定を行うために"今すぐ較正をおこなう"を選択します。
Razer Surround09 


・ステップ4
すると7つの方向から順番にサウンドテストが始まるので矢印キーかマウスホイールを使って自分が音が聞こえる方向に調整します。個人的には右斜め前と左斜め前の部分を細かく調整するとイイ感じになると思います。
Razer Surround10 


・ステップ5
最後に"サラウンドサウンド体験"を選択してどんな感じに聞こえるかチェックしましょう。
Razer Surround11 



これで初期設定は終わりです。

■その他の設定
初期設定が終わったあとにRazer Synapse2.0を起動すると初期設定項目以外にも多くの設定をすることが出来ます。
・設定タブ
この画面では初期設定でおこなったサラウンド設定などを変更することが出来るので、初期設定が終わったら一度ゲームをプレイしてみて、細かい再調整を行うと良い感じになると思います。
Razer Surround12 


・オーディオタブ
この画面ではサラウンド設定以外のエフェクト効果などを設定出来ます。Creative製サウンドカードの設定項目と似ているので慣れている人は自分の好きな音質に変更出来ると思います。
Razer Surround13 


・EQタブ
イコライザ設定が変更できます。FPS向きイコライザについては以前ブログ記事にしているのでそちらを参考に設定してみて下さい。
参考:糞耳でも分かるFPS向きイコライザ設定
Razer Surround14 


■感想
この手のサラウンドシステムは普通サウンドカードやオーディオデバイスを購入したときに一緒にソフトウェアやドライバとしてついてくるものだけど、Razer Surroundは無料で尚且つ単体導入出来るのでサウンドカードを使っていない人でも気軽にサラウンド環境を構築することが出来ると思います。

今回試したのはCS1.6とCS:GOの2つのゲーム。
CS1.6は元々7.1chに対応していないので擬似的にサラウンド環境にするので、初期設定のままだと少し音の位置がぼやけている感じがしました。方向はだいぶ分かるんですが、距離がつかみにくいという感じ。細かい設定をすればかなり音の位置を特定出来るようになると思います。

CS:GOは5.1chに対応しているため、初期設定状態でもかなり音の位置が把握出来るようになりました。こちらも確り調整すれば更に的確に音で判断出来るようになると思います。

どちらにしてもステレオの強化は好き嫌いが分かれそうな設定。あんまりサラウンドを強くし過ぎるとぼんやりした感じになるので自分でプレイしてみて設定して下さい。

公式ページではクラウド化されているためにネットカフェでも利用できるのでオススメと書いてありましたが、このツールの導入にはPCの再起動が含まれているため、日本のネットカフェのようにPCを再起動すると初期設定に戻ってしまうPCではあんまり恩恵を受けることが出来ないかも知れません。ただし、PCの再起動が認められている公式オフライン大会や再起動しても初期設定に戻らないネットカフェ(たまーにある)などでは家で使っている設定と同じ環境でプレイ出来るのでかなり便利だと思います。

既に普段サラウンドシステムを使っている人も一度試してみてどちらがゲームをプレイするのに向いてるか確認してみるのも面白いのではないでしょうか。

ただし、ニコ生やTwitchなどで配信している人はOBSやXsplitなどのサウンドでこのツールを選択することになると思いますが、私の配信環境では残響音がリスナーさんに聞こえるということだったので、もしこれを使いながら配信する人は注意して下さい。

そもそもこのツールはRazerの慈善活動であるChild's Playのキャンペーン企画として無料で使えるようになっています。公式ページではChild's Playについての活動内容について書かれており
>2003年以来弊社は、全世界の70を超える病院で子供たちにより多くのおもちゃとゲームを提供することを目的とした、ゲーム業界の慈善基金であるChild's Playを設立および組織しています。長年にわたり、コミュニティの皆様による寄付により、数百万ドルもの資金が集まりました。
>Child’s Playは、2つの方法で機能します。病院スタッフの支援を受けて弊社は、ビデオゲーム、おもちゃ、本、その他の子供向け用品を多数掲載した、ギフト・ウィッシュ・リストを作成しました。マップ上で病院の場所をクリックすることにより、その病院のウィッシュ・リストを表示して、ギフトを贈ることができます。
>Child’s Playでは、一年中現金での寄付も受け付けています。寄付された現金は、新しいコンソールや周辺機器、ゲームの購入、および病院や治療施設の資金に当てられます。これらの寄付金により、子供たちは年齢相応の娯楽を楽しみ、同僚や友達、家族とやり取りしたりできるだけでなく、一般的に楽しくない治療を受けているときに、子供たちにとってきわめて重要な気晴らしとなります。

(公式ページから引用)

某ファーストフード店でも同じような慈善活動が行われていますがゲーム業界でもこんな素晴らしい活動が行われてるとは知りませんでした。私も小学生低学年のときはぜん息の発作がひどく、すぐに入院していましたがゲームがあれば一人でも寂しくないしネットワーク環境があれば世界中の友達と遊べるので辛い入院生活も楽しくなりますよね。

もしRazer Surroundを無料で使う人はこの活動を広めましょう!!

Razer Kraken Pro - Green アナログ接続 ステレオ ゲーミング ヘッドセット 【正規保証品】 RZ04-00870100-R3M1Razer Kraken Pro - Green アナログ接続 ステレオ ゲーミング ヘッドセット 【正規保証品】 RZ04-00870100-R3M1
(2012/11/30)
RAZER

商品詳細を見る
関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク