3000円ちょいで買える格安モニターアーム「GH-AMC03 」レビュー

いつか欲しい欲しいと思いつつ先送りにしていたもの、それがモニターアーム!!
配信を見たりブログを見たことがある人は知っているとおもいますが、私の使っているモニターは安物なので高さ調節機能がありません。

高さ調節機能がない上に机の高さも買えることが出来ないのでデフォルトの状態ではかなり猫背になってプレイしなくてはならず、かなり肩が凝ってしまいました。

それからは厚めの辞書と参考書を重ねてその上にモニターを置いて調整していましたが、辞書が邪魔でただでさえ狭い机がさらに狭くなってしまい、モニターアーム欲しいなーと探していたとこに格安モニターアームが!!

それがこれ「グリーンハウス GH-AMC03」
ディスプレイアーム|GH-AMCシリーズ

モニターアームには有名なエルゴトロン製のものがありますが、高い。9000円以上するので結構悩むとこです。ゲーミングデバイスと違ってモニターアームが直接プレイに関係するわけじゃないですしね。

この「グリーンハウス GH-AMC03」はAmazonで現在3,027円で購入できます。同じ価格帯で4軸モニターアームにはサンコーのMARMGUS192B(3,897円)とかHanwhaのDA-HC1(3,280円)とかがあります。
レビューサイトなども巡ってみましたが、モニターがお辞儀しちゃうとかずり落ちてくるとかそういうネガティブな事が書いてなかったので一番安いこれに決めました。
GH-AMC0301 

■設置手順
まずは届いたモニターアームを開封して付属品チェック
本体と細かいパーツと工具、そして説明書。
六角レンチやスパナは元々持っていましたがわざわざ準備しなくて良かったようです。(プラスドライバーは必要)
CIMG1938[1]CIMG1939[1]
CIMG1942[1]


まずは台座をデスクに固定します。
写真で見てたより大きいのでなんか安心。クランプ式にしたのは単純に机の端に設置したかったからです。
CIMG1944[1] 

次にアームの部分にプラスチック製のケーブルガイドを装着します。お世辞にも頑丈そうに見えないけど値段相応かな。
 (軸の部分が色が変わっているのはシリコンスプレーを吹きつけたため。理由は後述)
CIMG1945[1] 

次に台座にアーム部分を固定します。固定には付属の六角レンチを使います。このモニターアームは高さ調節を一々この六角レンチを使ってネジを緩めないといけないのですが、私は高さを固定して使う予定なので気になりません。
CIMG1946[1] 

アーム部分を取り付けたら使っているモニターの足の部分を外します。
私の使っているモニターはAcerのG225HQで21.5インチ、VESAマウント100x100mm対応、重さは足なしで約3.7kgです。
CIMG1947[1] 

足を外したモニターをアーム部分にネジ止めします。ここでプラスドライバーが必要なるので用意しておいて下さい。この大きさのモニターであれば1人でも簡単に取り付けることが出来るとおもいますが、女性の方などは手伝ってもらうと楽かも知れないです。
CIMG1948[1] 

ネジ止めが終わったらモニターとPCをつなぐDVIケーブルと電源ケーブルをケーブルガイドに掴ませながら接続します。今回DVIケーブルと電源ケーブル、マウスケーブルを掴ませましたが普通に使えそうです。
CIMG1949[1] 


設置完了!!
CIMG1951[1] 

うぉぉぉぉぉぉぉぉ!!感動!!
デスクの上が広い…マウスを左側に振っても辞書にぶつからない!!
なんて便利なんだモニターアーム!!
うぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!

可動範囲も結構広くて左右の角度を変えたり
Picture 225 


縦向きにしたり
Picture 226 


こんな向きにもできます
Picture 227 


モニターとアームを固定する部分の可動範囲が広いのでグリグリ動かせるんですよね。
Picture 228  


■まとめ

3000円台で購入出来る所謂くねくねアームと呼ばれる類のモニターアーム。
私の環境では普通に使えるレベルです。モニターの自重でモニターがお辞儀することもなくアームがずり落ちてくる事もないです。アームの軸部分は最初固いのでスムーズに動かしたいときは潤滑油スプレーやシリコンスプレーなどを吹きつけると結構軽快に動くようになります。ただし六角レンチで固定している部分とモニターとアームを固定している部分には吹きつけないほうが良いと思います。

高さ調節には六角レンチが必要なので頻繁に高さを変更したい人は注意。ケーブルガイドはプラスチック製でチープな作りなのであんまり動かすと外れてしまいそうだけど、ケーブルをスッキリまとめられるのはイイ感じ。脱落が気になる人は結束バンドなどで固定するといいかも。モニターとアームの固定部分も360度回転するのでモニターを縦向きで使うこともできます。一応仕様書には23インチモニター、6kgまでと書いてありましたが調べてみると24インチであるBenQの120Hzモニター「XL2420T」を装着している人もいました。この場合はもちろん自己責任ですけど。

パソコン関係で使うものを買うときは「安かろう悪かろう」「安物買いの銭失い」だと思ってたけどこれに関しては例外。さすがにエルゴトロンのハイグレードなモニターアームには敵わないけど、単純にモニターアームとして利用するだけなら文句なし。いい買い物をしました。もしこの価格帯で4軸+高さ調節を頻繁にしないモニターアームを探している人にオススメです。

グリーンハウス 液晶ディスプレイアーム 4軸 クランプ式 GH-AMC03グリーンハウス 液晶ディスプレイアーム 4軸 クランプ式 GH-AMC03
(2010/07/23)
グリーンハウス

商品詳細を見る
関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

このモニターアームは高さ調節とかは楽にできますか??

Re: No title

> このモニターアームは高さ調節とかは楽にできますか??

このモニターアームは写真で掲載しているように高さを調整する場合は付属の六角レンチで一回一回緩めないといけません。頻繁に高さを調整したい人はhttp://www.amazon.co.jp/gp/product/B0095DQSLI/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B0095DQSLI&linkCode=as2&tag=mame8814-22のようなものもありますが当然頻繁に動かすとだんだん下に下がってしまうようです。

No title

I-O DATAの24インチ液晶(LCD-AD241XB 6.9kg)を取り付けていますが問題ないですね。
そのままだとお辞儀するのでモニター裏の3箇所あるスプリング部分は少し締めました。
横→縦で回転させようとするとポールの一番上に取り付けていてもモニターの角がデスクに接触します。
一旦デスクの外まで水平移動させるか、少し持ち上げつつ回転させればぎりぎり回せます。
デスクとクランプの間に厚みのある板を挟んでかさ上げしても良さそうですが。
せめてポールがあと10cm長ければなぁ・・・

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク