スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5クリック以内でダウンロード出来るCSOのチートツール

2ちゃんねるまとめサイトの1つである「CYBER LIFE 2CH」に面白い記事があった。
PCにウイルスらしきもの入ったんだが…誰か助けろ下さい / CYBER LIFE 2CH

私は性格が悪くて、この手の情弱がねらーに嘘の情報を教えられたりしながら慌てふためく姿をニヤニヤしながら見るのが好きだったんだけど、途中で面白いレスがあった。
http://www.cyber-life.info/articles/17662.html 

CSO(WH+AA)じゃねえか

なるほどスレに貼られた問題のツールをダウンロードしたと思われるURLを踏むと飛んだ先はなんと
cso_cheat01.jpg 

案の定CSOで使うチートツールでした。GG!!
以前にも「オレ的ゲーム速報@刃」でCSOのチートを装ったウイルスが出回っているというのがニュースとして取り上げられていました。
参考:オンラインゲームの 『偽チートツール』 がやばい!パソコンを破壊したりパスワードを盗んだりとっても危険! : オレ的ゲーム速報@刃

CSOをプレイしたことがある人は知っているとおもいますが、CSOにはチーターがたくさんいます。隠れチーターとかそういうレベルじゃなくて「俺はチーターだ!!悔しかったら倒してみやがれwww」と言わんばかりにあからさまなチーターがたくさんいます。

なんでかっていうと誰でも簡単にチートを導入出来る上に運営からBANされないからです。単純な理由でしょ?
これだけチーターが蔓延しているゲームで隠しても仕方ないので書きますが、Googleで検索窓に「CSO」と入れると予測変換に「CSO チート」って表示されると思います。
bandicam 2013-07-16 01-37-29-526 

後は検索結果にしたがってダウンロードするだけ。試しにいくつかのチート配布サイトを見てみましたが検索から5クリック以内でチートツールがダウンロード出来るURLにたどり着きます。
それが本当にゲームで使用出来るチートかどうかは確認出来ませんでしたが、ある程度PCに慣れ親しんでいる人であれば簡単に導入出来るわけです。こんなに簡単に導入出来るならCSOに特別思い入れの無い人なら使ってしまっても不思議じゃないですよね。

個人的にCSOをプレイするならばチーターに関しては諦めるしかないと思います。
例えばCSOの元になったCS1.6にもチートは存在します。ただしSteamのいくつかのゲームにはVACBANというシステムがあってチートを検出されると問答無用で同類のゲームがプレイ出来なくなります。VACBANはSteamにおける絶対的な存在で、どんなに異議申立てをしても解除されることはほぼありません。例え「友達にアカウントを貸していた」とか「兄弟が勝手に使った」とか言ってもダメです。VACBANされたらそれで終わり。いくら弁明してもそれは第三者が聞いて判断することでVACBANされた事実は消えません。VACBANされた人が「俺は使っていない、友達に貸していた。だから俺は無実だ」と言ってもそれは「俺は使っていない、犬が勝手に使ったんだ」と同じレベルなんです。
Counter_Strike_Hacker_by_Frag777.jpg 

CS:GOではVACBANに加えてコミュニティ内の選出された善良なプレイヤーが、他のプレイヤーからreportされたdemoを見てチーターかそうではないか判断するといういわば自警団的なシステムがあります。
参考:『Counter-Strike: Global Offensive』アップデート(2013-05-22)、コミュニティが不正等の審査を行なうOverwatchのベータテスト開始 | Negitaku.org e-Sports

このようにチート対策を運営側でしっかりしてくれるならプレイヤーも安心してプレイ出来ますが、お世辞にもCSOのチート対策は素晴らしいとはいえません。一応不正ツール使用者を通報する窓口がありますが、通報した結果BANされたかどうかが分からないので、プレイヤーの間で「最近○○○っていうチーターみないけどもしかしてBANされたかもね」というように風のうわさ程度しか確認が取れません。またIPBANされないので別のアカウントを作ればいくらでもチートを使用することができます。確かにどのゲームにもチーターはいて、対策しても新しいチートツールが作られるというイタチごっこなのですが、運営側が対策してますよアピールすらしないCSOは問題外です。

その結果、プレイヤーは疑心暗鬼になりながらプレイするハメになって、無駄な争いが増えて面白く無いですよね。Twitterを眺めてるとしょっちゅう「○○○っていうチームから認定された」とか「△△△っていう人が臭いからdemo欲しいって言ったら逃げられた」とか、ゲーム外で盛り上がっちゃってることが少なくありません。

そんななかで先日あるフォロワーさんが「チーターが嫌なら別ゲーをすればいい」という旨のツイートをしたところ、CSOプレイヤーから「なんで俺らが別ゲーしないといけないんだ、悪いのはチーターだろ」という風に結構叩かれていました。

私はその意見に半分賛成で半分反対で、確かにチーターが嫌なら別ゲーをすれば良いというのは正しい判断だと思います。楽しい時間を過ごすためにゲームをしているのにチーターに気分を害されてまで遊ぶ必要なんてないからです。ある人は「チーターチーターと騒いでいるけど試合をしている分にはそんなに遭遇しない」と言っていましたが、過去チーターであった人の経歴を見てもバリバリ試合に出ていたどころか、配信してたり有名なチームで有名なプレイヤーと一緒に試合してたりだの普通に試合に出ているプレイヤーも使っていました。
それとは逆に、なぜ善良なプレイヤーが悪質なチーターのせいでプレイするゲームタイトルを変えないといけないのかという意見も正しい意見です。悪いのはチーター(とそれを対策しない運営)なのは火を見るよりも明らかです。

しかし、これからもCSOをプレイするならば残念ながらチーターには妥協しなければならないのが現状です。
残念ながらチーターは減りませんし、もしかしたらこれから増えるかもしれません。CS1.6やCS:GOなどのようにコミュニティから追放したり、サーバーからBAN出来れば話は別ですが、CSOにはそれが望めません。そして一度チートを使ったようなプレイヤーが改心して善良なプレイヤーになるとも思えません。(仮に改心しても元チーターの事実は消えない)

そうなってくるとプレイヤーが出来ることはお互いに信用できうる相手としか試合をしないとか、毎試合お互いにdemoを録画して交換するとかそういうレベルで対策するしかありません。しかし困ったことにCSOにはデモプレイヤーや専用ツールがないのでチート検証をするためには検証者がチートを導入しなければならないという皮肉が待っています。

CSO以外でも100人のユーザー全員が満足するようなゲームは珍しくて、どっかしら妥協しなければならないことがあると思います。CS:GOは面白いけどマッチメイキングの鯖は相変わらず糞設定だし、WoTだってマッチシステムがおかしいのでいつもバランスが偏ってたりします。もしそのゲームをプレイし続けるならば運営による改善に夢を抱きながら、多少の悪いところには目をつぶってプレイするしかありません。

今回こんなように書きましたが、別にCSOプレイヤーを批判しようという意図はありません。先ほども書きましたが、悪いのはチーターと対策しない運営です。ここ大事ですよね。

チーターはクソ食らえですわ。
関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。