スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【WoT】戦車138両を撃破した男 ミハエル・ヴィットマン

今回も「World of Tanks(WoT)」の動画を投稿しました。


使用車両はまたもや「Pz.Kpfw. VI Tiger(ティーガー)」というか動画投稿は多分ティーガーがメインだと思います。Ⅳ号やヘッツァーでも良いけどティーガーのほうが戦車って感じがするから初めてWoTの動画見る人にも雰囲気が伝わりやすいかなって。

今回は前回までのオットー・カリウス仕様のティーガーではなく、同じくドイツの戦車エース「ミハエル・ヴィットマン」仕様のスキンに変えてみました。このスキンは1944年ノルマンディー戦線でのティーガーをイメージしているスキンで、車体正面左端にはちゃんとSS第101重戦車大隊の部隊章である交差した鍵が描かれています。

今回使用したスキンとMODは以下のとおり
Шкурка для Tiger "Танк Михаэля Виттмана. Нормандия, 1944 год"
GnomeFather's engines V0.46
HRMOD Gun Sounds v1.73.rar
Team Anglerfish (v1)
adaptare's-updated-historical-scope
locastans Enhanced HD Minimaps Gen. 2
etc...

最近WoTをプレイし始めてから戦車関連の書籍を読むようになったんですが、その中でも面白かった本の1つがこれ。
ヴィットマン―LSSAHのティーガー戦車長たち〈上〉ヴィットマン―LSSAHのティーガー戦車長たち〈下〉


この本はミハエル・ヴィットマンと彼の所属していた第1SS装甲師団ライプシュタンダルテ・SS・アドルフ・ヒトラー (LSSAH)について、当時ヴィットマンと一緒に戦った戦友のインタビューや手記などを交えて戦いの歴史を振り返る事が出来ます。今までほとんど語られることのなかった若き戦車乗りたちの生い立ちや、ヴィットマンと夫人の結婚生活など事細かに書かれていてとても面白い本です。

その中でいくつか興味を持ったポイントの1つ、ヴィットマンの最後についてですが、ヴィットマンらしい決断と行動が見て取れます。少し紹介すると、彼の所属していたSS第101重戦車大隊には元々別の大隊長がいましたが、怪我により一時休養を取りに本国へ返ってしまいます。そこでヴィレル・ボカージュの戦いで大戦果を上げたヴィットマンが大隊長に抜擢されました。そんなある日、彼の元へ作戦が通達されます。そこで彼は大隊に所属する第三中隊を向かわせますが、第三中隊の中隊長は技術学校を出たばっかりの新米将校で、尚且つ彼はその直前に戦死した中隊長の代わりになったばかりでした。新米将校の初陣にはこの作戦はちょっと荷が重すぎると思ったヴィットマンは大隊長という身分でありながらわざわざ、"私がいってやらねば"と言って戦車に乗り新しい中隊長を助けるために出撃します。そして1944年8月8日にイギリス軍のシャーマンファイアフライから攻撃を受けて戦死してしまいます。

大隊長には自分用の戦車は与えられているものの、普通は前線にでなくても良い役職です。それでも戦友のためにわざわざ出撃するその決断。結果的に戦死してしまいましたが、常にその行動は部隊の規範となっていたようです。後世の書籍を読むと、ヴィットマンの活躍は厳しい戦況の中でヒーローを欲していたドイツ本国によって作られたプロパガンダだと書かれているものもあります。若くして多くの勲章を貰いながら真面目で驕らず、常に前線で泥まみれになりながら戦車の整備をし、戦果を上げるなんてうそ臭いじゃないか!!というわけです。

でもこの本には当時ヴィットマンと一緒に戦った戦友のインタビューが掲載されており、彼らは口を揃えてヴィットマンがいかに素晴らしい戦車兵であり、中隊長(大隊長)であり、人格者であったか述べています。もし彼が戦死せずに戦争を生き残り、その戦いを書き残してくれていたらどれだけ良かっただろうか…。

全然ゲームに関係ない話になっちゃいましたけど、WoTで戦車に興味を持った人は戦車乗りについて書かれた本を読んでみるのも面白いと思いますよ!!

ガールズ&パンツァー 西住みほ (1/10スケール PVC塗装済み完成品)ガールズ&パンツァー 西住みほ (1/10スケール PVC塗装済み完成品)
(2013/07/15)
Wave

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

お邪魔します

こちらでははじめまして。

ヴィットマンは今でこそWoTと関係なくなってしまったのですが、以前はメダルの一つがヴィットマンの名を冠したものでした。
現在 Bolter's Medal となっているもので、SSが関係しているという政治的理由で差し替えられたようです。
戦車好きでヴィットマンを知らぬものはいないでしょうから寂しい話ではあります。

Re: お邪魔します

> こちらでははじめまして。
>
> ヴィットマンは今でこそWoTと関係なくなってしまったのですが、以前はメダルの一つがヴィットマンの名を冠したものでした。
> 現在 Bolter's Medal となっているもので、SSが関係しているという政治的理由で差し替えられたようです。
> 戦車好きでヴィットマンを知らぬものはいないでしょうから寂しい話ではあります。


同じドイツの戦車エースであるカリウスのメダルがあってヴィットマンのメダルが無いのが不思議だったんですが、そんな理由があったんですか。確かにカリウスは国防軍所属で、ヴィットマンはSS所属なので海外では風当たりの強いSSは消されてしまうんですね…。

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。