スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CS用語

このブログやゲームで使われる用語の簡単な解説
※随時更新予定※
(一部はCSOwiki-用語集から引用)
=日本語=

・芋
戦況に関わらず安全な場所に身を潜めて役に立たないプレイヤーのこと。C4が設置されているのに解除しに行かなかったり、時間がないのにC4を設置しに行かなかったりする事が芋と呼ばれて嫌われます。
※ただし作戦上の待ち伏せや意味のあるキャンプもあるので要注意

・エコ
武器を買わずにマネーを貯めること。他のゲームとは違いCSOのオリジナルでは武器を買うのにマネーが必要になる。ゲーム中のスコア等で入手出来るマネーは変わっていくが、負けてマネーが無い場合、次のラウンドで装備を整えるため節約=エコする場合がある。 マネー管理のしかた 別記事参照

・壁抜き
CSOではゲームの仕様上、銃弾が壁などのオブジェクトを貫通する場所がある。全ての銃で全ての壁が貫通するわけでは無いが、壁抜きはプレイ上有効なテクニックとして覚える必要がある。
壁抜きについては別記事参照

・キャンプ
待ち伏せすること。待ち伏せは効果的な作戦の1つで基本的に待っている方が強い。戦況に関係なく一定の場所にキャンプすると芋と呼ばれる。

・強制退場、キック
CSOではショップでクレジットを使い強制退場投票券を買うことが出来る。ルームにチーターや悪質な嵐がいる場合戦況確認画面から投票することが出来るが否決される場合もある。投票にかける前に一言理由を書くとスムーズ。チーターと嵐に使うものであって間違ってもNoobだからとか個人的な理由で投票してはいけない。

・クリアリング
安全確認のこと。MAPを進んで行く際にただ突っ走って行くだけでは待ち伏せしている敵にやられてしまうので、敵がいそうな場所を確認しながら進む必要があります。直接見に行かなくても壁抜きやHEで敵がいるかいないかチェックすることが出来る。

・グレ、HE
グレネードの事で外見は赤い手榴弾(赤い缶)。敵に直撃すれば瀕死にすることが出来る。最初のラウンドでは貴重なダメージソースとなるが、投げている間は無防備なるので注意。

・クレジット
ゲーム内で武器などを購入するために必要になる。オリジナルのマネーやNEXONポイントとは異なる。プレイをしていれば勝手に貯まっていくが課金することで増やす事も可能。

・クロスヘア、レティクル
プレイ画面中央に表示される照準のこと。間違っても標準ではない。オプションから色や大きさなどを変更することが出来る。

・サーバー、鯖
CSOのサーバーは
ビギナーサーバー(Lv8以下入場可能。命中率が高くなる)
カジュアルサーバー(Lv制限なし。命中率が高い)
ノーマルサーバー(Lv制限なし)
チャレンジサーバー(Lv制限なし)
クラン戦サーバー(クラン戦専用)
大会サーバー(Lv制限なし)
の6つでそれぞれに補正などがある。最初はビギナーサーバーで練習し、慣れたらカジュアルかノーマルサーバーで遊ぶのがオススメ。

・ストッピング
移動している方向キーと反対のキーを一瞬押して止まった状態を作ること。CSOでは他のゲームとは違い移動中に撃った弾は照準の通りに飛ばないので、移動中に敵に合った場合ストッピングをしなければならない。(ビギナー。カジュアルサーバーは除く)別記事参照

・スナイパー、AWPer
スナイパーライフルを使う人。AWPを専門に使う人はAWPer(あうぱー)などと呼ばれる。アサルトライフルとは別の操作テクニックが必要なので慣れないうちは使わない方がいい。

・スモーク、SG
スモークグレネードの事で外見は緑色の手榴弾(緑の缶)爆発すると20秒ほど煙幕を発生し視界を遮る効果を持つが炊き方、場所、見方によっては完璧ではないので要注意。別記事参照

・ゾンビ
CSOに存在するゲームモードの一つ。タッチされると鬼が増えるタイプの鬼ごっこだと思えばいい。このブログではゾンビに関して書くことはないと思う。

・タシタシ
本来の意味は D3/AU-1 のこと。移動速度・連射速度は遅いがリコイルコントロールもほとんど必要なく胴体2発で簡単に敵を殺せるオートマチックスナイパーライフルのため、一部ユーザーからは嫌われている。しかし、ゲームに存在する上にユーザーの主観によって禁止などが決めれられているためにトラブルになりやすい。ルーム名に「タシタシ禁止」などと書かれていなければ使っても構わないと思う。

・タップ撃ち
一発ずつ間を空けて撃つ射撃方法。セミオートではないアサルトライフルとサブマシンガンはマウスを押しっぱなしでフルオートで発射するがリコイルコントロールが難しくなるので「タン、タン、タン」とクリックすることで安定した集弾性を保ったまま撃つ事が必要になる。AKを使う人にとって必須スキル。

・チート、升
外部ツールを使って不正プレイをすること。広く知られているのは壁の向こう側が透けて「ウォールハック」や自動的に相手に照準を合わせる「オートエイム」、通常より早く射撃と移動をする「加速チート」などがある。お楽しみモードとしてチートプログラムを内蔵しているオフラインゲームと違いオンラインゲームでのチートツール使用は最も憎まれる行為です。CSOでチートを使った場合アカウントをBANされプレイ出来なくなります。別記事参照。

・チームデスマッチ、TDM
多くのFPSで採用されているゲームルールの1つで、CSOではCTとTRの2つに分かれて決められたkill目標数を目指して戦う。勝敗が付くまで死んでも何度でも復活して戦えるため気軽にプレイする事が出来る。

・デスマッチ、DM
自分以外は全て敵というモード。MAPのランダムな位置にリスポンする挙げ句、無敵時間が存在する為に後ろからだけでなく正面からも一方的に撃たれてしまうので嫌うプレイヤーも多い。AIM練習に向いている。

・バースト撃ち
フルオート射撃ではなく、2~5発で連射を止めて撃つ射撃方法。2点バーストや3点バーストなどと呼ばれている。FAMASとGLOCKは標準装備されている。通常はリコイルが激しくバラける前に止めて撃つ。2点バーストであれば「タンタン、タンタン」とリズム良く撃たなければ意味が無い。

・バニーホップ、バニホ
連続ジャンプを使ってジグザグに移動する方法。速度は早くなるがジグザグに移動するので実質的な速度はそこまで変わらないが、ジグザグに動く事によって被弾率を下げることが出来る。別記事参照。

・フラッシュボム、FB
フラッシュボムの事で外見は白色の手榴弾(白の缶)爆発すると閃光を発して、視界内で直撃すれば爆発した人の視界を5秒ほど奪う事が出来る。上手い人は投げられた缶や反射音を聞いて避ける。別記事参照

・ボイスチャット、VC
CSOではデフォルトでKキーを押すとマイクを使って音声による会話をすることが出来る。当然マイクを持っていないと意味が無い。文字で行うラジオチャットより正確な情報を伝える事が出来るので出来るだけ使う事をオススメする。

・リコイル
発砲の反動で銃口が上を向いてしまうこと。これを理解していないとコントロールする事が出来ない。スペックによってリコイルが変わって来るので実際に壁に向かって撃って確認する必要がある。

・リコイルコントール
上記のリコイルをマウス操作によってコントロールすること。フルバーストをすれば銃口が跳ね上がり狙った場所に撃てないのでリコイルに合わせて制御しなければならない。必須テクニックの1つ。

・リスポーン
TDMやDMで死んだあとに復活すること。オリジナルでスタートするのはスポーンと呼ばれる。TDMでは戦力に差がある場合リスポン地点まで攻められリスポーンキルされることがある。一応無敵時間はあるがそんなに意味は無い。

・ルーム、部屋
ゲームが行われる最少単位。ルームごとにルームマスターが選ばれルールや制限を決められる権限が与えられる。がルームマスターが好き勝手やっていいというわけでなく節度を守らないといけない。

・連スナ
一発撃つごとにコッキングで弾を込めるボルトアクションではなくセミオート機構で撃つ事ができるスナイパーライフル。タシタシと同様なぜか嫌われているが、オリジナルでは使う場面が無いので特に気にしなくてよい。

・ローカルルール、俺ルール
運営から定められたゲームルールではなく、ルームや特定の仲間内で適用しているルール。ローカルルールはあくまでもローカルルールなので知らない人にとっては関係ないことである。また自分の中で勝手にルールを決めてそれを他人に強制するような人もいるが取り合わず無視するのが正解。

=英語=

・AIM
エイム。照準もしくは相手に照準を合わせる動作のこと。別記事参照。

・AR、アサルトライフル
オリジナルで主力武器として使うM4やAKなどの事。威力と連射力が高く最も使う機会が多い武器。

・BAN
嵐やチート行為によって運営からアカウントを凍結されること。

・CT
カウンターテロリストの略。TRの仕掛けるC4から設置場所を守れば勝ち。

・FF、味方攻撃
フレンドリーファイアのこと、オリジナルでこの設定がONになっていると味方にも攻撃判定がつくので注意しなければならない。味方に与えるダメージは敵に与えるダメージより少ないがそれでも痛いことは間違いないので意図的にやらないこと。もしやってしまったらチャットであやまるのが人としてマナー。

・FPS
First Parson Shootingの略。一人称視点のシューティングゲームの事。海外では古くからDOOMなどのFPSが存在したが日本ではあんまり知られているジャンルでは無かったが、ニンテンドー64の「007ゴールデンアイ」によってFPSというジャンルが日本のゲーマーにも広まったと言われている。

・fps
大文字のFPSと違い小文字でfpsと書かれた場合は、1秒あたりに何フレームのコマを表示出来るかを示す。コンソールの入力でプレイ画面に表示することが可能。fps100が最高値でコンソールや他の設定で100になるようにする必要があるがスペックや液晶によっては100にならない場合がある。fps60を切るとまともにプレイする事ができなくなり紙芝居のようにカクカクになる。

・HG、ハンドガン
セカンダリーウェポンとして最初から装備されているもの。USPやGLCOK、DEなどを指す。威力は低いが移動速度が高い。メインウェポンの弾が切れたときに使うほか、最初のラウンドでは必ず使うのでバカには出来ない。

・HS、ヘッドショット
頭に弾が当たること。基本的に一番ダメージを与える事が出来る。積極的に狙うことによって効果的に倒す事が出来る。

・MG、マシンガン
アサルトライフルより威力・連射力が高いが弾数と重量も多い。マネーが高い事からオリジナルではほとんど使う場面が無い。しかし豊富な弾数で壁抜きをすることが出来ることと狭い通路に向けて一人で弾幕を張れるメリットがある。

・Noob、初心者
ヌーブと読み、本来は初心者の意味。他にも役に立たない人や下手な人にも使う悪口のようなもの。このブログはNoobから脱出することが目的

・ping
ピングと読み、こちらからデータを送りサーバーからデータが返ってくる遅延時間を示す。数値が低いほど良いがスペックや回線状況で変動する。pingが高いとラグが発生しちゃんと弾が出ない、他人から見るとワープしているように見えるなどのトラブルがある。pingが高いプレイヤーの近くにいると自分にもラグが発生する可能性があるので注意。ルームによってはキックされる。

・SMG
サブマシンガンのこと。威力は低いが連射速度が高い。軽いという特徴を生かしてすばやく相手に近づき近距離戦に持ち込むことでアサルトライフルなどにも勝つ可能性がある。ハンドガン同様に遠距離には向かない。

・SR
スナイパーライフルのこと。威力と精度が高い代わりに連射することが出来ない。セミオートでもARやSMGより遅く、ボルトアクションにおいては1秒近くの感覚が空く。

・TK
チームキルのこと。FFがONの部屋では味方を殺してしまうことがあるが決して意図的にはやってはいけない。また意図的にやられた場合でも同じようにTKで仕返すとどちらが先にやったかは関係なく同罪なので静かに強制退場させよう。ただし意図的ではなく相手が謝罪して来た場合は素直に許してあげよう。子供のようにムキになって反応するのはカッコワルイ。

・TR
テロリストの略。CTが守っている設置場所にC4を設置して爆破するかCTを全滅させることによって勝利することが出来る。

=チャット用語=

・おk
OKの事。日本語入力ONのままOKと打つとこうなる。おk以外ではkkでも伝わる。kkkは韓国でのwwwになるので注意。

・乙、02
お疲れ様の略。ゲームが終わったあとに交わす。

・よろ、46
よろしくお願いしますの略。ゲームが開始した後や途中でゲームに参加した時の挨拶に使う。

・dm
どんまいの事。味方に対してあと少しで勝てたのに惜しいねと言う感じで使う。

・gg
グッドゲームの略。9-8などシーソーゲームで進行した場合はもちろん、通常のゲーム終了時にもつかう。

・gj
グッジョブの事。あなたのお陰で勝つ事が出来ました、あなたのお陰で武器が買えます、相手のフラグトップを倒してくれてありがとうなど様々なシーンで使える。相手にも敬意を込めて使う場合もある。

・gm
ごめんなさいの略。sryより謝っている感じは伝わる。FF/TKをしてしまったが試合中などで「ごめんなさい」と打てない時に使ったりする。しかし本当に謝るならラウンドかゲームが終わった後にちゃんと謝った方がいい。

・hi
「やぁ」「ちっすー!!」的なノリの挨拶。よろと同様に使えるがよろより断然ラフな感じ。

・ks
カスのこと。読んだまま侮辱する言葉なので使うことはないが、もし言われたら取り合わずにスルー推奨。

・lol
英語版(笑)のこと。日本ではwwwが一般的だが英語圏ではlolが一般的。どちらを使っても構わないが嘲笑に使うのはダメ。

・nf
Nice Fightの略。負けちゃったけど良く頑張ったね!って時に使う。んfでも通じる。頑張って設置/解除しに行ったけど負けてしまった仲間には惜しみなく使ってあげよう。

・np
No Problemの略。FFしてしまった味方がsryやgmと謝って来たらnpと返して許してあげよう。

・oc、おc
惜しいの略。nfと同じように使える。

・plz
pleaseの略。バイラウンドで自分がARを買えない時や何かが欲しい時に使う。FB plzでフォローFBを投げてくれ等という風にも使える。くれたときはちゃんとthxと感謝の気持ちを表そう。

・PS
プレイヤースキルの略。スペックや武器などに拘らずプレイヤー自体の上手さのこと。

・sry
「ごめん、ごめん」みたいなノリの謝罪。軽度のFFや自分のせいで負けてしまった時などはこれでも十分だが、TKなどの場合は「ごめんなさい」か「申し訳無い」と言おう。

・thx
Thanksの略。味方が自分に武器を落としてくれたとき等に使う。試合中に「ありがとう」と打つのは時間がかかるためにこれで済ましてもOK。

・w
(笑)の略。本来は嘲笑の意味で使うため、気軽に使ったつもりが相手をバカにしていると思われる場合があるので気をつけないといけない。

関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。