スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【CS:GO】鯖に入れない人はとりあえず英語化しろ※追記アリ

チームメイトが鯖に入れない現象になっていたのでいろいろ試した結果を書いてみようと思います。

■鯖に入れないトラブル

試合相手を釣る

国内のレンタル鯖に全員JOINする

チームメイト1人だけ入れない

CS:GOを再起動しても入れない

Steam再起動しても入れない

PC再起動しても入れない

整合性チェックしても入れない

CS:GOを再インストールしても入れない

WTF!?
wtf-mem-jackie-chan.jpg 


■ワークショップに入っているMAPが見つからない
鯖に入れないときに出たエラーコードを見てみると何やら.bspファイルが見つからねーよ!って言われてるらしい(Missing map maps\workshop\125488374\de_dust2_se.bspみたいな感じ)

そこで指定されたC:¥Program Files (x86)¥Steam¥steamapps¥common¥Counter-Strike Global Offensive¥csgo¥maps¥workshop¥125488374に行ってみるとファイルはちゃんとある。

以前はそのフォルダに入っているde_dust2_se.bspをmapsフォルダに入れることで鯖に入ることが出来たが今回は同じようにファイルを移動させても入ることが出来ない。

■ファイルをそっくりそのまま移動させても無理
そこで鯖に入ることが出来ているプレイヤーがmapsフォルダをまるごと送付して上書きしてもらうことにしたがそれでも鯖に入れない。確認してみたところ鯖からエラー吐かれる時に.bspファイルが消えてしまっているらしい・・・

■CS:GOの英語化で解決
もしやと思い、Steamが日本語になっているか聞いたらやっぱり日本語化されていた。そこでSteamを英語化してもらい、一度Steamを再起動してから鯖に入ってもらうとすんなり入ることが出来た。

やっぱり原因はSteamの日本語化だった

CS1.6でもSteamを日本語化しているとダウンロードされるファイルの場所が変わってしまい、MODやスキンが反映されないというトラブルがあった。なので私もこのブログや初心者向けwikiでも必ずSteamを英語化しておくように書いていました。基本的にCSシリーズをやってる人はそういったトラブルがあるのでSteamは元々英語化していましたが、CS:GOはCSシリーズをプレイしたことがない人も多くいるのでこういったトラブルが結構あるらしい。

Steam英語化の方法はコチラ
Steamを開いて上部のSteam>設定>インターフェイス>言語をEnglishにすればOK。Steamを英語にするとゲーム内表記も英語になりますが、難しい英語は出てこないので普段から英語でも問題ないと思います。
steam_Language.png 

それでもSteamを英語化するのはちょっと・・・という人はCS:GOだけ英語化しましょう。CS:GOだけ英語化するには起動設定(launch options)に -language english と入れればOK。これでSteamは日本語でCS:GOだけ英語になります。個人的にはSteamを英語化してしまうのをオススメしますが、他ゲーの字幕が英語になってしまうとかそういうのであればこっちの方法を使いましょう。

それではglhf!!

※追記
誤字修正済み

※追記
リスナーさんに教えてもらった別の方法
C:¥Program Files (x86)¥Steam¥steamapps¥common¥Counter-Strike Global Offensive¥csgoフォルダの中にある以下3つのファイルを削除してキャッシュをクリアすることで改善されるかもしれない。
subscribed_collection_ids.txt
subscribed_file_ids.txt
ugc_collection_cache.txt
関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

StreamじゃなくてSteamじゃないっすか

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。