音を聞こう

他ジャンルのゲームではそれほど重要でなくともFPSでは最も重要な要素の一つ
それが「音」です

CSOでは「音」といっても臨場感あるBGMではなくプレイ中に発生する足音や銃声などが大切なポイントです。CSOプレイした事があるユーザーであれば必ず足音や銃声を耳にしているはずです。音を聞いていないプレイヤーは絶対に上手くならないと思って下さい。

ではどうやって何の音を聞けばいいのでしょうか。

まずはデバイスから見てみましょう。
もし、CSOをスピーカーでプレイしているのならば辞める事をオススメします。確かにスピーカーで聞くと音の広がりなどで臨場感が出ますが、FPSには向きません。音の出ている位置を判断しにくいためです。そこでステレオ対応のイヤホンかヘッドホン/ヘッドセットに変えて下さい。左右の音の違いが分かると思います。しかし、世の中にはゲーム用のデバイスというものが存在します。ゲーミングデバイスと呼ばれるものはゲームように設計されており、通常のデバイスよりゲームをするのに向いています。

※ステレオ対応していればこの動画の音が立体的に聞こえます


こちらのサイトで紹介されているので予算等と相談して購入することをオススメします。
ヘッドホン/ヘッドセット

次になんの音を聞けばいいのしょうか


まず1つめに「足音」です。
CSOでは歩いていない限り足音が発生します。足音によって敵の位置、数を判断する事が出来ますが、逆にいえば相手にも判断出来る材料となります。まずは相手の位置を判断出来るようになりましょう。

プレイ中に自分が止まっていると誰かの足音が聞こえるはずです。最初の内は距離感が掴めなくても慣れるとだんだん足音の大きさで距離感がつかめてくるようになり、距離感がつかめれば位置も分かるようになります。ただしより正確な位置を判断するにはMAP理解が必要になりますがそれはまた今度の記事で説明します。

足音が分かれば走っている敵の位置が分かります。すると敵が出てきそうな位置をあらかじめ予測して戦うことが出来ます。「敵がどこにいるか分らない」のと「敵がいる位置を予測出来ている」との差はかなり大きいです。
CSOでは一瞬の判断で決着がつく事も多く、この差は一瞬の判断の差を生みます。

2つめは「銃声」です。
銃を撃てば必ず音がします。その音は自分だけではなく相手にも聞こえています。銃声からは相手の位置と使っている武器の種類が分かります。それがハンドガンなのかアサルトライフルなのかスナイパーライフルなのかによって自分がどういう風に戦わないといけないか考える必要があります。相手がスナイパーライフルなのに無闇に出て行けば待ち伏せで撃たれてしまいます。逆にハンドガンであれば多少強引に行っても勝てるかもしれません。

3つめは「ドアを開ける音」です。
インフェルノやヌークのようにMAP内にはドアが存在する場所があります。それを開閉すれば音が出ます。ドアの音でそこにいる事が分かるので開閉する際はよく考えて下さい。味方が全員死んだ状況でドアを開ければそこにいることがバレてしまいます。

4つめは「うめき声」です。
撃たれた時、HEが当たった時に「うっ」という声が出ます。うめき声とは違いますがヘルメットに弾が当たると
「ガコン!」という音がなります。壁抜きやHEチェック等でこの音がした先には敵がいるということが分かりますし逆に自分が隠れている時にうめき声を出してしまった場合、敵にいることがバレてしまうので隠れている意味がなくなるので注意して下さい。

5つめは「拾う音」です。
落ちている武器、C4を拾う時に音が出ます。拾った音で敵の位置を判断する事が出来ます。C4を拾う時に敵がいなくても拾った音を聞いてCTが飛び出てくる場面がよくあります。交戦地点付近で敵がいそうな時は敢えて拾わないでクリアリングを先にするというのも手です。

そして最後に「C4音」です。
これが聞こえないとどちらに設置されたか分からず無駄な時間を使ってしまうことになります。設置している場面が見えずどちらに設置されたか分からない場合はこの音を聞いて判断しましょう。また設置するときは「ピピピピピ…カチャ」解除するときは「カチャ」と音が出ます。設置中・解除中は無防備です。この音を聞いてから敵が撃ってくる事も多いです。味方がいれば見張ってもらい、1人であれば先にクリアリングするか一度解除音を出してから銃を構えるフェイントを使うのも作戦の1つです。

各音についてはまた詳細に書いていこうと思います。
関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク