【CS:GO】dust2 CTベースからBに渡るときに必要なスモーク

ブログのアクセス解析を見たり配信をしていたりすると、最近CS:GOを始めた人が結構いるみたいなので一般的なプレイヤーは知ってるけど昨日今日始めたプレイヤーは知らないテクニックなどを紹介したいと思います。

今回はdust2におけるCTベースからB側に渡る際に必要なスモークです。
csgo 2014-03-13 03-35-05-159

このエリアはTベースのAWPから覗かれる事が多く、通過方法をミスるとラウンド開幕直後に敵のAWPの餌食になったりします。そこで基本的な渡り方として以下の3つがあります。

■オーソドックスな通過方法

csgo 2014-03-13 03-35-44-44711111

①まずは最もB側に近い場所にリスポーンした場合
最も近い場所で、尚且つ敵がAWPを持っていないと確信が持てる場合はここを一直線に渡る方法が一番早くBに到達することが出来るので、相手のラッシュなどにも対応しやすくなります。ただし、最速リスポーンではない場合や敵にAWPがいる場合にここを普通に通過すると、よっぽど相手が下手でないかぎり当てられてしまいます。ちなみにジャンプしても一緒です。

②ダブルドア(DD)を沿うようにして渡る
DDを沿うようにして渡ることで相手からは胸から上が一瞬見えるだけで通過出来るようになります。最初から予想してDDの隙間の下の部分を狙ってない限りは大体通過することが出来ますが、相手が予想していたりすると当てられてしまいますし、通過後に広場に戻る際に壁抜きを食らいやすいのが難点です。また、Bに到達するのが一番遅いのでラッシュなどが予想される場合は要注意です。

③崖側をジャンプして渡る。
車両がある崖に沿ってジャンプして通過する方法で、タイムロスも少なく①よりも安全な渡り方です。しかし反応が早い人や最初からこの部分に狙いをつけている人などには撃たれてしまうので100%安全というわけではありません。


■最近メジャーな通過方法
csgo 2014-03-13 03-36-18-9172222csgo 2014-03-13 03-36-26-76733333


割りと最近使われているのが③の応用でαの位置にスモークを当ててβの位置にスモークを焚いてからその中を通過するという方法です。
csgo 2014-03-13 03-36-34-866

この方法は通過している場所が敵から見えにくくタイミングも捉えにくいというメリットがあります。
csgo 2014-03-13 03-36-58-781

それならこのようにスモークを焚けば良いんじゃないか?
csgo 2014-03-13 03-37-19-283

上図のようにDDに直接スモークを焚く方法もありますが、その場合は味方のAWPやBサブがセンター付近のチェックが難しくなるというデメリットがあります。

しかし先ほどのように崖側に焚けばDDはクリーンなままなので味方がセンター付近をチェックしやすいままです。

■時にはタイミングをズラして
一般的なプレイヤーはこんな事既に知っていると思いますが、最近始めた人とMMやったりしてると「なんで当てられるの?」って言ってる人もいたので簡単に説明しました。

上手いAWPerは時間やタイミングを読んで当ててくるのでスモークを焚いたからと言って油断せず、時にはタイミングをズラして通過したりすればそう簡単に撃ちぬかれないと思います。

それではglhf!!



関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんなスモークの紹介なんかより、昨日の配信で生まれた名言について生まれた背景と、今後の使い方について適切な例を挙げて紹介する方が先でしょっ!

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク