【CS:GO】CS:GOのfpsが出ない!?そんなクソPCは窓から投げ捨てろ

最近Counter-Strike: Global Offensive(CS:GO)を始める人が増えたんですけど、そのおかげで「fpsが出ないけどどうなってんの!?」みたいな質問も増えたんで、このゲームでfpsを稼ぐ方法を簡単に説明したいと思います。
hEED5F790_mini.jpg 

■まず動作環境を調べろ
公式で発表されているこのゲームの必要動作環境はこのスペック。これ以下のPCでfpsを出そうなんて100年早い。私も以前ノートPCでCounter-Strikeをプレイしていたけど、騙し騙しfpsを稼いだって結局ちゃんとしたPC以下なのでそういう人はさっさと窓から低スペックPCを投げ捨てて新しいPCを買おう。
CPUIntel Core 2 Duo E6600 もしくは AMD Phenom X3 8750
メモリ1GB(XP) 2GB(Vista/7)以上
ビデオ256MB の DirectX 9、Pixel Shader 3.0 対応ビデオカード
(ATI Radeon X1800/NV-IDIA Geforce 7600 -GT/Intel HD Graphics 2000)
HDD空き容量7.6GB以上

■設定で下げる
このゲームはlaunch options(起動設定)やConfigを弄る事でかなり自由に設定を変更できる。設定を下げればそれだけfpsを稼ぐ事が出来るのでプレイに支障が出ない範囲で下げるのがオススメ。

・launch optionsに”-threads x”を追加する。
xの部分は自分の使っているPCのスレッド数になる。従って2/4/6/8とかそんな感じ。ただし3スレッド以下のPCでは意味が無いので入れても無駄らしい。そんなPCは窓から(ry

・ビデオ設定を変更する
CS:GOの設定ファイルが置いてあるC:¥Program Files (x86)¥Steam¥steamapps¥common¥Counter-Strike Global Offensive¥csgo¥cfgフォルダを開いて”video.txt”ファイルを開く。その中に"setting.mat_queue_mode" という項目があるのでその数字を”2”に変更して上書き保存する。

これで私の環境ではfpsが30程度向上した。と言っても元々200前後出ていたのでほとんど変わらないと言えばそれまでだが100fps前後でプレイしている人にとって参考にはなるかも知れない。
悪あがきしたところで所詮低スペックPCは低スペックPCなので、もし本当にPCでゲームを楽しみたいと思うのならそれなりのスペックを持ったPCを購入することをオススメする。昔は自作PCが安いと言われていたけれど、最近ではパソコンショップにオーダーして作ってもらうBTOの方がいろいろ安くつくのでドスパラやツクモなどBTOを取り扱っているパソコンショップで見積もりをしてもらうと良いかも知れない。

あくまでも私個人の感想だが、ノートPCでCounter-Strikeをプレイしていた頃よりは今のゲーミングPCを買ってプレイした時のほうが確実に上手くなっている気がする。

それではglhf!!



関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

このsetting.mat_queue_modeというのは一体何をしているのですか?

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク