【CS:GO】dust2 Bサイト取り返しでBトンにSGを焚く

CS:GOのdust2におけるBサイト設置された後の取り返しで必要になるBトンに焚くスモークグレネードを2つ紹介します。
csgo 2014-03-18 20-53-12-822

まずは1つ目。立つ位置はKenny(広場/CTmidにあるブロック)のこの部分に貼り付きます。足場の鉄柱と左の壁の間に挟まる感じです。
csgo 2014-03-18 20-53-23-806 

そしたらBサイト側を向いてこの位置にレティクルをあわせます。目印はBドアの右縁と左に見えるモスクのてっぺんの交差点です。
csgo 2014-03-18 20-53-52-759 

その部分にレティクルを合わせて投げればこんな感じでBトンの中にSGが焚かれます。
csgo 2014-03-18 20-54-01-644 

そうすれば広場から取り返す際にBトンから覗かれる危険性がグッと下がります。
csgo 2014-03-18 20-54-08-813 


2つ目の焚き方は窓の前にある足場のこの位置に貼り付きます。
csgo 2014-03-18 20-54-26-063 

投げる場所はこの位置です。壁にペイントされてある”B”というマークの上を狙います。ポイントは壁の少し上を狙うこと。
csgo 2014-03-18 20-55-04-315 

そうすれば先程のSGと同じようにBトンに焚くことが出来ます。どちらの方法でもほとんど同じなので投げやすい方法でどうぞ。

それではglhf!!




関連記事

テーマ : Counter-Strike Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク