【Twitch】OBS ClassicとTwitch配信設定

昔はニコニコ生放送でも配信していましたが、
画質や枠取りの手間を考えたらTwitchだけでも十分ということでこの記事では私のTwitch配信設定を投稿しておきたいと思います。
bandicam 2017-05-20 21-35-00-342 

■使用ツール
・OBS Classic(Open Broadcaster Software - v0.659b)
-Classic版を使っているのはStudio版では一部ゲームが取り込めなかったりするためです。
・その他にTwitchコメントの読み上げにIRCや棒読みちゃんなども使っていますが割愛します。

■PCスペック
OS: Windows7 Home Premium 64-bit SP1
CPU: Intel Core i7 4790K @ 4.00GHz
メモリ: Corsair VENGEANCE CML16GB
ビデオカード: MSI GeForce GTX 1070 GAMING X 8G
サウンドカード: BenQ ZOWIE VITAL

■設定
※上記PCスペックと同等もしくはそれ以上の方を対象にしています。
それ以下のスペックの場合、設定を下げなければなりません。

bandicam 2017-05-20 21-33-31-162

エンコードですがGTX600番台以上はNVIDIA NVENCという機能が使えるようになっています。
これはビデオカード側でエンコードさせることでCPU負荷を抑える機能です。CPUエンコードより画質が低下したり、高ビットレートでないと効果がなかったりします(ニコ生向きではない)がTwitchでCSGO配信するなら必須です。というのもCSGOはビデオカードよりCPUのリソースを使うためCPUでエンコードさせると大きくfpsが低下します。

ビデオビットレートの数値は1500~3500くらいで調整してください。PCスペック並びに回線状態が良い場合は3500でも問題ありませんが、負荷が上がるためスペックが低かったりゲームに支障が出た場合は1500からやってみましょう。

サウンドビットレートは96でも全然問題ありません。ノープロブレムです。

 bandicam 2017-05-20 21-33-40-542

放送設定で変更する数値は遅延時間くらいです。ゴースティングが気になる人はここの数字を変更することで配信ディレイを入れることが出来ますが、コメントのレスポンスが遅くなるので注意してください。

bandicam 2017-05-20 21-33-44-739

そしてビデオ設定では配信映像を1920*1080に設定し、解像度の縮小で1.50(1280*720)にしてください。スペックが低い人は背信映像部分を下げてください。その代わり画質は荒くなります。

またFPSは29~60の間で自分のPCスペックに合わせて調整してください。CSGO配信であれば40fpsくらいが擬似的に60fpsに見えるとかなんとかで最低ラインだと思います。29fpsだと結構カクつきが出ます。

また必ずAeroは無効にしてください。ゲーマーには必要のない機能です。ファッキューAero!!

bandicam 2017-05-20 21-33-48-127

音がでないんだけど?って人は自分のサウンドコントロールパネルで設定してるサウンドデバイスと一致してるか確認してください。OK?

bandicam 2017-05-20 21-33-51-525

マイクミュートとデスクトップミュートは設定しておくと便利です。くしゃみが出そうなときや一時的にTS3の音声を入れたくないときなどに直ぐ様対応出来ます。

bandicam 2017-05-20 21-34-05-363

ここではNVENCのプリセットに注目してください。ここで画質や遅延などの設定(プリセット)を決めることが出来ます。私のPCスペックではHigh Qualityを選択していますが、スペック低い人はPerformance設定なども試してみて下さい。

配信音声に遅延がある場合はサウンド項目にチェックを入れてグローバルオーディオ同期オフセットの時間を変更してみてください。

ネットワークの自動低遅延モードは効果あるかどうかあんまりわかりませんがとりあえずチェックしておきましょう。大体Twitchはデフォルトで5~10秒ほどの遅延があります。

bandicam 2017-05-20 21-34-25-295

ノイズゲートはキーボード音や私のように扇風機の風切音がマイクに入ってしまう人は有効にしてみてください。上手く調整すればノイズの少ない配信になります。

以上が高画質720pでTwitchでCSGO配信をする設定です。
本当は2PC配信をしたいんですけど144Hzでゲーム出来なくなってしまうので解決方法を試行錯誤中です。
C9のshroudが使っているキャプチャーボードを使うと出来るとかなんとか。でも高い・・・。

■おまけ
中国のCSGOプラットフォーム「5ewin」やその他いくつかのソースを取り込むためにはOBSを管理者権限で起動しなければなりません。なのでもし5ewinがOBSで取り込めないよーってなったら管理者権限で起動しているか確認してみて下さい。

それではglhf!!


関連記事

テーマ : Counter-Strike: Global Offensive
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク