スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【CS:GO】面倒くさがりでも出来る初心者向けCS:GOの設定(2017/7/1最新版)

またまた夏のSteamセールで「Counter-Strike: Global Offensive(CS:GO)」を買った人が増えているみたいです。嬉しいことですね!そこで2年前に更新した設定記事を新しく更新したいと思います。
mossawi_226238914765_20170515131921_9641794022.png

初心者向けに最低限の設定を簡単に説明したので大体10分くらいで終わりますから、この記事を開きながら一緒に設定しましょう!(Steamを英語設定にしているため英語で書かれている部分がありますが括弧で日本語を併記してあります)

■1.launch options(起動オプション)を設定する
Steamのゲームは起動前に予め設定を指定することが出来ます。CS:GOでも以下のようにlaunch optionsを設定します。
-freq 144 -console -novid -tickrate 128 -threads 4 +exec autoexe

まずは赤文字部分をコピーします。-freq 144の144の部分はモニターのリフレッシュレートを参考に設定してください。一般的なモニターは59~75Hz、ゲーミングモニターなら120~240Hzですので確認して変更します。 -thread 4の4の部分は使用しているCPUのスレッド数に合わせてください。※i7など高性能CPUは8スレッドあるので本来-thread 8にすべきですが、4スレッドまでしかCSGOが認識しないという話あるので私は4にしています。

SteamのLIBRARY(ライブラリ)からCounter-Strike: Global Offensiveを右クリックして、Properties(プロパティ)>GENERAL(一般)>SET LAUNCH OPTION...(起動オプションを設定...)を選択します。
2ffd13f05ca1cf35530417d208f04859.png

表示されたらlaunch optionsウィンドウの入力欄に先ほどコピーしたものをペーストします。
これでlaunch optionsの設定はOKです。
7d4fd4e24433afcb0cb9be767ac65b9f.png


■2.configの設定
CS:GOはconfigを変更する事で自分好みにカスタマイズする事が出来ますが、項目がたくさんあるためどれをどのように設定するのか分かりにくいと思います。しかし最低限の設定さえすれば快適にプレイ出来るようになるため、サクッと設定を終わらせてしまいましょう!

細かい部分はゲームに慣れてから変更すれば良いので、今回は既に設定が終わっているファイルをダウンロード出来るようにしています。これをダウンロードして下さい。
Downloaddddd.png

ダウンロードしたフォルダを解凍したらconfig.cfgautoexec.cfgという2つのファイルをC:¥Program Files (x86)¥Steam¥userdata¥Steamの番号¥730¥local¥cfgの中に移動させます。これでconfigの設定は終了です。ファイルを入れるだけなので簡単ですよね。 (既にクロスヘアやセンシ設定が終わっている場合やconfig.cfgを編集して設定が終わっている場合はauteexec.cfgだけ移動させて下さい)

■3.ゲーム内設定
起動オプションとconfigの設定が終わったら、最後にゲーム内の設定でフィニッシュです。ここまでくれば後少しです頑張ってください。

まずはCS:GOを起動します。

次に右上のOPTION(オプション)>VIDEO SETTINGS(ビデオ設定)を選択します。ビデオ設定画面ではゲーム画面のアスペクト比や解像度などを変更することが出来ます。
bideo.png

Aspect Ratio(アスペクト比)は16:9のワイドスクリーンか4:3の標準が主流です。16:9の方が左右の見える範囲が広がりますが、海外で活躍しているプロゲーマーの中には4:3でプレイしている選手もいるので、あなたが見やすい方を選択して下さい。

Resolution(解像度)は自分のスペック許容範囲に設定しましょう。解像度を高くすると遠くまでハッキリ見えるようになりますが、PCに掛かる負荷も高くなります。最低でもモニターのリフレッシュレートを下回らないように設定しましょう。 個人的にオススメなのはアスペクト比4:3の解像度1024*768です。

次にADVANCED VIDEO OPTION(高度なビデオ設定)を変更します(下の赤枠)。ここではグラフィックのクオリティなどを設定します。この画像は私の設定画面ですが、Global Shadow Quality以外は最低設定のLowにしてあります。設定を上げると要求スペックも上がりfps低下も発生するため、もし使用しているPCのスペックが高ければ設定を弄ってみても良いかも知れません。
※各設定項目の違いが気になる人はオプション設定 - Counter-Strike: Global Offensive Wiki*からご確認下さい。
635a8dd84272cd0638b1845f33dee68a.png

※ゲーム内でfps値を確認するには、コンソールにcl_showfps 1と入力すると画面の左上にfps値が表示されます。使用しているモニターのリフレッシュレートより低下しているとダメです。
bandicam 2013-12-12 19-33-57-746

■よくある質問
Q.1 config設定によって弾の飛び方が変わるって本当?
A.1 過去のCounter-Strikeシリーズはconfigの設定によって弾の飛び方が変わっていましたが、CS:GOではさほど関係ないと言われています。それでも気になる人はプロゲーマーが公開しているconfigなどを参考にしてみると良いと思います。
参考サイト:CS:GO Configs by professional players!

Q.2 fpsはどれくらい出てればいいの?
A.2 使用しているモニターのリフレッシュレート以上出ていれば大丈夫です。144Hzモニターなら144fpsです。

Q.3 グラフィックの設定を上げるメリットって何?
A.3 アンチエイリアスなどを入れると手すり越しや隙間などの敵を視認しやすくなります。ただし要求されるスペックがあがるので調整して下さい。
参考サイト:CS:GO Player Setups - Google Sheets
CS GO Pro Player Setups 2017

それではglhf!!

BenQ ゲーミングモニター ディスプレイ ZOWIE  XL2540 24.5インチ/フルHD/240Hz/1ms
ベンキュージャパン (2017-02-17)
売り上げランキング: 1,165


関連記事

テーマ : Counter-Strike: Global Offensive
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

▼Counter-Strike関係のブログ

最近更新されたCounter-Strike関係のブログ

▼最新記事
▼Twitter
▼スポンサードリンク
▼リンク
▼スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。